日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

明治座の関連ニュース

抜群の宣伝効果

「集客3割増」予想も 小渕スキャンダルで明治座ウハウハ?

小渕前大臣の支援者が観劇を楽しんだ明治座に、こんな羨望の声が上がっている。 小渕氏の不祥事が発覚して以来、ニュースやワイドショー、新聞は「支援者を明治座に招待した」と報じてきた。現在上演中の「天童よしみ特別公演」のチラシを何度も見た人も少なくないだろう。 大臣辞任という結果になったが、明治座が悪事に加担したわけではないし、これだけメディアに取り上げられればかなりの宣…

大劇場の舞台を引退/(C)日刊ゲンダイ

「欽ちゃんと撮影で21万円」 日テレT部長が始めた新商売

萩本欽一(72)が大劇場の舞台を引退することで話題になった明治座3月公演「ほめんな ほれんな とめんな」。 3月30日に無事、千秋楽を終えたが、本人いわく「小さな劇場での公演や演出は続ける」とのことなので、完全引退ではないが、そうはいっても最後の欽ちゃんを一目見ようと、連日、多くのファンが駆けつけた。 その休憩時間、意外な光景を目にした。明治座には観劇の記念にとお土…

「初の女性宰相」も消えた?/(C)日刊ゲンダイ

小渕経産相に裏金疑惑浮上 消えた「政治資金2640万円」

小渕大臣の地元・群馬県中之条町にある政治団体「小渕優子後援会」の女性部は毎年、東京の「明治座」を借り切って1000人規模の観劇会を開催するのが恒例行事。3年前は小林幸子、一昨年は梅沢富美男と中村玉緒、去年は石川さゆり、今年は天童よしみを迎えて芝居を観賞した。 この観劇会の参加料は「チケット、昼食代、バス代全て含めて1人1万2000円」と参加者の証言が紹介されている…

福田こうへい

紅白返り咲き 演歌歌手・福田こうへいの知られざる集客力

発表2日前の22日、「こればっかりは連絡をいただけるまでソワソワしてます」と明治座の座長公演会見で語ったのは福田こうへい。今年7月に解決したという事務所移籍問題に関しては「今日の天気のように晴れ晴れ。(解決後は)笑顔が多くなったね、と言われます。(新曲について)実感はありますね」と語るほど、実は紅白出場への手ごたえを見せていた。 それもそのはず、実は福田の集客力は…

デビュー30周年を迎える坂本冬美(右)とおりも政夫

坂本冬美はホッ…体調不良おりも政夫に“早期復帰”情報

節目の年を記念して10月1日から東京・明治座で「坂本冬美特別公演」(26日まで)を予定している。その記念公演の主力メンバーである元フォーリーブスのおりも政夫(63)が25日、稽古中に体調不良を訴え、救急搬送されてしまったからだ。おりもは急性虫垂炎と診断され、その日のうちに開腹手術を受けたが、最悪の場合、有力パートナーを1カ月間失う可能性もあったからだ。 しかし、ど…

生前の山田五十鈴さんとのツーショット写真(左)

今あるのはあの人のおかげ

松井誠を支えた大女優・山田五十鈴との濃密な“親子関係”

母上にどうしても見てもらいたかったのは、05年の明治座の舞台「男の花道」。体調が悪くてかないませんでしたけど。 亡くなる前年の11年には紀伊国屋ホールで、花柳章太郎さんと母上の恋物語「花顔」を私が1人3役で演じました。舞台には母上からお借りした鏡台を置いて、まさに母上がそこにいるという設定で、“共演”することができました。 亡くなった12年。私は自分の事務所の問題…

None

春風亭小朝 大いに語る

入門わずか10年 36人もの先輩を追い抜いて真打昇進

今月は27日に明治座で桂文枝との二人会がある。 近年はジャズバイオリンの寺井尚子や雅楽の東儀秀樹らミュージシャンとの会が目立つ。 「音楽家と話すと勉強になりますし、刺激を受けるんです。中にはいい意味の音楽バカと言える人たちがいる。落語界にも落語バカがいないといけないなと思います」 (聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳…

急性虫垂炎で開腹手術を受けた

フォーリーブスおりも政夫 急性虫垂炎で稽古中に緊急搬送

フォーリーブスのおりも政夫(63)が25日午前、明治座の舞台「坂本冬美 特別公演」第2部の芝居の部の稽古中に腹痛を訴えて救急搬送されていたと26日の日刊スポーツが報じている。 診断の結果は急性虫垂炎で開腹手術を受けたという。舞台は10月1日が初日だが代役を立てるかは未定。 12月2日には江戸川区総合文化センターで「フォーリーブス50周年記念コンサート」も開催予定だけ…

初舞台で芸妓役に挑戦

ドラマ話題も数字は…剛力彩芽は“初舞台”で成長できるか

しかも、今作のような医療ドラマはシリアスに見たい視聴者が多く、若手の女優がやると厚みが足りないと不満に感じる人も少なくないのです」(芸能リポーターの川内天子氏) 映画、ドラマ、歌、ダンス……ほぼすべてをやり尽くした感のある剛力は11月に明治座で舞台「祇園の姉妹」に初挑戦。檀れいとのダブル主演で芸妓役を演じる。 「舞台に初挑戦するというのは彼女にとって大きなプラスでし…

「銭形平次」制作発表の際の舟木

賞金5万円でも…舟木一夫「あらえびす文化賞」の格別感

昭和42年からは7年間、明治座で座長公演を行い、平成4年からはほぼ毎年、新橋演舞場で娯楽時代劇を演じている。その中にはもちろん、野村胡堂原作の『銭形平次』も取り入れていたのです」(芸能関係者) 舟木はかつて日刊ゲンダイ本紙の連載で「僕の何よりの趣味は時代劇と歌。つまりは『舟木一夫』です」と語ったことがある。もうひとつの自分が認められたのだから、喜びもひとしおのはずで…

不眠症という便利な病気で国会欠席

巻頭特集

甘利疑惑 このタイミングの強制捜査をどう見るべきか

経産相だった小渕優子の政治資金をめぐり、明治座で支援者を観劇させた際の収支が不記載だったことなどさまざまな問題が発覚したが、政治資金規正法違反に問われたのは“金庫番”の元秘書ら2人だけだった。 小渕本人は14年10月に大臣を辞任したものの、2カ月後の衆院選に恥ずかしげもなく出馬。当選を果たし、その後、不起訴となったことで、みそぎが済んだことにしてしまった。約束した…

自身のCDジャケットが飾られたパネルの前で

坂本冬美 30周年記念曲は“ゴースト”新垣隆氏が書き下ろし

坂本はこの後、9月15日に東京・NHKホールで30周年リサイタル、10月1日から同26日まで東京・明治座で単独座長公演=第1部・芝居「新版 女の花道」、第2部・ショー「オンステージ 艶歌の花道」=を開催する。…

別分野でもブレーク中の太川陽介

蛭子さんに続けるか “路線バス”太川陽介にもう一つの武器

「旅番組にシフトした03年あたりから帝国劇場、新宿コマなどの出演を増やしていて、07年からは明治座にも毎年顔を出すようになっています。この3月にも藤山直美主演の『かあちゃん』に出演予定です」(劇場関係者) 舞台上での評判はどうなのか。 「羽織袴で二本差しの若侍を演じることが多いですが、姿勢はいいし、殺陣もなかなか決まってますよ。普通、歌手が舞台に出ると、本物の役者…

北上次郎のこれが面白極上本だ!

「有馬記念全軌跡」芹沢邦雄編集

この馬の馬主・新田新作は明治座のオーナーで、プロレスや大相撲の後援者としても知られた人物であったが、有馬記念(当時の名称は中山グランプリ)の半年前に急逝。その葬儀に、メイヂヒカリが参列していたというのだ。何時間もおとなしくじっと立っていたという。今年の第60回有馬記念は12月27日に行われる。(トレンドシェア 2685円+税)…

「なお美さんの分も」と意気込む渡辺めぐみさん

故・川島なお美さんの代役に 女優・渡辺めぐみの意外な商才

■夫はひと回り年下のイケメンモデル 女優として開眼したのは「恋・高らか太鼓」(96年・明治座)。稽古初日、演出家から「舞台をナメてるのか!」と怒鳴りまくられてから、発奮した。台本が真っ黒になるまで必死に勉強。今は若い世代の俳優が怒られると、母親のように見守っている。 06年、42歳でひと回り年下のイケメンモデル・星野芳徳さんと電撃結婚、世間をアッといわせた。タレン…

はしのえみさんが萩本欽一氏に出会ったのは17歳の時

今あるのはあの人のおかげ

芸能の価値観伝授 はしのえみを育てた“父親”萩本欽一の至言

その教えそのままの公演が昨年3月、明治座で行われた「THE LAST ほめんな ほれんな とめんな」。欽ちゃんの最後の軽演劇舞台です。 台本はあってないようなもの。ストーリーは決まっていますが、役者さんたちはどういった役になるかはわかっていなかった。そして稽古をしていくうち、だんだん役柄が決まっていって、しかも本番直前どころか、初日が始まってから楽日までもセリフを変…

「浅丘さんのおかげ」と岩崎ひろみ

今あるのはあの人のおかげ

女優・岩崎ひろみ 大先輩の朝丘雪路に教わった「挨拶の所作」

明治座で行われた五木ひろしさんの公演でした。朝丘さんは母親役で、それをきっかけにすごく可愛がって下さるようになったんです。 特に女優として教えていただいたのは、所作やしぐさ、立ち居振る舞いですね。例えば、楽屋へまずご挨拶に行くと、アメやお菓子を渡してくれたのですが、「はい、お手々出して」と言われて何げなく手を出すと、「女の子は指を揃えるだけで可愛くきれいに見えるのよ…

この指輪も自腹(2011年の結婚会見)

借金に隠し子…南野陽子がダメ亭主に三行半を突きつける日

所属事務所もそろそろ何らかの手を打つのでは」(芸能リポーター) 南野は26日まで東京・明治座で舞台「喜劇 台所太平記」に出演中。“惚れたら地獄”で耐える女は映画や演歌の世界だけでいいはず。ナンノはロクデナシの亭主に三行半を突きつけるのか。…

「ものまね四天王」復活は23年ぶり

復活まで23年 コロッケが語った「ものまね四天王」分裂の真相

すると、番組スタッフの方から、凄い怒鳴られまくって……」 当時は100人中100人から「おまえはバカか」と言われたそうだが、降板後に映画や舞台を見まくり、それが今の「五木ロボット」や明治座の舞台につながっているというから何が幸いするか分からない。 「コロッケばかりではありません。清水は三男の良太郎を立派なものまね芸人に育てたほか自らも爆笑トークショーを各地で開催し、…

ドブ板で大勝した小渕氏/(C)日刊ゲンダイ

ミソギ終わらず…小渕優子氏を待ち受ける政治とカネの追及

「小渕さんは明治座の観劇ツアーをめぐる約790万円の収支の差額について、まだ何も説明していません。当選直後からまた国会とマスコミに追及されることになるでしょう」(政治評論家の伊藤達美氏) 東京地検特捜部による金庫番の聴取、支援者の調べは続いていて、捜査再開が近いとささやかれる。政治資金問題で経産相を辞任してから、雲隠れしていた小渕氏。まずは説明責任を果たすべきだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事