日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「近藤真彦 映画」に関する記事

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

年下キラー、藤真利子 近藤真彦と熱愛騒動

80年代を代表する男性アイドル、マッチこと近藤真彦との熱愛が騒がれたのは86年のこと。藤が30歳、マッチが22歳の時だった。 以前からマッチのファンで、対談を熱望していたという藤。86年5月に念願かなって女性誌で誌上対談が実現した。 藤は「マッチのことは何でも知ってるんだから」とアピール。「結婚費用があったら車を買った方がいい」「女の子に指輪をあげるくらいだったら…

歴代最低視聴率も当然の結果?

TV見るべきものは!!

バラエティー化したNHK紅白は「もう夜9時からで十分」

特にラストの近藤真彦も含め、白組26組のうち7組がジャニーズ系というのは異様だ。井ノ原快彦も「あさイチ」での貢献があるとはいえ、10年連続でジャニーズ事務所からの司会者起用は新鮮味に欠けた。 また、あちこちのヒットコンテンツの援用も今回の特色だ。まず、民放各局のヒットアニメのテーマ曲が歌われた。次に映画「スター・ウォーズ」の人気キャラクターも出現。ただし演出が凡庸で…

ジャニーズを去った赤西仁(左)と田中聖

管理不能…山下智久の書類送検はジャニーズ帝国崩壊の序曲

「かつてはデビューするまでは寮生活が当たり前で門限まで設定されていましたが、今やデビュー組だけで近藤真彦以下、60人以上。その下のJrと研修生も入れたら関西も含めて300人以上の大所帯です。こうなると全てを事務所で管理できるはずもないし、女性関係やファンなどと問題が起きない方がおかしいくらい。しかも、昔はプライベートを徹底管理し、スキャンダルに厳しかった。人気者で…

SMAP解散まであと少し

あれもこれも言わせて

視聴者があきれる SMAPで“もうひと稼ぎ”狙う各局の思惑

ジャニーズ総出演の中、デビュー35周年の近藤真彦が歌う際、後輩たちが総立ちで異常な盛り上がりを見せていたが、その後、SMAPの番になると、キスマイ以外誰も居なくなっていたことを。ひどい仕打ちである。SMAP最後の「FNS歌謡祭」があれだったとは――。 これからクリスマス、年末年始と特番が続き、SMAPも毎年「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマスSP」(日本テレビ…

揺れに揺れたジャニーズ事務所

ボーダーライン上 企業の生死

【ジャニーズ事務所】“帝国”に残されたもうひとつの課題

SMAPをはじめTOKIO、V6、KinKi Kids、嵐など15グループ、近藤真彦などソロ12人、300人超ともいわれるジャニーズJrを抱える一大帝国を築き上げた。 「90年代以降の急成長の原動力になったのがSMAPです。さすがにピーク時の勢いを失ったとはいえ、それでもテレビの出演料やコンサート、CDなどで年二百数十億円を稼ぎ出しているともっぱら。それが解散となれ…

ジャニーズ事務所はキムタクを美談仕立てに…

どうなるSMAP「解散ノムコウ」

SMAP存続へ直談判も キムタクは“HERO”か“裏切り者”か

今回の功績でキムタクは近藤真彦や東山紀之のように、将来は“役員待遇”でジャニーズに残ることが約束されたようなものです」(ジャニーズ事情に詳しい芸能関係者) そんな中、18日午後10時15分から放送される「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の一部が生放送に変更され、メンバー5人が現在の心境を語ることがわかった。フジテレビとジャニーズ事務所が発表した。一連の騒動につい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事