日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

世田谷区の関連ニュース

保坂展人世田谷区長

注目の人 直撃インタビュー

保坂展人・世田谷区長が指摘「都構想より『区』の権限強化を」

その際、反対の論陣を張ったのがこの人、東京・世田谷区長の保坂展人氏(59)だ。国会の「質問王」から世田谷区長になり2期目。橋下は「東京都の23区が理想」と言ったが、「それは違う」と切り捨てた。だとしたら、理想の地方自治の形態とはどういうものなのか聞いてみた。 ――大阪の住民投票の結果は良かったと? そうですね。強大な権限がある政令市である大阪市を解体して、特別区を目…

民進が1議席滑り込みか(毎朝駅頭に立つ山口候補)

vs.小池新党 都議選バトルの行方

【世田谷区】自民苦戦 都民ファーストの“リケジョ”に勢い

世田谷区】(定数8) ○三宅 茂樹 67 自現 △大場 康宣 69 自現 △小松 大祐 39 自現 ○栗林のり子 62 公現 △山口 拓 44 民元 △関口 太一 41 民元 ○里吉 ゆみ 49 共現 稗島 進 39 維新 桜井 純子 53 社新 △岡本 京子 59 ネ新 ○福島理恵子 46 都新 無党派層が多い世田谷区は、選挙全体の傾向をそのまま反映する“指標区…

写真はイメージ

大モメ杉並区を救うか 「国家公務員宿舎跡地」に保育園を

「待機児童全国ワースト」の世田谷区だ。 「復興財源捻出のため、財務省が廃止を打ち出した『国家公務員宿舎』跡地に、保育園を建てさせてもらう案です。財務省に賃借できるよう掛け合い、6カ所の保育園をオープンしました。さらに5カ所でも計画中です」(世田谷区役所) 財務省は世間の厚遇批判もあって、全国に約1万棟ある国家公務員宿舎のうち、約5000カ所を廃止する方針。すでに20…

写真はイメージ

2017年激変 サラリーマンの暮らし

待機児童 「保育園落ちた日本死ね」はもうすぐ解決

中でも東京都が8466人と飛び抜けて多く、全国ワーストも世田谷区の1198人だった。 その世田谷区では、急ピッチで保育園が建設されている。すでに今年度中に1万5934人だった保育定員数を2086人増やして1万8020人としたほか、来年度はさらに1524人増やし、2019年には定員数を2万1584人まで確保する計画だ。 ただ、同区の人口は2021年から減少すると予想さ…

軒先に「開設反対!!」の横断幕が揚げられていた

待機児童300万人 なぜ保育園に入れない

周辺住民が拒絶も 知られざる新規開設“反対運動”

本紙記者が、東京都内「ワースト1」の1182人の待機児童を抱える世田谷区内の新設予定地2カ所を歩いた。 1カ所目は、東急東横線田園調布駅から徒歩約15分に位置する東玉川の新設予定地。現在は更地だが、定員60人の認可保育所が2017年4月に開園予定だ。瀟洒な邸宅に囲まれ、辺りは物音ひとつない静寂に包まれている。そんな中、異彩を放つのが、周辺の10軒程度の家屋の塀に掲げ…

狭山丘陵の西側、圧倒的に緑が多い

「プチ移住」ここがお得!

東京都瑞穂町 国民健康保険料は世田谷区より年間4万円安い

平均的な年金収入(厚生年金・夫婦で22万1504円=16年度の新規裁定者)の家庭でみてみると、世田谷区の住人の保険料は年間約11万2000円(23区内は一律)なのに対し、瑞穂町は約7万1000円。つまり、同じ都民でありながら保険料が4万1000円も安い(ただし、2年後に制度改定)。 その理由は、瑞穂町は財政が豊かで「1人当たり補助金が全国平均の1万円を大きく上回る5…

自衛隊中央病院救急科の竹島茂人部長

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【救急医療】自衛隊中央病院救急科(東京都世田谷区)

特に力を入れているのは、2次医療圏(目黒区、渋谷区、世田谷区など)の救急対応だ。 これまで年間300~500台だった救急車受け入れ台数は、昨年は2000台を超え、今年も昨年を大きく上回る台数を受け入れている。1年半前に自衛隊阪神病院副院長から赴任してきた同科の竹島茂人部長(顔写真)が言う。 「救急車の受け入れ台数が少なかったのは、それまで当科担当の常勤医師が1人しか…

東京地裁に提訴して会見を行った定松夫妻

日本スポーツ“殺人指導”の実態

組体操練習中に頭部と背中を強打 担任教諭に放置されたA君は車いす生活に

3年前の14年4月14日、場所は世田谷区立武蔵丘小の体育館。運動会の組体操練習中だった。定松佳輝・啓子さん夫妻の次男、6年生のA君は、倒立の際に相手児童が受け取れずに転倒。頭部と背中を強打したが、担任教諭は「1回目の練習からケガするのはおかしいよな」と言うだけで、適切な救急措置を怠った。 「次男は5年生の秋の移動教室の際、中耳炎をこじらせて乳突洞炎になり、医師から…

下北沢病院・足病総合センターの菊池守院長

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【足の傷や痛み】下北沢病院・足病総合センター(東京都世田谷区)

◆医師数=7人(整形外科医1人、形成外科医2人、血管外科1人、循環器内科医1人、糖尿病内科医1人、リウマチ科医1人) ◆月間初診患者数=平均500人 ◆病床数=一般病床31床、回復期22床…

歴代3知事に住民監査請求

注目の人 直撃インタビュー

元都議の後藤雄一氏 「豊洲問題は都の隠蔽体質の集大成」

東京・世田谷区で40年近く続くパン屋を営みながら、オンブズマンとして活動。「行革110番」の会派名で都議を2期(2001~09年)務め、都庁の役人から恐れられていた。都が抱える“病巣”を最もよく知る人物のひとり。洗いざらい語ってもらった。 ■都庁で続く「どうせバレやしない」 ――豊洲の“消えた盛り土”問題について、どうみていますか。 今回の一件は、起こって当たり前で…

4月スタート! 「電力自由化」に取り遅れるな

最もお得なのはどこ? 「新電力会社」を徹底比較

今回の対象である世田谷区、調布市、東村山市、横浜市のどの地域でもナンバーワンの安さで、世田谷区住民の年間節約額は3591円だ。ただし、電力供給日から1年間の契約期間中に中途解約すると、違約金9000円(税別)がかかるので注意が必要。 2位は「東燃ゼネラル石油」と「イーレックス」が拮抗。東燃ゼネラルの家庭向け電力の発売エリアは今のところ東京電力管内のみだが、近日中に中…

逮捕された高橋健一容疑者

“制服ドロ” キンコメ高橋を犯行に走らせた変態的な内向性

高橋容疑者は今年4月に世田谷区の都立高校に侵入。体育館の更衣室から女子高生の制服を盗み出した。取り調べに「20年前からやっていた」と供述。警察は高橋容疑者の自宅から女子高生の制服や下着など600点が入った大型ゴミ袋70個を押収した。 「高橋容疑者は“人がいない休日を狙った”と言うほどの常習者。世田谷区の高校に入ったときは顔をサングラスとマスクで隠して正門から侵入。大…

人気住宅地のウソ

【二子玉川】“格付け”が好きな街?

東急田園都市線の「二子玉川」が最寄り駅で、東京都世田谷区に位置する。「ニコタマ」という呼び名があるが、これは近年生まれたもの。もともとの世田谷区民は「フタゴ」と呼んでいた。「ニコタマ」はあえてお下品な要素を加えて、面白がっているのだろう。 東急田園都市線が新玉川線と田園都市線に分かれ、さらに全線開通する前までは、駅周辺は寂しかった。その頃からあるショッピングセンター…

None

愛車は国産ミニバン ノーベル賞・大村教授の質素すぎる生活

北里大の関係者は東京都世田谷区に足を向けて寝られないだろう。 ノーベル医学・生理学賞を受賞した同大の大村智特別栄誉教授(80)は、「自分が食べるだけで十分」と、特許料で得た計約250億円のほとんどを北里研究所の“再建”に回していたという。 その額と比べたら、私生活は質素だ。長女と2人で住んでいるという大村氏の世田谷区の自宅は、敷地約261平方メートルで「土地は1億2…

タレントが通う店 やってる店

ユーミンを虜にしたネパール料理の店「マウントフィッシュテール」

彼女が10年以上も通い続けているという店が、世田谷区にあるネパール料理の店「マウントフィッシュテール」だ。 場所は成城学園前駅から15分ほど歩いた世田谷通り沿い。店内のインテリアはネパール一色で、異国情緒たっぷり。スタッフも全員がネパール人で、まるでアジアのリゾートを訪れたかのような気分で本場の料理を堪能できる。 駅からのアクセスはあまり良くないが、わざわざ遠方から…

絶大な人気を誇るひれカツ定食

タレントが通う店 やってる店

五木ひろしも大好物! 老舗「とんかつミカド」のヒレカツ定食

デビュー以来、数々のヒット曲を飛ばしてきた歌謡界の大御所が愛してやまないのが世田谷区奥沢にある老舗「とんかつミカド」だ。 場所は東急目黒線の奥沢駅から5分ほど歩いた閑静な住宅街。昭和14年の創業以来、地元で親しまれてきた。現在は2代目店主が切り盛りしている。店内には俳優、スポーツ選手、歌手、作家など著名人のサインがズラリ! そんな大物たちの舌を魅了してきた最大の理由…

写真はイメージ

患者に聞け

【ピロリ菌】 除去が不十分だと再感染するケースも

昨年の秋、東京・世田谷区に住む団体役員、渡辺惣一さん(仮名、59歳)は、勤め先に10日間の欠勤願を出し、愛知県の実家に帰郷した。 目的は年老いた母親の入院見舞いだった。 「幸い母親の病気はたいしたことはありませんでした。それよりも心配だったのは自分自身の方で、1カ月ほど前から食事が進まないなど、体の調子がどうもおかしかった。この際、精密検査を受診してみようと名古屋市…

(C)日刊ゲンダイ

江戸東京 町歩き

梅を見に

世田谷区の赤堤や松原の街を時計回りに曲がりくねり、梅まつり開催中の羽根木公園に向かうことにした。 静かな住宅街に、突然裸婦の像。この家の住人の持ち物なのだろうか。視線の先を変えれば、よく残っていたなぁーと思わせる歴史を感じる建物。そっとのぞくと、建物と建物の間に細い抜け道のようなものがあった。東京の東の方に行くと、こういう風景はよく見られるが、世田谷の赤堤では珍しい…

None

看護師逮捕 周囲に必ずいる「演技性人格障害」の特徴

入院患者に大量のインスリンを投与した東京都世田谷区の看護師、高柳愛果容疑者(25=傷害容疑で逮捕)。どうやら自分の評価を高めるための犯行だったようだ。 高柳容疑者は今年4月、勤務先である世田谷区の日産厚生会玉川病院に入院していた91歳女性に、3回にわたってインスリンを大量投与し、低血糖状態にした疑いで捕まった。「高柳容疑者は女性の容体が急変するたび、医師の診断も仰が…

「かれーパン」もオススメ/(C)日刊ゲンダイ

タレントが通う店 やってる店

京本政樹が長年、ひいきにしている“壺焼きカレー”の「ビストロ喜楽亭」

「ビストロ喜楽亭」は世田谷区池尻で30年以上も営業している洋食レストラン。“壺焼き”という独自のスタイルのカレーが人気で、これまで多くの芸能人、著名人に親しまれてきた。「もともとは、お酒を飲んだ後のシメに食べられる、優しい味わいのカレーというのが創業当時のコンセプトなんです」とはオーナーの大久保富美子さん。 カレーのベースとなるブイヨンソースは、3日間かけてじっく…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事