日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

益城町の関連ニュース

None

【あすにつづく…らしいです】タイから強制送還 62歳貢ぎ女 男たらしの猛毒

出資法違反容疑で熊本県警から国際手配されていた同県益城町出身の山辺節子容疑者(62)が19日、タイから日本へ強制送還され、逮捕された。 地元住民らによると、節子は高校時代から男関係が派手で、卒業後は地元の病院で事務職をしていた。結婚して1男1女をもうけたが、程なくして離婚し、熊本市内でスナックを始めた。かつての常連客が言う。 「節子の色仕掛けは特殊で、美人ではなかっ…

None

62歳貢女 タイで逮捕され浮上した熊本益城町議4年前の怪死

ちょうど1年前、地震で大きな被害に見舞われた熊本県益城町。人口3万4000人のその町で、4年前に死亡した町会議員Aさん(当時58歳)をめぐって、ある疑惑が浮上している。 きっかけは先月30日、熊本県警から7億円に上る出資法違反容疑で国際手配されていた、同町出身の山辺節子容疑者(62)がタイ警察に逮捕されたこと。それを皮切りに、節子のえげつない過去が次々と明らかになっ…

他人のカネで男漁り…

タイで逮捕62歳貢ぎ女 故郷には1億円“姫御殿”と捨てた母

7億円以上を違法に集金して国際手配され、潜伏先のタイで逮捕された熊本県益城町出身の山辺節子容疑者(62)。 「昨年夏ごろにタイのホストクラブで知り合った31歳のタイ人男性に『夫婦として2年間暮らしてくれたら1000万バーツ(約3200万円)あげる』と持ちかけ、土地と豪邸を買い与えて“囲って”いましたが、それ以前はフィリピン人男性に入れ揚げ、ビル1棟を貢いだそうです」…

井原裕教授(独協医科大学越谷病院こころの診療科)

薬に頼らないこころの健康法Q&A

「震災ボランティア」は日本再発見のまたとない好機

ボランティアの方々の多くは、「熊本」「阿蘇」「湯布院」といったビッグネームは知っていても、「益城町」や「西原村」といった地名は、初めて知ったことでしょう。震災当時のテレビの画面にはがけ崩れの悲惨さが何度も映し出されましたが、その背景には緑の稜線と穏やかな谷が連綿とつらなり、震災前はさぞや美しい土地であっただろうと思わされます。ついでに益城町について調べてみた人もい…

各自治体ごとに特色がある

行かずにやれる熊本・大分支援

ふるさと納税で特産品を受け取るのも復興に役立つ

益城町のように、ふるさと納税の制度はあっても、今は災害情報モードになっていてホームページからも情報を見られない自治体もあります。もう少し落ち着いてくれば、3・11で被災した東北の自治体のように、枠組みがつくられていくと思います」 ふるさと納税には、特産品などの“お返し”がつきものだ。これを受け取るのも、復興に役立つ。 「たとえば熊本県のふるさと納税では、1万円以…

倒壊した益城町の民家

演歌と母と介護と

坂本冬美さんからのメールで故郷の地震を知った

ただ、益城町を中心にかなり被害が出て、避難生活をしている人も多いというから心配で。益城町の近隣に友人がいるので電話をしたら、被害はなかったとのこと。熊本市内の会社を経営している方にも電話したら「後片付けが大変」と嘆いていました。 私のところにもいろんな方が連絡をくださいました。天童よしみさんに「私、地方にいるんだけど、大丈夫、何かあったら、すぐ言って」と連絡いただ…

重い瓦屋根は危ない

2016年版 震災生活防衛術

旧耐震基準木造でも生き残った住宅の秘密

「赤紙が張られたら、もうこの家には住めないってことだろ……」 震度7のダブル地震を受けた熊本県益城町では、玄関に張られた赤紙を見てうなだれる人がいた。 「赤紙」は、被災地で建物の倒壊リスクなどを調べる応急危険度判定士が下したレッドカード。結果の下には「この建物に立ち入ることは危険です。立ち入る場合は専門家に相談して、応急措置を行った後にしてください」と書かれている。…

安倍首相

巻頭特集

お呼びじゃない! 安倍首相の被災地訪問パフォーマンス

益城町の体育館に避難している600人は、飲み水を確保するのが精いっぱいな一方、同じ益城町の避難所「グランメッセ熊本」には十分に水があるのに、2リットル入りのペットボトルが2000本も届き、避難者は困惑しているという。とくに、安倍政権が「プッシュ型」と称して、被災者の要望も聞かず、テキトーに物資を送っていることが、混乱を拡大させているという。モノを届けられた現場は「…

避難所で不安な日々を送る住民

熊本では“食料争奪戦” 住民に募る焦りと不満を現地ルポ

歓楽街から人が消えたのを初めて見ました」(熊本市の40代男性) 今回の大地震について東京のメディアは、震源地である益城町や南阿蘇村の被害を中心に伝えているが、九州で2番目の大きさを誇る歓楽街がある熊本市の被害も想像以上だった。日刊ゲンダイ本紙は「本震」が起きた16日(土)、福岡県から車で現地に向かった――。 ◇ ◇ ◇ 午後6時半ごろ、多くの犠牲者を出した益城町に着…

阿蘇山火口付近

相次ぐ地震と関連か 阿蘇山「小規模噴火」で100M噴煙も

熊本県によると、益城町で7人、西原村では3人が倒壊した家屋のガレキなどの下敷きになり、生き埋めになっている。また、南阿蘇村の東海大阿蘇キャンパス近くの学生向けアパート5棟で、1階部分が崩壊。11人が生き埋めになった。消防の救助活動が続けられているが、押しつぶされた部屋からは、助けを求める声も聞こえるという。 さらに、益城町の特別養護老人ホーム「ひろやす荘」では66人…

自衛隊が派遣された(写真は東日本大震災当時)

熊本城崩落…九州初の「震度7」 9人死亡、負傷者1000人超

熊本県益城町で最大震度7を観測した地震による被害は、時間を追うごとに深刻さを増している。 防衛省や熊本県などによると、これまでに20~90代の男女9人の死亡が確認された。警察庁によると、倒壊家屋の下敷きになった犠牲者は8人で、残る1人は自宅内で転倒して亡くなった。死因を明らかにした4人のうち、窒息死が3人、外傷性ショック死が1人だった。 県内のケガ人は1000人を超…

None

その日その瞬間

スザンヌ

地震は4月14日21時26分の前震と、16日深夜1時25分に発生した本震があって、震源地の益城町はともに震度7。私が住んでる熊本市内は震度6弱と6強でした。 両方とも仕事で福岡にいる時に発生し、熊本に帰ったのが17日。その日は朝8時に友人の車で福岡を出ましたが、高速道路も一般道も大渋滞。普段は1時間半ほどなのに、家族が避難していた中学の体育館に到着したのは、7時間…

None

2017年上半期 アノ事件&騒動の今

ガレージには銃痕 タイ62歳貢ぎ女の自宅「姫御殿」は今

None

MCコメンテーターの診断書

辛坊治郎 不可 興味・関心あるテーマに偏りあり

熊本城の復旧状態、益城町にある自宅の再建を諦めた男性などの1年を追っていたが、報告のみで辛坊、コメンテーター陣の発言はなし。 安倍政権や軍事・外交がテーマだと熱くなるが、事件や事故への興味・関心が低い。辛坊のキャラクターが改めて浮かび上がった放送だった。…

None

62歳貢ぎ女 優秀な息子までダシにした腹黒集金テク

同県益城町出身の節子は高校時代から男をとっかえひっかえ。駆け落ちして父親に連れ戻されたこともあるという。そのために留年し、卒業まで4年かかった。20歳のころ、自動車関連の会社で労組の仕事をしていた男性と結婚。長男と長女を産むが、派手な男関係が原因で離婚し、熊本市内でスナックをやりながら人脈を広げていった。 「男にうつつを抜かし、子どものことなど放ったらかし。父母参…

None

不作為総理の空っぽの力説

町内の98%の家が被害を受けた益城町の担当者がこう言う。 「町の一般会計の予算規模が約100億円なのに対し、復興費用総額は約282億円。実に3倍の負担になります。何らかの形で国の財政支援がなければ町の財政はたちまち破綻してしまいます」(企画財政課) 安倍は福島でも「被災地の心に寄り添う現場主義」とか「国が前面に立って、国の責任において、福島の再生に取り組んでまいりま…

None

タイで逮捕62歳サギ女 熊本の知人が明かす“狂った男遍歴”

「40歳そこそこの息子さんがいるのにねえ」と、熊本・益城町の住民はアキれている。出資法違反容疑で同県警に国際手配され、3月30日、タイ警察に入管法違反容疑で逮捕された同町出身の山辺節子容疑者(62)。 元本保証と高利回りをうたい、東京・港区の男性ら数十人から計7億円以上をかき集めたとみられており、そのカネの一部を、昨年夏ごろに知り合った31歳で“細マッチョ”のタイ人…

インプレスR&Dの井芹昌信社長

社長の本棚

【インプレスR&D】井芹昌信社長

井芹さんは、熊本県益城町の出身。そう、4月の熊本地震で最も揺れの激しかった場所だ。自身も帰省中に被災した。 「4月14日の木曜日に発生した熊本地震の前震で自宅がしっちゃかめっちゃかになり、高齢で体調の思わしくない両親をサポートするため週末を利用して帰省中でした。ところが、16日の土曜未明、寝ていたところ、ガサーン、ガサーンと、揺れるというより、家ごと引き裂かれるよ…

阿部広美は知名度がイマイチ

7.10参院選 全選挙区「当落予想」

【熊本】現職vs野党統一候補も地震で選挙どころじゃない

熊本地震の被害が大きかった益城町や南阿蘇村を中心に投票できるかすら心配されているのだ。 「建物が半壊するなどして、投票場所の確保に難儀している地域もあります。仮設の投票所をつくったり、数を減らしながら対応する予定です」(熊本県選挙管理委員会) 投票率の低下が危ぶまれるだけに、組織票のある自民現職の松村が優勢。ただ、今年に入り、松村は政治資金疑惑で市民団体に告発され、…

膳場アナの現場リポートに期待

斬り取り 報道・情報番組この1本

TBS「報道特集」が示す ニュースに向き合う“報道の基本”

先月23日は熊本地震で最大の被害を受けた益城町から金平がリポートした。物資支援の空白地帯になっている集落で、自らSNSを活用して必要な物資を集め地域に配っている女性の話などが報じられたが、肝は2つ。 鹿児島・川内原発に影響はないのか、政府の激甚災害指定がなぜ遅れているのか――。多くの報道・情報番組がスルーしているテーマ。番組では「今のところ止める必要はない。想定外…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事