日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「明石家さんま 離婚」に関する記事

4度の離婚を「仕事にも役立った」と城下さん

私が書いた離婚届

離婚を4度 芸能リポーター城下尊之さんの“結婚観”とは

テレビでこの話をさせてもらったら、明石家さんまさんは「花は2回まで。3度目はキャッシュや」って言ってましたね。その朝、妻が「大事な話がある」と言ってきたとき、徹夜で疲れ果てた僕は話を聞かずに寝てしまった。それで、愛想を尽かされました。 それから1年後、テレビで音効スタッフをしていた相手と再婚。前回の反省から「どんどん外に行って、やりたいことをすれば」と言ったところ、…

天然キャラの裏に苦い経験

プレイバック芸能スキャンダル史

専業主婦も経験 浅田美代子、吉田拓郎との結婚から離婚まで

その後、浅田は明石家さんまとのウワサが何度か流れたが、現在も独身のまま。さんまに見いだされた「天然キャラ」を生かして活躍している。また、吉田は森下との再々婚後は離婚騒ぎなど大きなスキャンダルはなく、肺がんを克服して活動を続けている。 ◇1977年7月 10日、参議院議員選挙で八代英太、高橋圭三らが初当選。13日、ニューヨークで落雷が原因の大停電。復旧までに3日。1…

None

「別に」から改心 沢尻エリカ 10年後の幸せ私生活

「踊る!さんま御殿!!」にゲスト出演した際は、SNSでの中傷について、明石家さんまから「慣れてるやろ?」と向けられ、「全然何とも思わないです。『死ねばいいのに』とか書かれても『お前が死ねよ』みたいな」と、以前と変わらぬ傲慢な性格を垣間見せたが、それ以外は笑顔を絶やさず、ドラマ収録での共演者のほほ笑ましいエピソードを披露。 新作ドラマで母親役の沢尻は「自分の子供には…

一発で笑いをとった離婚会見での明石家さんま

ビジネスに使えるスターたちの処世術

取材嫌いの明石家さんまが応じてくれた「思い出の5分間」

間違いなくトップスターと言える明石家さんま(61)だが、およそ記者会見や囲み取材に応じる姿を見たことがない。 みなさんの記憶にあるところで言えば、大竹しのぶと離婚した時の記者会見だろう。額のすみに×印を書いて登場し、一発で笑いをとっていた。 彼が取材嫌いなのは確かだろう。しかし、マスコミを邪険にしているという指摘は当てはまらない。 僕はずいぶん前、あるゴシップ記事が…

None

引きこもる矢口真里と裏腹に…半同棲カレシは店長に“出世”

明石家さんま(58)は爆笑しながら鈴を鳴らした。 これはあくまで番組演出上のジョークだが、2013年、離婚した芸能人は少なくなかったものの、「浮気」「不倫」というキーワードで検索すると、矢口真里(30)の名前だらけだった。浮気相手・梅田賢三(25)との不倫現場を夫の中村昌也(27)に踏み込まれるという衝撃的な展開で離婚に至っただけに、マスコミや世間の関心が集中。若者…

6股騒動の渦中にある狩野英孝

芸能界クロスロード

スキャンダルも利用…狩野英孝はお笑いタレントの典型例

明石家さんまもしかり。弟子として鍛えられた下地があって今がある。 時代は移り、芸人の宝庫「吉本」は養成学校で芸を学ぶ。女性問題でお騒がせの狩野英孝に芸という下地はない。狩野は俳優志望だったが、まったく芽が出ずタレントに転向。売るための手段としてホスト風のキャラクターをつくり、そこに「ツケメン・イケメン」というキャッチを加えて人気を得た。典型的なお笑いタレントに属する…

「ミヤネ屋」出演からそろそろ1年

謹慎明けから1年…矢口真里がいまや「完全復活目前」のワケ

9月は「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ)、「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」(朝日放送)のほか、雑誌「小悪魔ageha」にインタビューが掲載。「モーニング娘。OG」として「氣志團万博2015」に出演と、オフィシャルブログで報告している。 <私もお仕事をしっかりしなきゃ、この世界で生きていけないのでこれからも頑張り続けます。またひとつひとつ積み重ねてい…

None

この人物のオモテとウラ

さんまをソデにして永井大を選んだ中越典子の「理想の家庭」

実は永井と交際直後に、お笑いタレント・明石家さんま(58)の再婚相手として報じられた。「古風な女性が好みのさんまに好かれた」(関係者)が、本人は報道をきっぱり否定。永井が中越との熱愛を宣言したため、さんまとの噂も消えた。当時、永井は中越を「すごく真面目。何かに取り組む姿勢を見ていて、喜びを感じています」とゾッコン。結婚についても前向きな姿勢を見せた。 永井が「真面…

None

「2世」同士の交際もあっさり認め IMALUのサバサバは父譲り

スキャンダルにも腹をくくって対応する性格は、父親である明石家さんま(58)譲りだろうか。 21日に出席した映画「小さいおうち」の試写会では、映画のキーワード「秘密」に話題が及ぶと「秘密があっても世間にすぐバレてしまうので、大きなことは前もって言っておかないといけない。過去の恋愛も言わなくても、マスコミさんのおかげで秘密がバレる」とサラリ。 さんまが2カ月連続でAV女…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事