日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊勢市の関連ニュース

抗議活動が行われる公園近くで警備する警察官

伊勢志摩サミットに住民大迷惑…郵便遅配、ゴミ収集延期

26日午前、サミットで議長を務める安倍首相は、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮の入り口にある宇治橋で各国首脳を出迎え、そろって記念植樹した。 この後、舞台を志摩市の「志摩観光ホテル」に移し、ワーキングランチで世界経済などについて討議に入った。 一方、三重県内では高校が臨時休校になるなど、住民生活へ大きな影響が出ている。 県立高校や特別支援学校、合わせて29校が、25日から…

伊勢神宮の喫煙所

伊勢志摩サミットに向けた分煙環境

サミットの舞台となる賢島周辺の分煙環境

伊勢市駅で下車し、まず外宮に向かう。敷地内の駐車場の脇に2カ所、喫煙所が設けられている。東屋の立派な建物に「おもてなし」の心を感じる。参拝した後、車で内宮へ移動。35度を超える猛暑にもかかわらず、参道に続く街並みはお伊勢参りの老若男女であふれている。おかげ横丁をのぞき、境内へと進む。境内入り口の脇に公共喫煙所があり、参拝前の愛煙家が一服タイムを楽しんでいる。参道の…

「道半ば」とゴマカシ続けてきたが…

これぞ“三百代言” 安倍首相「アベノミクスふかす」のア然

4日、三重・伊勢市で年頭会見に臨んだ安倍首相。相変わらず中身ナシだったが、ビックリ仰天だったのは「金融政策、財政政策、成長戦略の3本の矢を撃ち続けていく」と言い放ったことだ。「アベノミクスをしっかりふかす」とも言っていたが、ちょっと待て。とっくに刀折れ矢尽きたアベノミクスをこれ以上、空ぶかししても意味はないのは明らかだ。 2012年12月に誕生した安倍政権が「2年で…

リニアが人口増をもたらすか

大都市圏なんでも健康ランキング

東海圏の人工 岐阜県はこの先10年で人口の1割を失う

とくに、三重県の伊勢市以南の人口減少が厳しいとされています。尾鷲市や熊野市は、市制を維持するために合併が必要になるかもしれません。鳥羽市も安泰ではありません。鳥羽市の人口は2015年時点で約1万9800人、これが2025年には1万6900人に減ってしまいます。隣接する伊勢市か志摩市に吸収合併される可能性を否定できません。 岐阜県では北部で人口が減っていきます。風光…

大フクロウで有名な鷲子山上神社

オトナの社会講座

酉年“最強”の神社仏閣 3000以上巡った専門家が教える

ニワトリの止まり木が『鳥居』のルーツといわれていますし、神話では、あの伊勢神宮(三重県伊勢市)の神様、天照大神の使いがニワトリなのです。太陽が神格化された天照大神が天岩戸に隠れて世界が闇に覆われていたときに、八百よろずの神々がニワトリに鳴かせて、踊ることにより、外に出させたと伝わります。闇を払ったことから、魔物を払う、厄よけの動物としても知られるんです。伊勢神宮の境…

監督は「世界で戦える選手」と一色(左)を高評価(2月の東京マラソン)

杭も出過ぎれば打たれまい

東京五輪“金の卵”に陸連の強化指導もフォローもなし

(11月6日の)全日本大学駅伝(名古屋市の熱田神宮~伊勢市の伊勢神宮。計106.8キロ)でまた対決できるなら、今度こそ勝ちたい」 そう言って負けず嫌いの性格をのぞかせた一色は今季、学生の枠を超えて実業団所属の選手とも互角以上に渡り合った。 ■強化合宿にも声が掛からず 2月の東京マラソンでは日本人3位(11位)に入り、リオ五輪の代表選考の俎上に載った。トラックでもマラ…

少年時代の山川

鳥羽一郎・山川豊 「我らの演歌路」

兄貴はカツオ船に乗って僕と妹を進学させてくれた

高校といっても、僕が入ったのは伊勢市の職業訓練校で、普通の高校に入れないやつ、入っても落第したやつらが集まるようなところだった。学校なんか行きたくなかった。とはいえ、早く一人前になって金を稼ぐには、手に職をつけなければならないからね。板金科、全寮制だった。 兄貴が新米の漁師の時、揺れる舳先の部屋でひどい目に遭ったことは聞いている。いつ船の外におっぽり出されるか分か…

「豚捨」のコロッケとすき焼き風味の牛皿のセット「豚捨御膳」

肉食女子マイコとミユキが行く

“松阪牛”の親戚をコスパ良く食らう

唯一、伊勢市外に出店したんが東京駅やねん。マイコが伊勢のおかげ横丁で食べたんは、ほくほくジャガイモと牛ミンチのコロッケ。食べ歩きにちょうどの手のひらサイズやから、ぎょうさん並んではるねん。 このコロッケとすき焼き風味の牛皿のセット「豚捨御膳」(2150円)がお得。醤油ベースの甘辛ダレに絡んだ伊勢牛とシャキシャキ玉ネギがええ感じや。すき焼きでも、ご飯にのせて牛丼にして…

勧告客で賑わうおかげ横丁にも喫煙所

伊勢内宮前「おかげ横丁」が取り組む愛煙家への配慮とは

そうしたなか、伊勢神宮・内宮の参道にある伊勢市の「おかげ横丁」(54店舗)が3月21日に横丁内に2カ所の喫煙所を設置して話題になった。「おかげ横丁」は約4000坪の敷地内に江戸から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築再現された一角で、飲食店、土産物店などがひしめき、常に観光客で賑わっている。 横丁は、今回、飲食店を原則全席禁煙に指定する一方で、屋外に2カ所…

東京都港区赤坂の「日枝神社」の「神猿」、夫の猿と妻の猿

神社仏閣専門家が厳選 2016年「申」のパワースポット

■会社員向け 「猿田彦神社」(三重県伊勢市)の猿田彦大神は、伊勢国出身の導きの神。起業や転職など新ジャンルに挑戦する人へうってつけだ。 「日本神話の中で神様が天から降りてきたときに、猿田彦大神が地上で迎えて道案内した伝説がある。私たちを正しい道へと導いてくれる神様です。猿田彦大神は、芸能の神・天宇受売命と仲のいい夫婦だったことから、縁結びや夫婦円満の御利益も。猿田…

原監督と神野大地選手

選手を踊らせる秘訣

体幹トレ先駆者との運命の糸がつながった

12日の出雲駅伝を制した青山学院大が次に狙うは、あす11月1日の全日本大学駅伝(名古屋・熱田神宮―伊勢市・伊勢神宮宇治橋)をぶっ千切って「2冠」を達成することだ。年明けの箱根で連覇を飾り、3冠の偉業を達成するためにも必ずモノにしたいレースである。今回は、箱根常連校から優勝校になるには何が足りなかったのか、語ってもらった。(取材・構成=和田悟志) 青山学院大に就任する…

アイドルはこうでなくっちゃ(左)

あの人は今こうしている

元「おニャン子」宮野久美子さんは愛知で結婚式司会者に転身

現在は三重県伊勢市に本社がある企画制作会社「岡田プランニング」に所属している。 「今年は『おニャン子クラブ』結成30周年なんです。同窓会的なイベントや番組を楽しみにしてます」…

背景には膨大なコレクション/(C)日刊ゲンダイ

趣味「ハマってます!」

楠田枝里子さんがハマる消しゴム収集 「魅力は“滅びの美学”」

その魅力とは? 私が消しゴムに興味を持ちはじめたのは、三重県伊勢市に住んでいた小学生時代です。面白い形をしたユニークな消しゴムを見つけるたびにそれを買い求め、机の引き出しに保存するようになりました。当時はコレクションといった意識はありません。でも東京理科大に進学、上京するために机を整理した際、「あら、こんなに?」と思うほどたくさんたまっていて、それ以来、意識して収集…

世界中から非難された靖国参拝/(C)日刊ゲンダイ

注目の人 直撃インタビュー

古賀茂明氏がズバリ「安倍首相の靖国参拝は金正恩と同じ」

安倍首相は6日、三重県伊勢市で年頭記者会見に臨み、集団的自衛権の行使容認や憲法改正の議論を加速させるべきだと表明した。昨年末の靖国神社参拝については「真意を説明すれば理解は得られる」と強調。相変わらずの単細胞のタカ派ぶりだったが、こうした安倍の外交姿勢を「北朝鮮と同じだ」と断じた人がいる。改革派官僚で名をはせた論客、古賀茂明氏だ。 古賀氏の発言は昨年末に行われた講演…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事