日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小倉優子 子供」に関する記事

None

辻希美 勝ち組ママタレの秘訣

元夫の「メシがまずい」発言で人気も急降下したバツイチの小倉優子(33)とは異なり、辻は夫と子供の胃袋をガッチリつかんでいる様子。「(子供たち)3人も好き嫌いがバラバラなので大変です」と言いつつ、「主人(杉浦太陽)が家庭菜園をやっていて、嫌いな野菜こそ、子供に収穫させたり、料理を手伝わせると、『(子供は)食べてみようかな』と思ってくれます」と辻式食育法を明かした。 …

None

ゆうこりん ドロ沼離婚逃走 巨額慰謝料は支払われるか

「ゆうこりん」ことタレントの小倉優子(33)とカリスマ美容師で夫の菊池勲氏(46)夫妻。昨年8月、小倉が第2子を妊娠中に菊池氏の不倫が発覚し、離婚は秒読みといわれてきた。 発売中のフライデーが菊池氏がキャバクラで小倉への暴言を連発していると報じると、今度は発売中の女性自身が、すでに2人は別居していて、小倉サイドが慰謝料7000万円を請求していると報じたのだ。当の小倉…

第二子妊娠中に夫が不倫…

芸能界クロスロード

小倉優子とTOKIO山口 「芸能人と離婚」2つの“初ケース”

小倉優子(32)は夫で美容師の菊池勲氏(45)に不倫が発覚。ママドルとして“初”の離婚危機に直面している。ママドルは「グラドル→結婚(出産)→ブログで育児・料理等を発信→復帰」の流れで人気を競う世界。「グラドル時代は男性ファンを対象にするが、ママドルになると一転、同世代の女性をいかに獲得するかがポイントになる」(芸能関係者)という。 こりん星から来た小倉は地球上で…

現在第2子を妊娠中の小倉優子

夫の不倫に激怒も…小倉優子“離婚先延ばし”の切ない理由

美容師の夫(45)が後輩タレントと不倫し、怒って家を飛び出したという小倉優子(32)。 「凄くショックでしたし、主人に腹立たしい気持ちでいっぱいでした。ただ主人もたくさんの方々から大変なお叱りをいただき、これまでにないほどの反省をしております」などとブログで心境をつづり、「子供達の事を第一にゆっくり考え、今後の結婚生活を見つめ直すいいきっかけにしたいと思います」とし…

ママタレとしては賢い選択

“インスタ戦略”奏功 優木まおみがママタレ界でじわり頭角

それが奏功したのか、4月には木下優樹菜(27)や小倉優子(31)らが常連で登場するママ向け雑誌「nina’s」(祥伝社)の表紙を母娘で飾るなど、徐々にママタレとしての地位を確立しつつある。 ブレーク前の優木は、アイドルを目指し、「モーニング娘。」のオーディションに挑戦するも夢叶わず、フジテレビのアナウンサー試験でも不採用となったのは有名な話。“高学歴グラドル”とし…

光浦も太鼓判/(C)日刊ゲンダイ

光浦靖子もよゐこ濱口ベタ褒め「髪を切って気づくのは彼だけ」

それにしても、濱口ばかりがなぜモテるのか!? アッキーナの前はあのFカップ朝ドラ女優・倉科カナ、その前はゆうこりんこと小倉優子。ほかにも上原さくら、藤本美貴、榎本加奈子、内田有紀……とウワサになった女性芸能人がワンサカ。それも、いいオンナ揃いで羨ましい限りだ。 最大の理由は「優しさ」にある。当時、付き合っていた彼女に「仕事と私、どっちをとるの?」と迫られ、彼女を取…

None

芸能界クロスロード

引退と復帰から芸能界を読み解けば…

昨年8月、夫のヘアメークアーティスト・菊地勲氏(46)の浮気が発覚したことをきっかけに別居が伝えられていた小倉優子(33)が離婚した。小倉が第2子妊娠中に小倉の事務所の後輩と浮気では、元のさやに戻るのは難しく、離婚は時間の問題だった。女は強い。早くも離婚→復帰へと既定路線へ向かって動き出している。今度はバツイチのママタレとして本格的にテレビ復帰もするが、バラエティー…

写真はイメージ

成功のヒミツ失敗しないコツ

NHK契約アナも愛人クラブに 「パパ活女性」5つの共通点

先日、小倉優子そっくりのNHK契約アナが「パパ活」を推進する愛人クラブに登録していたと週刊誌が報じた。パパ活、気になるぞ。 パトロン(=パパ)を見つける活動を意味する「パパ活」。年間100人以上の女性を取材している官能小説家の加藤文果さんが「パパ活」という言葉をよく耳にするようになったのは、3~4年ほど前から。 恋人以外や、夫とは別にパパがいる、または探している。大…

ママタレたちは戦々恐々

ママタレは戦々恐々…上戸彩「第1子出産」で最強CM女王へ

具体的には元プロレスラーの北斗晶、大沢あかね、木下優樹菜、小倉優子などがこれに当たる。彼女たちはこれまで「ライオン」や「花王」「味の素」「ハウス」「明治」のCMに起用されてきた。しかし――。 「上戸もすでにキッコーマンやサンヨー食品、アサヒ飲料などのCMに出てますから同業他社は無理かもしれません。しかし、家庭用品やベビー用品、子供服などは“未開発”の分野。特に家庭用…

/(C)日刊ゲンダイ

市村正親を救った篠原涼子の「命のレシピ」に出版界が熱視線

「最近は小倉優子や木下優樹菜など芸能人の手料理レシピ本の評判がよく、かなり売れている。女性からも人気が高い篠原が作る献立に興味がある人は多い。子供たちのお弁当もかなり凝っているそうですから、出版されたら話題になるのは間違いありません」(出版プロデューサー) 発売中の女性誌には自宅近くの商店街を市村と仲むつまじく腕を組んで歩く篠原の姿が掲載されている。 今夜の献立が…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事