日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「向井理 俳優」に関する記事

左から鈴木亮平、東出昌大、綾野剛/(C)日刊ゲンダイ

東出昌大、綾野剛、向井理…朝ドラ男優はなぜ出世するのか

たとえば、若手に限れば、今の「花子とアン」なら、ヒロインの夫役の鈴木亮平、「ごちそうさん」は東出昌大と和田正人、菅田将暉、「あまちゃん」は福士蒼汰、「梅ちゃん先生」は松坂桃李と高橋光臣、「カーネーション」は綾野剛、「ゲゲゲの女房」は向井理といった具合。 朝ドラ終了後は民放のドラマで主役級で活躍しているケースも増えていて、「朝ドラ発」がドラマ界のキーワードだ。 コラ…

すでにあちこちで裸を披露している斎藤工/(C)日刊ゲンダイ

「絵になる」「キモすぎ」 俳優・斎藤工の“不倫”ヌードに賛否

西島秀俊(43)も向井理(32)も結婚した今、女性ファンからは独身男性俳優“最後の希望”とも呼ばれる斎藤工。今回のヌードが吉と出るか凶と出るか、注目だ。…

向井理(左)と西島秀俊/(C)日刊ゲンダイ

西島秀俊と決定的違い…俳優・向井理が結婚で迎える“岐路”

西島秀俊(43)、向井理(32)の2人のイケメン俳優がそれぞれ結婚を決めた。 一般女性と結婚した西島は本格派の役者を目指し苦労してきた。すでに主演クラスの役者。作品優先が見える。結婚が今後の人気に左右するとは思えない。 向井の相手は2年前のドラマ共演をきっかけに熱愛が伝えられていた女優の国仲涼子。共演が取り持つ縁は今も変わらない。 ドラマ制作者は、「何カ月もの間、一…

女流作家も虜にするイケメン

「とと姉ちゃん」大野拓朗 朝ドラ男子“出世の法則”なるか

ここ数年でいえば、向井理(34)、福士蒼汰(22)、東出昌大(28)、鈴木亮平(33)、ディーン・フジオカ(35)といった“無名の役者”がNHK朝ドラに出演して顔と名前を売り、映画や民放ドラマへと活躍の場を広げていくケースが目立つが、それに続けとばかりに今作にもブレーク前のイケメンが……。 今週から舞台を浜松から東京に移し、新たな主要キャストとして登場している、か…

私生活はともかくとして…/(C)日刊ゲンダイ

新婚の向井理&国仲涼子 仕事では早くも“明暗”浮き彫りに

昨年末に結婚した俳優の向井理(33)と女優の国仲涼子(35)だが、新婚早々、明暗が分かれつつある。 向井は今月、主演したテレビ東京のドラマ「永遠の0」が放送。映画版が86億円超えのヒット作になったとあって、同局は「テレビ東京開局以来最大のドラマ特番」と力が入り、視聴率20%を目標に掲げていたが、11日放送の初回視聴率は9.0%。 「原作者の百田尚樹氏のやしきたかじん…

年内にも第1子が誕生する予定

鶴瓶も絶賛 “クールで無愛想”な向井理を変えたパパの自覚

26日の「雪印メグミルク 恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト新CM発表会」に、CMで身に着けているのと同じ真っ白いスーツで登場した向井理(33)のこと。 向井は「昨日の映画の舞台挨拶よりも(取材陣が)多くてビックリ」と語っていたが、“昨日の舞台挨拶”とは、映画「S-最後の警官-奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」の公開直前納涼イベント。同作は昨年TBSでド…

佐々木蔵之介も交際が発覚したが…/(C)日刊ゲンダイ

マンション売却 福山雅治に急浮上した「結婚準備」説の真相

西島秀俊(43)や向井理(32)らだが、そんな中で「最後の砦」といわれた俳優が佐々木蔵之介(46)。ところが、佐々木にも交際が発覚してしまった。 今月10日、主演舞台の「ロンドン版 ショーシャンクの空に」の会見で「最後の砦」と呼ばれていることについて聞かれて「知らないよ」と苦笑い。結婚も「ないです」とキッパリ否定した。 だが、佐々木は同日夜、新宿区内の薬剤師Aさん(…

「美術館には1人で」/(C)日刊ゲンダイ

東出昌大は杏を超えられる? 朝ドラ男子「ブレークの方程式」

ヒロインの相手役を演じた若手俳優――「ゲゲゲの女房」の向井理(32)、「おひさま」の高良健吾(26)、「カーネーション」の綾野剛(32)、「梅ちゃん先生」の松坂桃李(25)。「純と愛」の風間俊介(30)に至ってはヒロインの夏菜以上に評判を呼んだ。朝ドラは女に限らず、男も顔を売るのにもってこいというわけだが、「東出クンが放つ清潔感は何物にも替え難い。朝ドラの先輩の向井…

“ゲゲゲ”をきっかけに本格ブレーク

松下&向井だけじゃない…あの吹石一恵も“ゲゲゲ”が転機に

同年の『紅白』で紅組司会を務めたほか、『CONTROL』(フジテレビ)、『熱中時代』(日本テレビ)、『二十四の瞳』(テレビ朝日)、『花の鎖』(フジ)などで主役を演じ、一気に売れっ子女優となったのです」(テレビ解説者の木村隆志氏) 「ゲゲゲ」で松下の夫・つまり水木さん役を演じた向井理(33)も状況はまったく同じだ。こちらは「ゲゲゲ」まで4年のキャリアだが、目立ったドラ…

宝塚にどっぷり

DAIGOは大丈夫? タカラジェンヌに恋する北川景子の理想像

北川の場合は、これまでジャニーズの山下智久(30)や俳優の玉木宏(35)、向井理(33)らとの交際を次々と報じられた“共演者キラー”だが、こうした派手な男性遍歴も、原因はそこにあるのかもしれない。 昨年11月に交際が発覚したDAIGO(37)とゴールイン間近と報じられている北川。はたしてDAIGOに、宝塚観劇で培われた北川の”高い理想”が受け止め切れるのかどうか……

抜群の女性人気だが…/(C)日刊ゲンダイ

ネット大騒ぎ…向井理が蒸し返された恥ずかしい“過去”

人気俳優の向井理(32)に“同性愛疑惑”が持ち上がり、ネット上で騒ぎになっている。 コトの発端は、向井が3年前にテレビ番組で着用していたTシャツの文言。前みごろに「PLEASE TRUST ME. I AM ASSHOLE」とデカデカとプリントされたTシャツを着た向井の写真が、ネット上にアップされている。 「ASSHOLE」は「尻の穴」の意。直訳すると、「信じて下さ…

None

「S」不調で「安堂ロイド」の二の舞? 向井理の正念場

「主演の向井理(31)が『ミスキャスト』という声は当初から耳にしますね。『S』の主人公・神御蔵一號は警視庁の特殊部隊の隊員で、元プロボクサーの熱い男という設定。表情が薄くてクールなイメージの向井とは、まるで正反対です」(制作スタッフ) 向井は2010年にNHKの連ドラ「ゲゲゲの女房」で“水木しげる”役を演じて全国区になったが、もともと明治大農学部で遺伝子工学を専攻…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事