日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

甲府市の関連ニュース

15日 東京の様子/(C)日刊ゲンダイ

大雪で7000人孤立…見通し甘すぎた気象庁に怨嗟の声

山梨県甲府市では114センチと、それまで最多だった49センチの2倍以上を記録した。 特に批判されているのは、特段の警戒と命を守る行動を呼びかける「大雪特別警報」を発令しなかったことだ。もし「特別警報」を発令していれば、自治体も動き、被害はこれほど広がらなかったのではないか。結局、死者を20人以上も出してしまった。 ■「大雪特別警報」発令せず 14日の甲府市は、「予想…

写真はイメージ

迷惑電話8400回…46歳“ストーカー女”の執念と不倫の真相

迷惑電話をかけたストーカー規制法違反容疑で7日、山梨県警に逮捕された甲府市のパート従業員の女、竹川美和容疑者(46)。昨年9月~今年11月にかけ県内に住む40代女性宅に約2000回にわたって迷惑電話をかけたり、女性宅周辺に7、8回ゴミを捨てた疑いだ。 竹川容疑者は女性の夫に好意を寄せていたというから、女性にすれば文字通り「いい迷惑」だろうが、この女性に対する竹川容疑…

はごろもフーズの「シーチキン」

ゴキブリ問題で炎上 はごろもフーズ若社長の前途に暗雲

ゴキブリが混入していたのは、14年12月に製造されたシーチキンLフレークで、スーパーで購入した山梨県甲府市の50代女性が今月13日に届け出た。社内調査の結果、製造過程で混入したことが分かり、18日に同社の担当者が女性に謝罪したというが、それ以降の対応がまずかったようだ。 「はごろもフーズがマスコミの取材に対し、公表や自主回収などの対応をとらない考えを示したことで、…

17年目でホールインワンを

ゴルフに熱狂中「一球入魂」

篠塚和典さんゴルフのために購入した豪州の別荘が…

購入代金は返してもらいましたが、家の出来上がった写真は見たのですが、一度も住むことがないまま手放しました(笑い)」 92年1月、甲府市営球場でチームメートの緒方耕一、井上真二と1週間の自主トレを行った。夜明け前に起きて朝食を済ませ、球場でウオームアップ。午前中はキャッチボール、ティーバッティング。昼食後、ノックを受け、後はそれぞれ個人練習をして午後3時ごろには練習終…

写真はイメージ

街中の疑問

山の旅館なのに…なぜ夕食に「海の幸」が出るのか?

しかも総務省の家計調査(2016年3月)によると、都市別のマグロ消費量はトップの静岡市は別として、3位にさいたま市、4位に甲府市、8位に宇都宮市が入っている。内陸部の高齢者ほど刺し身好きなのだ。 「イノシシ肉やシカ肉などのジビエや山菜の方が都会の客や外国人客には喜ばれるし、仕入れ価格も冷凍海産物より安い。旅館としても海の幸なんか出したくないのです。しかし地元の高齢者…

2月15日の東京郊外/(C)日刊ゲンダイ

予報士が警鐘 3月、4月も大雪降らす「南岸低気圧」猛威のクセ

山梨県甲府市では観測史上を大幅に更新する114センチに達した。 このところ寒さがやわらいでいるので、「もう雪は来ない」とタカをくくっている人もいるだろうが、考えが甘い。3月、4月にまた大雪が関東甲信地方を襲う恐れが強まっているのだ。 そもそも今回の大雪は南シナ海や東シナ海で発生する「南岸低気圧」が原因だった。気象予報士の佐藤大介氏が言う。 「日本の南岸を北東に進むた…

政府の対応は遅すぎる/(C)日刊ゲンダイ

大雪被害の死者16人に…政府調査団、ようやく現地を視察

政府調査団は17日午後、観測史上最多の積雪を記録した山梨県甲府市などをヘリで上空から視察するが、住民らは「もっと早く来い」と怒り心頭に違いない。 防災担当大臣も呆れるが、それ以上にノンキなのが安倍首相だ。16日は午前中を都内の私邸で過ごし、夜は赤坂のてんぷら料理店「楽亭」で高級料理に舌鼓を打っていたのだ。こんな男に国民の生命、財産が守れるはずもない。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

11年間の闘病の末に亡くなった京塚昌子

しかし、やはり症状が悪化し、86年4月には「体調が不本意なため、納得のできる仕事ができない」と休業宣言し、山梨県甲府市の病院に入院した。その後は静岡、長野と各地の病院を転々として療養生活を送り、事実上、芸能界引退状態となった。 2回目の入院当初は再度の復帰を目指し、リハビリに励んでいたが、徐々に体力が衰え、晩年は意識にも影響が出て、来客に反応をしないこともあったとい…

None

ロケ取材で吉高由里子を涙させた NHK朝ドラの“重圧”

21日、山梨県甲府市郊外で、ヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「花子とアン」(来年3月31日スタート)のロケ収録に参加した。朝ドラの撮影はまだ2日目で、山梨ロケはこの日が初めてという吉高は、5年ぶりに甲府に帰郷した花子(吉高)が、家族の期待を背負って再び東京に戻るシーンの撮影に挑んだ。 現場での会見中、質疑応答の場面で媒体名を言い忘れた報道陣に「媒体名をお伺いして…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事