日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

好奇心・キャストの関連ニュース

野党統一候補として出馬した鳥越氏

注目の人 直撃インタビュー

鳥越俊太郎氏が決意 「東京は憲法を守るという旗立てる」

精神年齢は好奇心がどれくらいあるかで測るからです。僕の場合、好奇心の幅と量は年齢とパラレルしている。26歳から記者をはじめ、報道の現場を歩いてきた。好奇心をフルオープンにしないといろんな問題を取材できない。この年になっても好奇心が全く衰えていません。むしろ、18歳のころと比べると、好奇心の質量ともに充実しています。 ――街頭演説ではがん検診100%や、安倍政権批判が…

None

土日勝つ騎手も占う!週刊デリコ推命術

8/20~26のあなたの運勢

☆4月生まれ☆ 視野を広げれば冒険心、好奇心が満たせる。人の役に立つ行動を心がけて。桃と8が吉。 ☆5月生まれ☆ 状況が二転三転、先を読むのに苦労する。予定は未定と楽観的にとらえて。茶と4が吉。 ☆6月生まれ☆ お盆休みの疲れが出そう。気分がピリピリしたら温かい緑茶でリラックス。金と3が吉。 ☆7月生まれ☆ 気乗りしないお誘いでも、行けば何かしらの収穫あり。夏バテ…

両親・恩師が打ち明ける大谷翔平「二刀流の血脈」

兄の背中を追うように野球を始めた

好奇心もあったでしょうし、楽しそうにやっているのを見て、自分もやってみたいと思ったのでしょうね」 こう話す徹は、大谷に一方的に野球を勧めてはいない。 「自宅で翔平と一緒にナイターを見ることはありましたが、基本的にそんなに野球と言ってたわけではない」 野球に「好奇心を持っていた」のは7つ年上の兄・龍太(27)の影響が大きかった。大谷の母・加代子(51)がこう説明し…

キャスターの辛坊治郎は“好奇心の塊”

ビジネスに使えるスターたちの処世術

体験してみたい欲求駆り立てる 辛坊治郎の天性のドM体質

男たるもの、“トップガン”の世界を経験できるとなれば、興奮もするし、特に好奇心の塊みたいな辛坊なら、他の人に譲る気にはならなかったに違いない。 帰ってきた辛坊は、「ヒドい目に遭った。あんなのフツーの人間には無理。体に対する荷重が8.3Gなんだよ。もう死ぬかと思った。宇宙飛行士もマッ青だぁ」と懲り懲りといった表情だが、なぜか喜々として話し続けるのだ。 東日本大震災直後…

著者の松野弘氏も転身組/本人提供

博士号ナシでOK 「社会人教授」を実現するライフスタイル

「社会人教授になるために何より大事な資質は、知的な“好奇心”だ」と言うのは、今月初めに「サラリーマンのための大学教授の資格」(VNC)を上梓した千葉商科大学教授の松野弘氏だ。 松野氏は電通、パイオニアを経て、43歳で大学教員生活を始めた社会人教授のひとり。名誉のために付け加えておくが「博士」号も持っている。その先達が言う。 「素人と我々プロの違いは、何かに疑問を持…

None

日本の大学 ユニーク研究室

「1年未満のカラスの肉は鉄分、タウリンが豊富です」

「全国で箱ワナを使った捕獲が行われてますが、ワナは見るからに怪しく、カラスは好奇心が強いけど、警戒心も強いので入らない。捕まるのは生まれて1年以内の個体だけです。ところが、自然界のカラスはほとんどが1年未満で死にます。気候やエサの問題で冬を越せないためで、ワナにかかるのは、1年未満で自然死するカラスなのです」 その捕獲にもコストがかかる。トラップを作ったり、おとり…

出版HOT NEWS

家族もカネも老後の安泰にはつながらない

「生きる」とは「今を楽しむ」の連続であり、寂しさはあるが、孤独を楽しむ余裕と好奇心があれば、ひとりの老後も悪くないと語る。 二見さんと対照的な人生を送るのが、80歳の横山康弘さんだ。1男2女をもうけ、金融系企業で出世街道を驀進。順風満帆な人生のようだが、夫婦間に愛情はなく、59歳で妻が亡くなったときも喪失感はゼロ。妻の部屋で見つかった段ボール20箱分ものブランド品の…

None

●写真家・小原玲 シャッター無頼

ナンパな巨人・定岡の小指が立った瞬間、「いまだ!」

それを象徴するかのような、スポーツ専門ではない若造のカメラマンが好奇心だけで撮った一枚。スポーツ紙や専門誌と違って、投げたり打ったりしている普通の写真を撮ったところで記事にはなりません。こっちは、練習風景を一通り押さえてからが、本当の勝負。他にも、看板バッターだった原辰徳が球場に到着するやいなや、日本に20台も流通していない愛車のフェラーリを洗車し始めた様子を撮影…

None

土日勝つ騎手も占う!週刊デリコ推命術

5/6~12のあなたの運勢

好奇心を発揮すると金運UP。青と1が吉。 ■マネー運注目のヒト 田辺裕信(騎手)5/6。単勝で穴も。ダート戦好走傾向。 大野拓弥(騎手)5/7。展開の妙、人気薄馬も勝運あり。 NHKマイルCは、M・デムーロ、横山典弘、吉田隼人騎手に期待。…

None

福祉で注目 “射精介助”狙いは自尊心のケア

「あくまで介護行為なので、利用者の性的好奇心を満たす行為は一切行いません。視覚的刺激による性的興奮の喚起も同様です。ケアの具体的な方法についても、快感を最大化するような技術は教えていません」 料金は30分で2800円。射精は原則1回だ。 例えば、脳性まひの男性(52歳)は「モヤモヤ、体のだるさが嘘のよう」に軽くなり、同じく脳性まひの男性(53歳)は「(利用した翌朝…

None

300mの縦穴に落下も 洞窟探検家・吉田勝次さんが語る情熱

週末に読みたいこの1冊

「わたつみ」花房観音著

好奇心と嫉妬心がうずまく環境のなかで、それぞれが人に言えない事情を抱えていた……。 「花祀り」で第1回団鬼六賞大賞を受賞してデビューして以来、官能小説やホラー小説の分野で注目されている作家の最新作。田舎町で繰り広げられる女たちの性愛をこまやかに描いている。(中央公論新社 1600円+税)…

None

ザッツエンターテインメント

生き物の謎に迫る本特集

最新の研究成果をもとに、さまざまな化学成分を作り出す植物の謎に迫る知的好奇心をくすぐる科学本。 (文藝春秋 880円+税) およそ130万種いる動物の95%以上を占める無脊椎動物の不思議な世界を案内してくれるサイエンステキスト。 全動物の7割と一番種類が多く、個体数でも他を圧倒し繁栄する昆虫は、節足動物門に属している。その成功のカギは骨格にある。節足動物の骨格は、…

None

書名のない書評「ゲンダイX本」

恋愛小説 待つことの残酷さと不条理

ハリウッドのゴシップが好きな人や映画好きの下世話な好奇心をも満たしてくれる作品だ。 最大の収穫物は、西欧文明中心思考の愚かさに気づかされる点だ。無意識の差別、偏見、誤解、そして無知。この難しいテーマを「黒人男に恋をする白人女の逡巡」で具現化。甘く切なく、そして冷酷に、西欧優位主義を覆されるのである。 ◆この本を抽選で2人にプレゼントします 応募方法=はがきに郵便番号…

None

韓国人は大嫌いな日本にナゼやって来るのか

「韓国から近いし、日本ツアーに出たことがないので好奇心があった。日本のギャラリーは韓国に比べてマナーがいいと思った」(イ) ただ韓国国民の6割が日本に対してよくない印象を持っているのは知られた話だ。慰安婦問題など、日本がかつて韓国を侵略した歴史について反省していないという理由からだ。 ゴルフはメンタル面がスコアを左右するスポーツだ。嫌いな日本で韓国選手は平常心を保…

None

ザッツエンターテインメント

誰かに話したくなる雑学本特集

誰もが持つ、そんなゲスな好奇心を満たしてくれるのがこの本だ。 覚醒剤で3度逮捕された「失恋レストラン」の清水健太郎、心霊ブームで大ブレークした織田無道、長髪&メガネにマジックハンド持参の姿でオタクのスタイルを確立した宅八郎、カリスマAV女優として50本以上の作品に出ている森下くるみら、強烈な個性を持つメンバーへの取材リポートが並ぶ。 まだ炎上中ではないかと思われる長…

None

がんステージ3 風俗嬢セリナの遺言

年上の同級生に誘われSMクラブの女王様に

好奇心に駆られて彼女についていった。 渋谷の道玄坂の上の雑居ビルの一室。ドアの向こうで、とんでもない美人が顔を出し、「いらっしゃい」と言った。それが店のママ。1時間後には、その女王様ママのプレーに同伴していた。そこに広がっていたのは、私の勤める風俗店とはまるで違う光景だった。 「女王様、お仕置きしてください」と小太りの中年男性が全裸にアイマスクで土下座して、足元にひ…

None

語り部の経営者たち

物語コーポレーション 小林佳雄会長「経営指南書」を中1の時から愛読

隅から隅まで飽きずに読み続けたのは、飲食店経営について並々ならぬ好奇心を持っていたからに違いない。小林にとって飲食チェーンの経営は天職だったといえる。 小林は1浪して慶大商学部に進学した。大学の講義は欠席しても、ペガサスクラブのセミナーには出席するような学生だった。 大学4年の時「就職モラトリアム」と称して、母から100万円をせびり1年間アメリカに遊学した。主に西海…

None

ザッツエンターテインメント

進化の不思議がわかる本 気になる4冊

最先端の研究の成果にも触れながら、そうした動物の毒液の不思議と可能性を解き明かしていく知的好奇心をくすぐるお薦め本。(文藝春秋 1600円+税) 全編、おっぱいについて記した本。といっても、世の男性のふらちな期待に応えるような内容ではなく、真面目に乳房や乳汁について解説する。 読んで字のごとく、哺乳類とは乳=おっぱいで子供を育てる動物群のこと。脊椎動物の中で哺乳類だ…

None

土日勝つ騎手も占う!週刊デリコ推命術

3/18~24のあなたの運勢

予定がなくても出かけ好奇心を満たそう。桃と3が吉。 ■マネー運注目のヒト C・ルメール(騎手)3/18。乗り替わりも馬券チャンスあり。 日曜日の重賞は、戸崎圭太、田辺裕信、福永祐一騎手に期待。 月曜日の重賞は、岩田康誠、大野拓弥、江田照男騎手に期待。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事