日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

悲愴感・メンバーの関連ニュース

大谷の乱調も頭痛のタネ

全敗で悲愴感 「たかがOP戦」で済まない日ハムのお家事情

勝てないというのは自分たちがしっかりできていないということ」と悲愴感タップリに嘆いている。 栗山監督は基本的に捨て試合を作らない。公式戦も144試合すべて勝とうとする。先発が大量点を失えば、それが二回や三回だろうと、ベンチでじっとしていないそうだ。連日のボヤキは負けが許せない性格的なものかと思ったら、日本ハムにはオープン戦を「たかが……」と済ませられない事情があると…

全身がん治療はいったん終了/(C)日刊ゲンダイ

「全身がん」も悲愴感なし 樹木希林の達観に秘めた“女優魂”

None

ロッテ伊東監督 わずか37試合で自力V消滅

伊東監督(顔写真)は報道陣に「みんな暗くなるなよ、毎日毎日、悲愴感漂わせてさ」と明るく振る舞ってみせたが、ここまで9勝27敗1分け。借金は18にまで膨らめば、担当記者の気持ちも沈むというものだ。 もっかの勝率は.250でチーム打率は.190。37試合でわずか95得点。さらに、防御率4.68、185失点は両リーグ通じてワースト。ひどい数字だ。 この日の試合前、伊東監督…

「アロハアミーゴ」の『丸鶏とクレソンの鍋』

肉食女子マイコとミユキが行く

〆のリゾットも忘れずに 酉年は鶏丸ごと鍋でお肌プルプル

「この近くにタラレバ娘のロケ地あるよ」「20代の女優に悲愴感ないねん」「けど20代男子いいよね~」うんうん、30代も半ばになると若い男子がよくなってくんねんて。 みんなで深くうなずいてたら、お待ちかねの鍋が来た来たー。「丸鶏とクレソンの鍋」(フルサイズ、2680円)や。表面をパリパリに焼いた丸ごとの鶏肉をだしで煮込んだ鍋。もちろん、このままかぶりつくんは、いくらなん…

自己ワースト9位に終わった

涙の自己最低9位…浅田真央に気がかりな「限界」の2文字

もう一度その気持ちを奮い立たせてやりたい」と話す姿は悲愴感さえ漂う。「限界」の2文字は色濃くなる一方だ。 フランス杯の惨敗で、GPファイナル(12月フランス)出場を逃し、世界選手権(来年3月フィンランド)の切符は12月の全日本選手権(大阪)にかけることになった。世界選手権の選考は全日本の1~3位、もしくはGPファイナル上位2人から2枠を選び、残り1枠は前出で漏れた選…

独自のポジションを築いた飯島愛(右)のようになれるか?

テレビ復帰の可能性は? 坂口杏里に“第2の飯島愛”の道

しかも、悲愴感は感じられず、あっけらかんとしていて明るい。脱いでもイメージはおバカキャラの時のままで“堕ちた”という印象は受けません」 今回の騒動もフジテレビ「バイキング」が取り上げるなど、坂口の知名度は上がる一方。来月にはヘアヌード写真集も発売される予定で、週刊誌などへの露出もさらに増えていきそうだ。 「過去にはAV女優からタレントに転向した飯島愛や、AVに出なが…

高島礼子

TV見るべきものは!!

高島&高畑出演ドラマ そもそも設定と内容に無理があった

視聴率の低迷による打ち切りといわれるが、高畑淳子の息子が婦女暴行の容疑で逮捕されたことで、二重に悲愴感が漂う。 主演女優の夫の逮捕で始まり、メーンキャストの息子の逮捕で終わるという前代未聞のドラマとなった。 「特捜最前線」といえば、1977年から10年も続いた人気刑事ドラマだ。ボスは二谷英明。部下の西田敏行や藤岡弘(当時)たちが犯人を追って東京の街を駆け回っていた。…

必死の応援演説(左)と気勢を上げる野党陣営

7.10参院選「激戦区ルポ」

【福島】自民“現役大臣”落選危機で野党にネガキャン攻撃

6月28日、二本松市民交流センターは悲愴感に包まれていた。法務大臣・岩城光英の個人演説会。135席が用意されたが、空席が目立ち、8割程度しか埋まっていない。とても現職大臣の演説会とは思えない。 この日の応援弁士は、外務大臣の岸田文雄と、地元選出の森まさこと根本匠。彼らも状況が分かっているのだろう。 岸田が「大変激しい、苦しい、厳しい選挙を戦っておられる」と言えば、…

政府は助ける気なし(右は安田純平さんとみられる男性)

「助けて」 安田純平さんの叫びを無視する安倍政権の非情

「助けてください」「これが最後のチャンスです」と悲愴感漂う表情で訴える安田さんは今後、どうなるのか。 報道によると、交渉仲介者は安田さんに身代金11億円がかけられていて、猶予は1カ月しかないという。ヌスラ戦線は安田さんをIS(イスラム国)に引き渡す可能性も示唆しているというから絶体絶命の大ピンチだ。 「何のアクションも起こさない日本政府にしびれを切らしたヌスラ戦線の…

円満離婚で幕を下ろした

離婚成立で恋愛解禁 三船美佳&神田正輝に“電撃再婚”の目

“花”より“実”を優先した形です」(芸能リポーター) 悲愴感すら漂う初老のロッカーとは好対照なのが三船だ。 4月9日からは関西ローカルのサンテレビ「午後キュン」で初のメーン司会も新たに決まるなど、早くも女やもめに花が咲いている。今後は大阪を拠点に母で女優の喜多川美佳(67)と娘の3人で暮らすことになるそうだが、気になるのは正月に一部スポーツ紙で交際が報じられた神田正…

SEALDs新たな抗議(央・奥田氏)

「今日は安倍政権倒す始まりの日」 SEALDsが放つ“次の一手”

全然悲愴感なんてないです。憤りしかない。賛成議員を落選させよう。次の試合に勝つしかないでしょ。選挙に行こうよ!」 シールズのメンバーは改めて、参院選の自公の候補者の選挙区で集会を行うことを確認していた。闘いはまだまだこれからだ。…

6月中は「買い場」とも

株価2万円割れで仕込みチャンス 「6月株主優待」で大儲けも

安倍バブル相場の終焉だとすれば、悲愴感に満ちて不思議はないが、意外なことにサバサバムードなのだ。 「この間には12連騰があったりと、上昇傾向が続いていました。押し目らしい押し目もなく、個人投資家は株を買うタイミングを見つけられなかった。ところが節目である大台を割ったことで、個人投資家は心理的に買いやすくなったのです。証券会社も今こそ絶好の買いどきとアピールするでしょ…

UAE戦で右太もも裏を痛めた長友 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

アジア杯で低レベルの相手にてこずった長友佑都の「限界」

「なぜ長友が悲愴感タップリに《危機感を持っている》と話したか。日本代表の行く末以上に“下り坂”に差し掛かった自分の将来に恐怖を覚えているからです」と話すのは某マスコミ関係者だ。 「ブラジルW杯で惨敗した後、本気で現役引退を口走った長友だが、何とか気を取り直し、完全復活の景気づけのためにもアジア杯連覇! と勇躍オーストラリアに乗り込んだ。ところが、思っていた以上に相…

本人登場はいつになるのか/(C)日刊ゲンダイ

痛々しかった「SONGS」 中森明菜に居場所はあるのか?

そもそも、頬がやつれて悲愴感漂いまくりの顔とあの低い声で、過去の自殺未遂騒動の話をされてもスタジオが凍りつくだけだろう(それも見てみたい気もするけど)。 いっそテレビで歌うのはあきらめて、田原俊彦がスペシャルMCに起用されている「爆報!THEフライデー」にトシちゃん明菜のコンビで出たらウケそうだけど。 でも、そんな明菜は見たくないし、ファンとしては高音を復活させてほ…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

「会社を辞めた人が生き生きして見える」の心理を科学する

ハハハ」と言うものの、悲愴感はない。むしろ楽しそうだ。 定年退職者も転職組も、会社を去った人に久しぶりに会うと、一緒に仕事をしていたころより“元気に見える”人が多い。いったい、なぜか――。 ■ストレスから解放 まず、定年組の場合。定年後に何もすることがなくなって軽いうつになる60代が心配された時代があった。だが、最近はその傾向は減った。60代が元気なのだ。サラリーマ…

キラーコンテンツは過去のもの/(C)日刊ゲンダイ

株価に支持率が連動せず…安倍首相の切り札は早期解散だけ

ところが、株価に一喜一憂してきた安倍政権には悲愴感さえ漂う。株価が上がっても支持率は回復しそうにないからだ。 株価が支持率を支える安倍内閣は「株価連動政権」と呼ばれてきた。黒田日銀に異次元緩和のバズーカをぶっ放させ、成長戦略を発表。昨年の平均株価は56・7%も上昇し、株価の上昇に連動して安倍政権も6割前後の高い支持率をキープしてきた。 ところが、この「連動性」が崩れ…

打撃不振より結婚が気になる/(C)日刊ゲンダイ

「結婚は…」 ファンが気を揉む巨人・坂本の“意味深発言”

ボールの見え方はいいので、どこかもう少しだと思う」と悲愴感はなかった。 ナインも、「放っておいてもそれなりの結果は出しますよ」と首脳陣とは対照的な反応である。 ■「結婚は?」の問いに そんなことよりナインが気になっているのはやはり、田中理恵との関係。記事には「オフには結婚も」と書かれた。本人に聞くと、こんな答えが返ってきた。 「結婚? オレは結婚はしませんよ」 「オ…

W杯に間に合うかは微妙/(C)日刊ゲンダイ

古傷再発…シャルケ内田はまたもW杯に嫌われるのか?

日本でリハビリを行い、15日にドイツに戻った内田は『再発した時点でW杯は絶望』と悲愴感タップリに漏らしています」(サッカージャーナリスト) ■南アフリカ大会は出場なし それにしても、内田ほど“W杯に嫌われた”選手もいないだろう。19歳で代表デビュー。10年南アW杯の3次予選、最終予選の14試合中11試合に先発しながらサブに降格し、本大会4試合で出番なし。そして4年後…

None

調整局面の今がチャンス! NISAで狙う高配当26銘柄

日経平均は大発会から2日続けて続落したが、証券各社に悲愴感はない。 「昨年末に9連騰した反動で、若干、調整しているだけでしょう。個人投資家は絶好の押し目と判断し、買いを入れています。今年スタートしたNISA(少額投資非課税制度)が好材料です」(市場関係者) NISAの投資額は年100万円までと決まっているが、売却益や配当金にかかる税金は最大5年間無税になる。申し込み…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事