日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中森明菜 事務所」に関する記事

None

“露出増”の近藤真彦と“復活”の中森明菜に共演の可能性は?

ほかのグループを見に来たファンからは、『知らない歌ばっかり』『おじさん見に来たんじゃない』『返金してほしい』とブーイングが巻き起こりましたが、ジャニーズ事務所は今年はマッチを猛プッシュしています」(女性誌編集者) マッチといえば、かつて、交際していた歌手の中森明菜の自殺未遂騒動を乗り越え、一時期はカーレースに没頭。芸能活動がほぼ休止状態だったが、事務所内での評価はピ…

14年末の紅白が“表舞台”の最後

中森明菜 戸籍抜き心閉ざした“歌わぬ歌姫”の寂しい35周年

中森明菜(50)は「中森」ではなくなったのか――。明菜が家族に無断で戸籍から自分の籍だけを抜いていた、と発売中の「女性自身」が報じている。 父の明男さんによれば、ある日実家を訪れた明菜の所属事務所関係者から「明菜が中森家の戸籍を抜けたいと言っている」と言われ、後日、実際に何者かによって戸籍が抜かれていたという。さらに、事務所関係者が実家にある明菜の荷物をすべて持ち去…

NHK紅白歌合戦の軍配はどちらに?

2015年紅白歌合戦をより楽しむための「10の基礎知識」

⑦昨年復帰の中森明菜が今年は落選 今年は、元恋人のマッチと、あの自殺未遂騒動の引き金となった聖子が出場する。「NHKはオファーを尻込みしただろうし、出したものの、明菜が受けなかった可能性もある」(関係者)。トリがマッチで大トリが聖子なら、なおさら無理だ。 ⑧3日間もリハーサル 29日、30日、当日の31日の3日間、出場者のスケジュールを調整してNHKホールで行われ…

涙ながらに自殺騒動を謝罪

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

メリー氏が剛腕発揮 マッチと明菜の金屏風会見

こうした布石が、後の強力なメディアコントロールにつながっていきました」(スポーツ紙芸能デスク) マスコミ対策はメリー喜多川氏の担当だが、その“剛腕”ぶりが注目を集めたのが、1989年に近藤真彦と交際していた中森明菜が起こした自殺未遂と「金屏風事件」と呼ばれる一件だ。 当時、中森は近藤との結婚を熱望していたものの、ジャニーズ事務所の反対などもあって結婚には至らず、また…

死亡説が流れる中でコンサート開催

プレイバック芸能スキャンダル史

「メモリーグラス」堀江淳 原付き事故で飛び交った死亡説

病院のベッドでは同じ事務所所属の中森明菜の曲を書くなどの活動を行っていた。 当時、堀江はコンサート中心の活動でテレビ出演は少なかった。事故の影響は歌手活動にはそれほど大きくなく、83年暮れには第一線から身を引いて、作詞・作曲などの地道な活動がメーンとなっていた。 しかし、世間は人気者の去就にこだわった。露出が減ったことと事故報道を無理やり結びつけるようになり、死亡説…

それでもなお根強い人気を誇る歌姫

プレイバック芸能スキャンダル史

大晦日22時に近藤真彦と復帰会見 中森明菜の“自殺未遂”騒動

自殺未遂といえば、89年7月に人気絶頂だった中森明菜(当時23)――。 89年大晦日、12月31日の午後10時、新高輪プリンスホテルで緊急記者会見が行われた。明菜の復帰会見だ。テレビ朝日は大晦日の特番を急きょ変更して生中継した。 それまでのロングヘアをショートにし、シックなグレーのスーツ姿でイメージチェンジした明菜がそこにいた。彼女は200人を超える報道陣を前にして…

中森明菜はどこへ行くのか

本格始動のはずが…いまだ“開店休業”中森明菜の現在地

中森明菜(51)がテレビからの出演オファーを50本以上蹴り、南の島でバカンス中との週刊誌報道に「なんで?」「引退なのか?」といった疑問の声が上がっている。昨年末に7年ぶりのディナーショーを成功させ、今年は本格再始動のはずじゃなかったのか、というわけだ。明菜を長く取材するベテラン芸能記者の青山佳裕氏(63)はこう言う。 「レコード会社もコンサートを企画しているし、新曲…

杉田愛子さんは「スター誕生!」出身

あの人は今こうしている

“スタ誕”出身の杉田愛子さんは故郷福岡で芸能事務所社長

森昌子、桜田淳子、山口百恵、城みちる、伊藤咲子、片平なぎさ、小泉今日子、中森明菜……、み~んな日本テレビの伝説のオーディション番組「スター誕生!」出身である。きょう登場の杉田愛子さん(52)も同様。81年、「花吹雪」でデビューした。今どうしているのか。 「2年前の14年4月に弁護士さんや各種コンサルティング業務の専門家、ヨガの講師、専門学校副校長など約15人の文化人…

ファンはステージで歌う明菜を待ち望んでいる

新曲決まったが…中森明菜「完全復活」への険しい道のり

中森明菜(50)が24日に新曲を出すとかで、スポーツ各紙が「完全復活」などと騒いでいる。新曲はポルノグラフィティのギタリスト・新藤晴一が書き下ろしたもので、タイトルは「ひらり―SAKURA―」。明菜が桜をテーマにした歌を歌うのは初めてなんだそうな。それはともかく、これをもって本当に「完全復活」と言えるのか。「とんでもありません」と全面否定するのは芸能評論家の肥留間正…

None

有村架純を悩ます 姉の実名デビューと超セクシーヌード

中高年世代には、中森明菜さんの妹の明穂さんがイメージビデオでセミヌードになって騒がれたのを思い出す方がいるのでは。今回もそうですが、たとえ親族であれ、売れっ子への便乗ともとられかねない商法は芸能界でもご法度。所属事務所は違っても売り出す前に報告や了解を取るという不文律がある。それらを無視してやっているとすれば、当然のように揉める火種となる。明菜さんと明穂さんは騒動後…

None

スキャンダル聖子の現在地

中森明菜のファンが明菜が心配で、自分たちが支え守ってあげたいと思っているのと対照的。今回のことでも、結果的に聖子はファンを喜ばせているでしょうね」(青山氏) もはや、魔性の女という形容詞も届かない。スキャンダル聖子の面目躍如である。…

田畑智子(左)と中森明菜には相違点も…

田畑智子「自殺未遂騒動」 酷似した“明菜事件”との決定的違い

田畑智子(34)の一件にはみんなが驚いたが、それと同時に、26年前に起きた中森明菜(50)の自殺未遂事件(89年7月11日)を思い起こしたのではないか。“ケガ”をしたのが交際男性宅。男性が不在中に事件を引き起こしたが、自宅に戻ったオトコに発見され、119番通報したあたりは、明菜事件とソックリだ。 「報道によれば、田畑は付き合っていた岡田義徳(38)と破局、交際を繰り…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

復縁迫る前夫にメッタ刺しに…元アイドル江美早苗の“不運”

1972年の一時引退後、作詞家に転身し、中里綴、神田エミのペンネームで少年隊や中森明菜、南沙織らに楽曲提供を行うなど多方面で才能を発揮していたが、88年、東京・上大崎の自宅マンションで刺殺された。まだ36歳の若さだった。 同年3月5日午後6時20分頃、江美宅から「死ぬ~」という叫び声が上がった。マンション住人の110番で駆けつけた警察官は血の海の中で倒れている江美を…

デビュー35周年の遠藤響子さん

あの人は今こうしている

“花の82年組”遠藤響子さん 歌手人生「ひとつの悔い」とは

堀ちえみ、小泉今日子、中森明菜、早見優、松本伊代……。81年11月から82年10月にかけてデビューしたアイドルが“花の82年組”。そのひとりが歌手の遠藤響子さん(当時は京子)だ。TVドラマ「輝きたいの」の主題歌がヒット、「3年B組貫八先生」のマドンナ音楽教師役などでも活躍した。今どうしているのか。 ■ラジオ番組やライブで多忙 「今年がデビュー35年目にあたり、記念の…

市川由紀乃さんには25歳で歌手挫折の経験が

今あるのはあの人のおかげ

市川由紀乃に歌手“再出発”を決意させた大作曲家の笑顔

中森明菜さんの「少女A」のレコードを買って、歌手に憧れた小学生の頃の気持ち、「奥飛騨慕情」を歌うと喜んでくれた祖母の笑顔、歌で母に一軒家をプレゼントしたいと思っていた情熱が蘇り、世の中の苦労を少しだけわかった今ならもう一度頑張れる、頑張りたいって。 ■「悲しい歌を歌うときこそ、笑いなさい」 市川先生には厳しくご指導いただきながら、中途半端に放り出してしまい、申し訳な…

しじみ

役者・芸人「貧乏物語」

時給は90円…元ものまね女四天王“しじみ” 語る沖縄での1年

レパートリーは小泉今日子、中森明菜など多数。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

三田寛子 歌舞伎界のホープ橋之助と結婚

■1991年11月 小泉今日子や中森明菜らとともに、“花の82年組”と呼ばれて活躍した三田寛子。結婚は25歳の時で、相手は歌舞伎界の名門、成駒屋次男の中村橋之助(当時26)。 三田によると、橋之助との初対面は88年公開の映画「寅次郎~サラダ記念日」の撮影中。共演の尾美としのりの陣中見舞いに訪れ、橋之助と出会ったという。それが縁で以前から三田の熱烈なファンだったという…

美貌をキープ/(C)日刊ゲンダイ

神田うのがお膳立て? 伊東美咲が探る“復帰タイミング”

1位に輝いたのは中森明菜(48)。中森とわずか5票差で2位だったのが、09年にパチンコメーカー「京楽産業」社長の榎本善紀氏と結婚して以来、第一線から退いている伊東美咲(36)だった。 その伊東、芸能界を「引退」したわけではなく、11年7月には所属事務所主催の東日本大震災チャリティーイベントに登場。現在は3歳の娘の育児と家事に専念していて、周囲には「娘のプレスクール(…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事