日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小室哲哉 ファミリー」に関する記事

None

小室サウンドの光と影

音楽プロデューサー、小室哲哉(58)のサウンドへの再評価の機運が高まっているという。シンセサイザーなどの電子音からなるダンスミュージック「EDM」の世界的な流行を受けたもの。90年代半ばから00年ごろにかけ、小室ファミリーが当時のヒットチャート上位を独占、このジャンルでミリオンヒットを連発したのは、当時を知る世代には記憶に新しいに違いない。 「高音を張り上げる歌声と…

小室哲哉

プレイバック芸能スキャンダル史

小室哲哉 5億円著作権詐欺容疑で逮捕

「天才プロデューサー」の名をほしいままにした小室哲哉だが、08年、思わぬ形で世間の注目を集めることになった。 06年ごろから小室が「自作曲の全著作権を売却する」という噂が業界内でささやかれ始めた。02年にAsamiとスピード離婚し、KEIKOと再婚しているが、離婚慰謝料の総額は10億円とも。しかし、この頃から小室人気は衰えを見せ始めていた。ヒット曲を連発するような目…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

安室奈美恵 人気絶頂20歳での電撃デキ婚

■1997年10月 小室哲哉のプロデュースでミリオンヒットを連発。ファッションを真似た「アムラー」の登場で社会現象を巻き起こした安室奈美恵。97年10月、同じ小室ファミリーでTRFのダンサーSAM(当時35)と電撃入籍して世間を驚かせた。 知り合ったのは95年春ごろだったという。その後、安室が小室ファミリーに加わったことで共演の機会も増えていったが、当時SAMは交際…

きゃりーぱみゅぱみゅ(左)とジバニャンも出演

視聴対象を特化 「テレ東音楽祭(2)」に見た歌番組の可能性

荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」、岸谷香「ダイアモンド」、渡辺美里「My Revolution」、小室哲哉が楽曲を提供した鈴木亜美、華原朋美、TRFなどがメーンどころだったことからもわかる。要するにネオ懐メロ路線か。 もっとも、10代向けにSEKAI NO OWARIやきゃりーぱみゅぱみゅも用意されており、10代の娘と40代の母親が一緒に楽しめる音楽祭という裏コン…

今もショートカットの八木さおりさん

あの人は今こうしている

元人気グラドル八木さおり 昨年は旅番組でアクセス数50倍に

あと、夜10時には眠くなっちゃって、夜遅いレコーディングでは寝ながらとってました」 小室哲哉がファンだったとのウワサもあった。 「小室さんとつきあってたら、小室ファミリーに入れてもらって、もっと売れて、何番目かのお嫁さんになってたんじゃないでしょうか、ハハハ」 5月8~17日、丸福ボンバーズの「NICE EIJI!~父まるだし~」の舞台に立つ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事