日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「内田有紀 映画」に関する記事

「言の葉の庭」

前田有一氏が厳選 “クリぼっち”に贈る新旧映画大特集

「ばかもの」(10年、日)はそんな彼の主演映画で、内田有紀演じる年上女性相手の童貞喪失シーンなど体当たりの演技が見どころ。とくに彼女と別れたせいで酒におぼれて中毒となり、人生を台無しにする姿は今となっては真に迫るものがある。終盤、2人が再会した後の展開は衝撃的で、ドラマ自体も大傑作の部類に入る。 最後の最後に世間を騒がせたのはホリエモンと女装男子・大島薫のカップル誕…

事務所の先輩にも劣らぬ活躍ぶり

ブレーク夜明け前 あのCM美女の正体

演技力で評価急騰 吉本実憂は剛力彩芽&武井咲に続けるか

同ドラマはこれまで何度も映画・ドラマ化され、原田知世、仲里依紗、南野陽子、内田有紀、安倍なつみなど、そうそうたるアイドルが出演してきたスター登竜門。 「美少女なだけでなく、演技もできると、吉本の評価は高まっている。主役ではありませんが、未来から来た女性研究員という原作にない重要な役柄に起用されるのは、製作側がどうしてもこのドラマに吉本を出したかったからだと思われます…

自身のガードは完璧

映画でパパラッチ役の福山雅治 普段の“隠密行動”どう反映?

結婚前は内田有紀、白石美帆、小西真奈美らと浮名を流したが、あくまで噂レベル。決してツーショットを撮らせていない。デートは自宅マンションか個室のある店に限定。吹石との行動にもかなり気を付けているようで、結婚後初ツーショットを狙っているメディアは多いが、ガードは鉄壁です」(週刊誌記者) その警戒ぶりは1人の時も、決して怠らない。 「自宅の近所の銀行に行く時でさえ車に乗り…

バラエティーにもせっせと出演

共演者も恐れる“怪女優” 高畑淳子は1年先まで仕事びっしり

高畑に食われていると評判なのは連ドラ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)で主役を演じる広末涼子と内田有紀。 「高畑は謎の中国人女性の役ですが、その芸達者ぶりにネットに“チャイニーズ淳子”とスレが立つほど盛り上がっている。ドラマの筋より高畑目当ての視聴者がいると話題になっています」(制作関係者) 視聴率が好調なNHK大河ドラマ「真田丸」も同様だ。高畑は真田昌幸(草刈正…

妻役の内田有紀にやりたい放題

「ナオミとカナコ」でDV夫役 “熱血漢”脱いだ佐藤隆太の評価

本作は、直美(広末涼子)が半年ぶりに大学時代の親友、加奈子(内田有紀)に再会。加奈子がエリート銀行員である夫の達郎(佐藤)から激しいDVを受けていることを知り、達郎の殺害計画を立てるというストーリー。視聴率こそ1桁続きで伸び悩んでいるが、日本に不法滞在中の中国人という1人2役を演じる佐藤の怪演に注目が集まっている。 佐藤といえば、代表作「池袋ウエストゲートパーク」「…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事