日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

井上邦雄特集

山口組の司忍組長(左)と神戸山口組の井上邦雄組長

抗争収束の切り札 山口組ナンバー2に“仮出所プラン”浮上

射殺された幹部は、神戸山口組トップの井上邦雄組長が率いる山健組の直系組織の舎弟頭。一方、射殺したヒットマンは司忍組長の出身母体である弘道会の直系組織の若頭です。互いにメンツがあり、引くに引けない状況です。抗争がいつ始まってもおかしくありません」(捜査関係者) ただ、神戸側にはためらいもあるようだ。分裂から1年が経過し、組員が延べ400人近く逮捕された。“返し”を打っ…

司忍組長が身を引くのか?(右は神戸山口組・井上組長)

歩み寄り模索 6代目山口組・司忍組長“電撃引退”の怪情報

山口組は、司忍(本名・篠田建市)組長率いる「6代目」と、井上邦雄組長を頂点とする「神戸」に分裂以降、全国各地で小競り合いが勃発。今月15日にも、名古屋市中区のマンションで、神戸傘下の斉木竜生幹部(64)が射殺される事件が起きたばかりだ。いよいよ「血の全面抗争」が避けられない状況になってきた――とみられているが、密かに「歩み寄り」を模索する動きがあるという。 関西地…

ピンチ…(6代目山口組の司忍組長)

特定抗争指定なら再分裂は不可避 「第3の山口組」結成へ

ただ誰をトップにするかをめぐり、紛糾すると思います」(ジャーナリストの鹿島一男氏) 組を割って神戸山口組を立ち上げた井上邦雄組長のような、“大物組長”が、今の6代目山口組には見当たらないという。 「自分から山口組を飛び出す意思はまったくないでしょうが、下からトップ就任を懇願されてもおかしくないのが、『本部責任者』の肩書を持つ『竹中組』の安東美樹組長です。昨年の分裂後…

司忍組長はどう動くか

溝口敦の「斬り込み時評」

分裂山口組で双方が「3つの和解案」を模索し始めた

①司忍組長を山口組総裁にして井上邦雄組長を7代目山口組組長に据える。 ②司忍組長を6代目山口組組長のまま、井上邦雄組長を人事を含めた全権を委ねた山口組の若頭に据える。 このうち②案は、6代目山口組として①案はのみにくいだろうからと用意した本命の案である。 5月15日、高木若頭補佐が織田若頭代行に電話で伝えた「親分(司組長)は分かったと言ってくれました」という言葉が…

None

溝口敦の「斬り込み時評」

浪川会長に聞いた 6代目と神戸山口組“和解話破談”の顛末

竹「神戸には行ってる? 井上さん(井上邦雄・神戸山口組組長)とは話できる?」 浪「行ってるし、話できるよ」 竹「実はこないだ織田さん(絆誠=神戸・若頭代行)がうちの高木(康男=6代目・若頭補佐)に会い、(6代目山口組に)戻りたいと言ってる」 浪「それ、何かの間違いじゃないの。神戸は腹くくってるよ」 竹「いや、高木に会い、そういう旨を言っている。しかし、分裂前に6代…

全てを語る織田絆誠若頭代行(右は6代目山口組の司忍組長)

溝口敦の「斬り込み時評」

神戸山口組大幹部が激白 6代目との和解「決裂」の全真相

山口組6代目の司忍組長(左)と神戸山口組の井上邦雄組長

神戸系幹部射殺の裏で 幻に終わった山口組“電撃和解交渉”

6代目の司忍(篠田建市)組長はトップの『総裁』に就任してもらい、神戸の井上邦雄組長がナンバー2の若頭に就く。7代目組長は不在にするというものです。しかし、山口組に総裁というポストはない。6代目側は司忍が単なるお飾りに祭り上げられると捉え、『ふざけるな』と要求を蹴った。結局、会談は決裂、電撃和解は“幻”に終わったそうです」(関係者) その意趣返しとして、6代目側が神戸…

司忍6代目山口組組長(左)と井上邦雄神戸山口組組長/

新・政官業研究「警察vs山口組」編

6代目と神戸山口組 流れ始めた電撃和解説

つまり山広は4代目組長との親子盃を交わしてへんまま、新しい組を旗揚げしとるから、戻りようがないけど、今度のケースは違う」(関西の元指定暴力団幹部) ■警察は痛しかゆし… 神戸山口組を結成した井上邦雄らは篠田が6代目組長を襲名した折、いったん親分子分の縁を結んでいる。そこが大きな違いなのだとか。 「このままやと、親と子の殺し合いになる。ワシらの世界ではやっぱり道理が通…

6代目山口組の司忍組長(左)と神戸山口組の井上邦雄組長

激化する山口組抗争 “6代目vs神戸”現役組員が紙上で激突

処分された2人とも親分(井上邦雄組長)が兄弟付き合いしとるから、相談くらいは乗るやろ。 A そちらさんはいつもその手だね。大騒ぎになった東京会合(注5)を台東区の浪川会事務所で開いたときも、“浪川政浩会長と井上組長の個人的な付き合い”だろ。 B 義を見てせざるは勇なきなり。男と男の絆と言ってほしい。 C 浪川会長は、熊本大地震で被災した地元組織にも物資を支援している…

神戸山口組の井上邦雄組長

溝口敦の「斬り込み時評」

熊本の炊き出しにみる暴力団の組織原理の変化

同会の清崎達也会長は神戸山口組・井上邦雄組長の秘書でもあり、組長との間の連絡は濃い。それもあるのだろうが、熊本地震の発生直後から神戸山口組は毎日、傘下団体を動かし、支援物資を集め、被災地に運び込み、配布している。 が、組織からは「目立つな、やるならこそこそやれ」と指令が出ているという。 「知られれば、どうせ『売名行為』だと言われるに決まっている。警察も支援を知れば、…

井上神戸山口組組長

新・政官業研究「警察vs山口組」編

神戸側が浪川会事務所で開いた“勉強会”の中身とは

=敬称略…

神戸山口組組長の井上邦雄(左)と6代目山口組組長の司忍

溝口敦の「斬り込み時評」

分裂山口組 両組長の故郷は大分なのに…

今の『音なし』状態は警察にとっては必ずしもよくない」 ところで6代目山口組の司忍組長も、神戸山口組の井上邦雄組長も大分の出身である。司組長は県立水産高校の卒業、井上組長は県立大分舞鶴高校を中退と伝えられる。 今回の地震は震源が熊本から始まり、その後、東に移動して大分方面にも被害が広がっている。果たして両山口組は支援活動に取り組めるのか。5代目時代には、阪神・淡路大震…

29日、台東区三筋でも緊迫

異例の事態 6代目山口組・司忍組長“緊急上京”情報のウラ

どうやら、6代目山口組の司忍組長と神戸山口組の井上邦雄組長の“両トップ”が近々、上京するからのようだ。 「29日の台東区での会合は神戸山口組の幹部が友好団体の組長に挨拶するのが主な目的でした。井上組長も直々に挨拶回りに訪れるといわれています」(捜査関係者) それにしても異例なのが司忍組長の動きだ。山口組総本部に君臨している“ドン”がわざわざ上京するのは、よほどのこと…

None

神戸山口組も「指定」へ 懸念される暴力団の“マフィア化”

22日は兵庫県公安委員会が神戸系の中核組織・山健組の井上邦雄組長の意見聴取を行う予定だったが、井上組長は欠席。指定暴力団の認定は間違いない状況だ。こうしたことから「両派がマフィア化する」という声が強まっている。 ■6代目山口組「親睦会」に警察200人出動 22日、東京・台東区で動きがあった。6代目山口組系団体が月に一度開いている「親睦会」が開催されたのだ。参加したの…

山口組6代目司忍組長

山口組抗争激化で衝撃情報…動き始めた6代目の“極秘部隊”

6代目山口組の司忍組長は74歳で、神戸山口組の井上邦雄組長も67歳。誰かを殺って責任がトップに及べば、死ぬまでムショ暮らしになる可能性が高い。となれば、どこに所属しているか分からない『チャイナマフィア』を使うことも十分考えられます」 空気はパンパンに膨らんでいる。はじけるのはいつなのか。…

まさに一触即発

山口組対策で警察が緊急会議 「抗争」認定でドンパチ拍車も

神戸山口組を指定暴力団にする手続きを進める一方で、今月22日には同組織の井上邦雄組長から意見聴取を行う予定だ。 一連の抗争については今後さらにエスカレートすると予測する専門家もいる。山口組と神戸山口組が互いに相手のトップを狙撃するのではないかとの見方も出て、対立抗争の深刻さが強調されてきている。 1985年に山口組と一和会の分裂抗争が起きた際は、2年間で死者25人、…

「餃子の王将」社長射殺事件の現場

溝口敦の「斬り込み時評」

「王将」を殺った暴力団にあって山口組にないもの

古川組長は井上邦雄組長ら神戸山口組の首脳部に面談し、「向こうは監視されてるようで息が詰まった。これでようやくほっとしました」と感想を漏らしたものの、緻密さも見せた。 自分のところの組員が6代目山口組の総本部に当番で詰めている。向こうの人質になるとうまくないので、組員が当番を終える午後4時以降に正式加入したいと希望し、その通りに運ばれたという。 古川組といえば名が通…

None

「神戸山口組」の拠点に 淡路島はシチリアになってしまうのか

新組織では山健組の井上邦雄組長がトップになることが決まっている。山健組の本部は神戸市にある上、「神戸山口組」を名乗るにもかかわらず、なぜ、淡路島に拠点を置くのか。 「従来の山口組の本部は神戸市にある。今、拠点を神戸市に置けば、2つの拠点が神戸市に存在することになり、大義名分が立たない。神戸山口組としては、とりあえず淡路島に拠点を置くが、近い将来、神戸市を明け渡せよ…

None

山口組分裂 血の抗争の行方

緊急リポート「神戸山口組」これが人事一覧と掟だ

神戸山口組の組長は事前予想通り井上邦雄(山健組組長)。若頭は寺岡修(侠友会、淡路市)、若頭補佐・剣柾和(黒誠会会長、大阪市)、同・織田絆誠(今回、山健組から抜擢)とされる。 副組長・入江禎(宅見組組長、大阪)、総本部長・正木年男(正木組組長、福井県敦賀市)、本部長・毛利善長(毛利組組長、吹田市)、舎弟頭・池田孝志(池田組組長、岡山市)、舎弟・岡本久男(松下組組長、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事