日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「坂口杏里 小峠英二」に関する記事

転身後のツイートは何かと話題に

やはり仲良し? 坂口杏里&重盛さと美の2ショットあった

元交際相手のバイきんぐ・小峠英二(40)を巻き込むなど、大きな話題を振りまいた“ANRI”こと坂口杏里(25)のAVデビュー。その後、小峠が坂口にエールを送るなど、騒動は沈静化したかに見えたが、ここにきて坂口周辺で新たな騒ぎが起きている。タレントの重盛さと美(28)とのイザコザだ。 坂口のAV女優転身が話題になり始めた9月、重盛はテレビ番組で「同じ事務所で唯一連絡を…

坂口杏里(左)と小峠英二

坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

女優の故・坂口良子(享年57)の長女でタレントの坂口杏里(25)がAVに出演、しかもすでに撮り終えているというニュースには驚かされた。元カレである小峠は「会ったのは去年の12月が最後。ただただ驚いています」とコメント。ショックのほどは想像に難くないが、芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「そもそも交際の中身が疑問でした。“付き合っていた”というより“振り回されて…

何があったのか?

名前出しもNG…坂口杏里とバイきんぐ小峠に「破局説」浮上

結婚秒読みとまでいわれていた「バイきんぐ」の小峠英二(38)とタレントの坂口杏里(23)に破局説が浮上している。 「バラエティー番組などで互いの名前を出すことも基本NGだというんです。当初は、結婚に向けいろいろな調整をし、ナーバスな時期なのかと思ったら、別れてしまったというのです」(編成関係者) 意外だが最初に別れ話を切り出したのは、小峠の方だったという。 「坂口の…

元カノの転身にエール

今週グサッときた名言珍言

「デビューしたからには、そりゃやっぱ、トップ取っていただきたいなと思いますよ。一度愛した女として、全力で応援しますよ!」by 小峠英二

かつて交際していた坂口杏里が、AVレーベル「MUTEKI」からデビューしたバイきんぐの小峠英二(40)。その元カノに「メッセージを」と、むちゃぶりされて言い放った“男前な一言”が今週の言葉だ。 坂口のデビュー作のタイトルは「What a day!!」。小峠は「キングオブコント」で優勝した自身のコントを振り返りながら、「ここで出た『なんて日だ!』っていうのが、数年後、…

本気なんだか売名なんだか/(C)日刊ゲンダイ

坂口杏里が小峠に“求婚”宣言 スキンヘッドはなぜモテる?

タレントの坂口杏里(23)が7日に放送されたバラエティー番組で、手つなぎデートを写真週刊誌にキャッチされた「バイきんぐ」の小峠英二(38)に対して「好き、大好き! (プロポーズ)しようと思ってます! 私から」と逆プロポーズ宣言をした。小峠からは明確な告白もなければ、求婚もないという。 スキンヘッドが特徴の小峠。坂口が本気なのか売名行為なのかは別にして、「スキンヘッド…

小峠(左)と西村/(C)日刊ゲンダイ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

お笑いコンビ「バイきんぐ」 かけ合いで語った酒飲みの“格差”

先日、坂口杏里とフライデーされた小峠英二(38)と、若手時代に立ち飲みしていた西村瑞樹(37)では、飲み方に格差があるという。 西村 最初にお酒を飲んだのは、高校の時とかに親が外出してる家に友達6人くらい集まって酒盛りやった時。若気の至りですみません。 小峠 僕も学生時代に友達とですけど、周りは「ビールうまい」と言ってるのに、僕は「苦いし、まずい」と思いながら付き合…

引っ張りだこのバイきんぐ小峠(左)

出演依頼で引っ張りだこ バイきんぐ小峠が重宝されるワケ

昨年報じられた坂口杏里との熱愛&破局ネタで小峠のブームは一度終わったかに思われたが、実にしぶとい。 「小峠の持ちネタである『なんて日だ!』という言葉は、一見マイナスイメージのあるワードに聞こえますが、『なんて○○だ』に置き換えると、驚きと称賛を表す言葉にもなる。ダンディ坂野の『ゲッツ!』と同じで、使いやすい言葉でもあるので、今後、もっとCMの仕事が増えるはず。彼の独…

隠れモテ芸人/(C)日刊ゲンダイ

バレンタイン最高20個 「バイきんぐ」小峠モテモテのなぜ?

交際中の坂口杏里(23)について「昨日会いました。1カ月ぶりくらいに」とデートを報告。週末に迫ったバレンタインデーについても「手作りなら手作りでありがたいけど、毒が入ってなければいいですよ」とテレながらも上から目線で話した。 坂口からも交際前に熱烈なラブコールを受けていたように、「隠れモテ芸人」といわれる小峠。本人もその自覚があるようで、「それなりにモテて告白されて…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事