日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「菅義偉 自民党」に関する記事

野党統一候補の池田真紀候補(右)と町村氏後継の和田義明候補

嫌われる安倍首相…「北海道5区補選」苦戦自民が戦術失敗

10日は、菅義偉官房長官が2カ所で応援演説したが、盛り上がりに欠けた。自民党は選挙戦術を間違っているという。 「安倍内閣の全国的な支持率は〈支持する40%、支持しない30%〉ですが、北海道5区に限ると〈支持30%、不支持40%〉と不支持の方が多い。理由は、生活が苦しいからです。北海道にはアベノミクスの恩恵が届いていない。なのに、菅さんは『これからも自信を持ってアベノ…

やっぱり圧力を受けていた

やっぱり…「報ステ」に自民党が“圧力文書” その後に異例人事

圧力をかけたと名指しされた菅義偉官房長官は「まったくの事実無根」と否定しているが、すでに昨年末、安倍自民党が「報道ステーション」に“圧力文書”を送りつけていたことが分かった。この文書にテレビ朝日は震え上がったという。本紙はそのペーパーを独自入手した。 文書が送りつけられたのは、2014年11月26日。11月21日に衆院を解散した直後だった。自民党の福井照報道局長の…

None

進次郎を一斉にバッシング 小泉親子を許さない自民党

甘利明大臣は「政党人として皆で応援していくべきだ」と文句をつけ、菅義偉官房長官も「本部として支援を決定した。応援して欲しい」と要請。党の青年局からも「外での発言は慎んで欲しい」と注文が飛んだ。 17日に進次郎は「自民党は胸を張れるのか」と言い返したが、「この先、都知事選には関わらない」と宣言。完全に抑え込まれた形だ。 ■進次郎への視線に変化 それにしても、たかが当…

オレ様ファースト

巻頭特集

自民の改憲議論を一切無視 民主主義を愚弄する首相の横暴

「これは首相官邸の意向でもあり、菅義偉官房長官とも話をしている。自公維だけで発議するというのも官邸の意向だ」〉 保岡は「寝耳に水」と戸惑い、船田元・本部長代行も「そんなことが表に出たら憲法審査会は全部止まってしまう」「野党にも採決には参加してもらうのが最低限必要だ」と反論したというが、高村副総裁は、その日のうちに安倍と保岡の会談をセットした。 〈民進との協調を掲げて…

第3次安倍再改造内閣で予想される顔ぶれ=左表

巻頭特集

“茶坊主”と“お友達”だけ優遇 安倍改造内閣の恐怖人事

麻生太郎財務相、岸田文雄外相、菅義偉官房長官という2012年末の第2次政権発足時からのメンメンに加え、高市早苗総務相、塩崎恭久厚労相、加藤勝信1億相、石原伸晃経済再生相まで続投である。「内閣の骨格を維持して、安定した政権運営」などと解説されているが、要は自分の言うことを聞く“お友達”や“茶坊主”を置いておきたいだけ。世界情勢が混迷を深め、経済の先行きも不透明になって…

意味不明コメントに視聴者は「?」

圧力に降伏か 逃げる「報ステ」古舘伊知郎の“キャスター生命”

調査会会長の川崎二郎元厚労相は、特に3月27日放送の「報ステ」で、元経産官僚の古賀茂明氏が菅義偉官房長官らに「バッシングを受けてきた」などと発言したことを問題視。放送倫理・番組向上機構(BPO)への申し立てを検討していることを明らかにした。自民党サイドは「事実関係を確認しただけ」と強調したが、BPOまで持ち出すことはテレビ局への“圧力”以外の何物でもない。 しかも…

週末オススメ本ミシュラン

この変わり身は何なのか 20年前の選挙では痛烈な池田大作批判

「熾烈な宗教政党批判を繰り広げた自民党が公明党と連立するとは、あまりにもご都合主義ではないか」 “ご都合主義”を絵に描いたような政治家が現内閣官房長官、菅義偉だろう。 今からちょうど20年前の1996年の衆議院選挙で神奈川2区から初当選した菅は、相手が創価学会の青年部長だった新進党(現公明党)公認の上田晃弘だったこともあって、激しい創価学会批判を展開した。池田大作…

None

永田町の裏を読む

「農協潰し」は安倍政権の政治的怨念

なぜ、このように粗暴なほどの農協潰しに躍起となるのかといえば、安倍や菅義偉官房長官の農協に対する政治的怨念である。民主党が09年に、ヨーロッパ型の「農業者戸別所得補償制度」の導入を掲げた時に農協はそれを支持し、それが政権交代が実現する一因となった。12年に政権復帰した自民党は、その制度を骨抜きにすることに熱心に取り組んだが、一度、自民党から離れた農協はすんなりとは…

(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

2世議員ばかりの中でのし上がった「武闘派」菅義偉官房長官

菅義偉は面倒見のよさとコワモテを巧みに使っている。いま霞が関は、ビクビクしながら顔色をうかがっている。とくに厚労省の人事をひっくり返し、村木厚子さんを強引に事務次官に就けた後は、官僚がスリ寄っている。人事がすべて、という官僚の習性をよく分かっています」(霞が関事情通) ●激ヤセ 野党時代「朝スープカレーダイエット」をはじめ、体重を76キロから62キロまで落とした…

女性閣僚枠は2枠だが(稲田朋美議員と森雅子議員)/(C)日刊ゲンダイ

入閣待望59人もポスト不足で…早くも「内閣改造年2回説」

菅義偉官房長官が28日「内閣改造」の予定を公明党に正式に伝えたことで、はやくも自民党内は「改造」一色になっている。 甘利明経財相は「かなり大規模な改造になる」と予告し、野田聖子総務会長は「改造は9月3日。私は用済みで、更迭の2番目」と軽口を叩いている。「組閣リスト」まで飛び交う始末だ。 ところが、まだ改造もしていないのに、「年末にもう一回、内閣改造をやるらしい」とい…

菅義偉官房長官

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

菅義偉官房長官は着々とテッペンを目指す“最強の女房役”

次は任期延長に照準

永田町の裏を読む

参院選の大勝で党総裁任期延長に照準を定めた3つの理由

8月改造人事で菅義偉官房長官を幹事長に回すかどうかが大きな焦点になっているのは、そのためである。…

揺れるテレ朝とNHK

「報ステ」にまた圧力…自民党がテレ朝幹部を異例の呼び出し

問題とされているのは、テレビ朝日は先月27日放送の「報道ステーション」で、番組に出演した元経産官僚の古賀茂明氏が菅義偉官房長官らに「バッシングを受けてきた」などと発言したこと。NHKは「クローズアップ現代」で制作側による「やらせ」の疑惑が指摘されていること。 すでに自民党は、「アベノミクス」を取り上げた昨年11月の「報道ステーション」の内容が偏っているとして、文書…

警戒に当たるダッカの警官(右は菅官房長官)

巻頭特集

ダッカの悲劇は今後も続く “人質よりも改憲”が政権の本性

菅義偉官房長官は朝8時30分、緊急会見を開き「人質に日本人が含まれている可能性がある」と伝えている。恐らく、官邸には日本人が人質になっていること、命の危険にさらされていることなど、緊迫した情勢が刻一刻と入っていたはずである。 ところが菅は、会見を終えると官邸を離れ、参院選の選挙応援のために新潟に飛んでいるのだ。新潟で2カ所の演説をこなし、東京に戻るまで8時間半も官邸…

島尻沖縄相(左)と高木復興相

2016年 壊れるのは政権か国民生活か

高木大臣の“次”も 通常国会冒頭で始まる辞任ドミノの顔ぶれ

ところが、菅義偉官房長官は財務省の考えを無視して対象範囲を“加工食品”にまで広げた。しかも、抵抗した事務次官を“出ていけ!”と怒鳴った。プライドの高い彼らが、このまま黙っているとは思えない。財務官僚の情報収集能力はハンパじゃない。菅さんの“政治とカネ”を調べ上げ、リークするのではないか、とみられているのです。菅さんは自民党内にも敵が多いだけに“菅降ろし”が勃発すると…

仲井真知事(左)の応援に駆けつけた菅官房長官

新「政官業」研究

仲井真知事落選で消えた沖縄カジノ計画

事実、官房長官の菅義偉と前知事の仲井真弘多との間で進められてきたのが、米軍の辺野古基地移設、空港拡張整備、カジノ誘致の3点セットといわれる。 去年11月の知事選前には、そこにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の誘致が加わり、4点セットになる。 「内閣官房長官というより、沖縄基地負担軽減担当大臣を務める菅義偉です」 そう言って仲井真の応援演説に乗り込んだ菅は、…

林文子横浜市長

新「政官業」研究

菅官房長官&林市長 横浜カジノ構想で二人三脚

「国会のIR(統合型リゾート)推進法案の状況を踏まえながら、諸外国の事例や法制を調査し、課題を整理したい」 今から1年前の2014年7月18日、官房長官の菅義偉は定例の記者会見の中で、内閣官房にIRカジノ推進チームを結成するとぶち上げた。 チームを束ねる内閣審議官として、元国交省気象庁次長の渡辺一洋を抜擢し、国交省や財務省、経済産業省、警察庁など各省庁から総勢20人…

再反論した小林氏と長谷部氏(右)

憲法の権威が再反論「平和守りたいなら学者の意見聞くべき」

菅義偉官房長官は「違憲ではないという学者もいっぱいいる」と言った後、「数の問題ではない」と取り繕ったが、「95%」という数字は大問題だろう。憲法学の権威である2人の再反論に安倍政権はグウの音も出ないんじゃないか。…

None

愛知の虐待幼稚園 経営者は元県議

そして本人のホームページには「周平応援団」として、菅義偉内閣官房長官、稲田朋美防衛大臣の写真とメッセージが添えられており、青山議員自身も日本会議のメンバーだ。…

今日の新刊

「総理の影」森功著

安倍内閣で官房長官を務める菅義偉は、秋田県雄勝郡の出身である。父の和三郎は若いころ、満鉄に入り、関東軍が敗走した後、取り残された開拓団を無事、日本に帰国させた豪胆な人物だった。 戦後、イチゴ栽培で成功したがその後を継がず義偉は上京し、大学卒業後、小此木彦三郎の秘書となった。横浜市議を務めた後、国会議員となるが、安倍との出会いのきっかけは北朝鮮問題だった。拉致問題が判…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事