日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福島県の関連ニュース

出版HOT NEWS

福島県伊達市の「心の除染」優先の理不尽

実際の放射性物質を取り除くより、被曝を心配する“根拠のない”感情こそ除染すべきだ――このような主張を続けた市長が、こともあろうに福島県にいる。南東部を飯舘村と隣接する、伊達市の仁志田昇司市長だ。 黒川祥子著「『心の除染』という虚構」(集英社インターナショナル 1800円+税)は、原発事故直後から被害が降り注いだ伊達市で起きてきた、あまりにも理不尽な行政の対応を克明に…

外国特派員協会で会見した津田教授

福島の甲状腺がん発生率50倍…岡山大・津田教授が警告会見

福島県が福島原発事故当時に18歳以下だった県民を対象に実施している健康調査の結果を分析したところ、甲状腺がんの発生率がナント! 国内平均の「50~20倍」に達していた――という内容だ。 8日、都内の外国特派員協会で会見した津田教授は「福島県では小児や青少年の甲状腺がんの過剰発生がすでに検出されている。多発は避けがたい」と強調した。 福島県で原発事故と子どもの甲状腺が…

この会場に現れた

村上春樹氏“密着取材”2日間…垣間見えたフクシマへの思い

作家の村上春樹氏(66)が被災地・福島県郡山市の文学イベントに現れた。会場では録音や写真の撮影が一切禁じられたとはいえ、“マスコミ嫌い”の世界的作家が公の場で話すのは極めてマレ。11月28、29の両日、現地で密着取材した本紙が知り得た、復興の途上にある「フクシマ」への特別な思いとは――。 「ボク、カキフライが好きなんです」 うっすらと無精ひげを生やし、赤いチェック…

「急性心筋梗塞の死亡率が高い県・低い県」

大都市圏なんでも健康ランキング

震災の影響は? 急性心筋梗塞の死亡率ワースト1は福島県

ワースト1は福島県(74.7)。全国平均の2.5倍も死亡率が高いのです。ネットなどには「原発事故のせいだ」という書き込みが多数見られます。事故で漏れ出た放射性セシウムが心筋に蓄積して発作を起こすなどと解説されています。ただ、原発事故の前年の2010年も、福島県はワースト1でした(死亡率67.9)。 実は急性心筋梗塞による死亡率は、全国的には過去10年以上にわたって…

「急性心筋梗塞の死亡率が高い県・低い県」

大都市圏なんでも健康ランキング

震災の影響は? 急性心筋梗塞の死亡率ワースト1は福島県

ワースト1は福島県(74.7)。全国平均の2.5倍も死亡率が高いのです。ネットなどには「原発事故のせいだ」という書き込みが多数見られます。事故で漏れ出た放射性セシウムが心筋に蓄積して発作を起こすなどと解説されています。ただ、原発事故の前年の2010年も、福島県はワースト1でした(死亡率67.9)。 実は急性心筋梗塞による死亡率は、全国的には過去10年以上にわたって…

福島県の桐炭パスタ

真似したい伝承療法

福島県の桐炭パスタ

生産量日本一を誇る福島県の会津桐。高級タンスや衣装箱の材料として重宝されている。 ただ、切り株や枝などは商品として利用しにくい。こうした残材を捨てるのはもったいないということで、それを炭化し、桐炭として食品や化粧品の材料に利用している。 その中でも、会津の新しい名物となりそうなのが「桐炭パスタ」だ。黒のパスタはインパクト大だが、味は素晴らしい。福島県出身の会社員、加…

南相馬の秋

役に立つオモシロ医学論文

福島の甲状腺がん増は原発事故の影響か

福島県の甲状腺がん発症率は日本の年間平均発症率よりも20~50倍高い」という衝撃的な論文が国際環境疫学会誌の2015年10月5日付に掲載されています。 ご存じのように、4年前の東日本大震災による影響で、福島第1原子力発電所で放射性物質の放出を伴う事故が発生。福島県では、その後、18歳以下の住民を対象に甲状腺がんのスクリーニング(検診)が実施されています。 論文はそ…

岩瀬湯本温泉の「源泉亭湯口屋」、風呂は源泉かけ流し

新・お出かけ紀行

3つの秘湯スポットをめぐる旅 福島県・天栄村で温泉三昧

おすすめは福島県の天栄村だ。猪苗代湖の南の山あいの村で、自噴する天然温泉が3カ所もあり、いずれも秘湯と呼ぶにふさわしいたたずまい。雪深い2月、その3つの秘湯を巡った。 ■平安時代に開湯した茅葺き屋根の宿 まず訪ねたのは、新白河駅から車で1時間ほどの「岩瀬湯本温泉」。 開湯は平安時代と古く、弘法大師の授け湯とされる。また、嵯峨天皇(在位809~823年)の病を治す薬湯…

生まれ変わった市場(相馬双葉漁業協同組合の渡部祐次郎さん)

新・お出かけ紀行

復活した福島県南相馬市の卸売市場、水産加工場を訪ねる

原発事故の被害を受けた福島県南相馬市を訪れた。青く広がる海は穏やかで、潮風が心地いい。津波によって壊滅した古い市場跡地は、今年9月18日「相馬原釜地方卸売市場」として生まれ変わった。2月には相馬市磯部水産加工施設が新設。みんなで“安心・安全”を見学できる場になっている。 JR福島駅から車で1時間半、「相馬原釜地方卸売市場」(相馬市尾浜字追川196)に着いた。水揚げ、…

弱者がどう扱われるかで文化の程度がわかる

メディアが報じない原発禍の街の真実

5年間で福島県の震災関連死は2000人超

5年間で福島県の震災関連死は2000人を超え、地震・津波での直接死の1604人を上回った。関連死のほとんどが原発禍の街から避難した人たちで、そのうち南相馬市はもっとも多く480余人に及んでいる。 ■今も至る所に汚染土壌が入った黒いフレコンバッグの山 3年前、政調会長だった高市早苗総務相が「原発事故では死亡者が出ている状況ではない」と発言したときは誰もが呆れ返った。…

デカデカ掲載された「政府広報」/(C)日刊ゲンダイ

いくら使った? 被災地元紙を沈黙させた「政府広報」の威力

内閣総理大臣 安倍晋三> 安倍首相が被災地視察のために福島県入りしたまさにその日(8日)、地元紙の「福島民報」「福島民友」の朝刊に“福島県の皆さまへ”と題する政府広報がデカデカと掲載された。 内閣府によると、この政府広報は「内容こそ若干違うが、被災3県(岩手、宮城、福島)のすべての地元紙に出稿した」という。予算については「担当者不在」との理由で聞けなかったが、相当な…

None

意外! ナゼ? 豪華披露宴NO.1は福島県

結婚式に一番お金をかけるのは福島県民――。こんな調査結果が明らかになった。 リクルートの結婚情報誌「ゼクシィ」が実施した調査で、昨年4月から今年3月までに結婚した男女7009人から回答を得た。その結果、挙式・披露宴の費用の総額は全国平均で340万4000円。最多は福島県の374万4000円だった。2位は茨城・栃木・群馬ブロック。3位は九州だ。 福島は前回の3位から一…

新設された線路の常磐線

新・お出かけ紀行

再開 常磐線で知る震災の爪痕

東日本大震災で被災したJR常磐線は昨年末、浜吉田(宮城県亘理町)から相馬(福島県相馬市)間の開通に伴い、仙台駅と小高駅(福島県南相馬市)の直通運転が再開された。震災から6年、南相馬市、相馬市を訪れた。 ■相馬市 東北新幹線で東京から約1時間半のJR仙台駅から常磐線で南相馬に向かう。先に進むにつれ、復興工事中の光景が目に入る。あの日、県境の浜吉田から相馬にかけて津波が…

サイバーダイン創設者&CEOの山海嘉之氏

企業深層研究

CYBER DYNE 大学発ベンチャーの成功例になるための壁

8月23日、福島県郡山市にHALシリーズを生産する工場を建設。「次世代型多目的ロボット化生産拠点」と命名した。高さ17メートルの3階建てで延べ床面積は3500平方メートル。土地・設備を含めた総事業費11億円のうち3分の2を福島県が助成した。 HALはこれまで医療・福祉分野で使われてきたが、建設現場に導入された。建設現場で重いものを持ったときに腰にかかる負担を軽くし…

自主投票の蓮舫民進党も新潟入り

巻頭特集

原発天王山選挙 新潟県知事選最終情勢はまさかの展開

収賄罪に問われ、5期18年トップを務めた福島県政を追われた佐藤栄佐久元知事だ。 佐藤氏は東電の原発事故隠しを訴え、原発反対に転じたところ、06年、福島県発注のダム工事をめぐる汚職事件で逮捕された。 結局、12年に最高裁で有罪が確定したが、「収賄額ゼロ円」という、まるで裁判所が“冤罪”を認めたかのような前代未聞の判決だった。 折しも来月、佐藤氏の自著「知事抹殺」をベー…

「表彰」対象から外れまた話題に

あの人は今こうしている

“合併しない宣言”で有名に 前矢祭町長・根本良一さんは今

さらに自らの給料をバッサリ削減する行政改革で勇名を馳せた首長が福島県にいた。矢祭町の前町長・根本良一さん(78)だ。退職したのは07年。あれから9年、今どうしているのか。 ■退職後もさまざまな相談が持ち込まれる 東京からクルマでおよそ3時間半。矢祭町は阿武隈山地に囲まれた福島県の南端、袋田の滝で知られる茨城・大子町と背中合わせに位置する。 根本前町長が出迎えてくれた…

巨人開幕戦の始球式にも登板していた

“合コン王”の異名も 闇カジノ出入りバド桃田のド派手生活

今まで育ててきてくださった方々や福島県の皆様や、後援会まで作ってくださった香川県の皆様を裏切ることになってしまい、深く反省しております。本当にすみませんでした」などと謝罪したものの、桃田は現在、世界ランク4位。リオ五輪では代表入りどころかメダルも期待されていたが、これですべてパーだ。 香川県出身の桃田は小学6年時に全国小学生選手権シングルスで優勝。バドミントン選手育…

国民が反対しようが「再稼働」

金子勝の「天下の逆襲」

建設40年の老朽原発を再稼働させていいのか

さらに驚くのは、福島県の健康調査結果である。福島県の健康調査検討委員会は、甲状腺がんに罹患している子どもが全国平均に比べ「数十倍多い」のに、チェルノブイリより線量が低いので、「放射線の影響は考えにくい」としている。理屈になっていない。賠償額を少なくし、原発を再稼働するまで、原発事故の影響を小さく見せたいのだろう。 丸川珠代環境相が、「年間1ミリシーベルト以下」とい…

花見山は福島市民の憩いの場(4月10日撮影)

おでかけ出張コンシェルジュ

福島 さくら見るなら今

県北に位置する福島市でこの時季足を運ぶべきは、写真家・秋山庄太郎が「福島県に桃源郷あり」と称賛した「花見山公園」。昭和34年に花木農家の阿部伊勢次郎が自家農園を一般に無料開放したのが始まりだ。以来56年間、特に4月は30万人以上の客で賑わう県下随一の花見スポット。ソメイヨシノはすでに散ってしまったが、薄桃色のヤエザクラや淡黄色のウコンザクラ、鮮やかな桃色のキクモモや…

渾身ルポ 原発禍の街を行く

代行バスの放射線量は基準値の38倍

福島県の太平洋に面した通称・相双地区を代表する人口7万余人(11年3月)の南相馬市。福島第1原発から北へ約37キロ以内に位置し「3.11」の際は桜井勝延市長が自ら被災した惨状をYou Tubeなどで世界に発信。米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」(11年版)に選出されたことでも知られる。 その地が故郷の私は何度も福島に出向いて取材を重ねている。だが、4年を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事