日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「西田敏行 現在」に関する記事

None

「ドクターX」で西田敏行の美人秘書 笛木優子の“遅咲きの色香”

おかげで、笛木さんの色気に代表される、日本酒ならではの深い世界観をCMで描くことができました」 現在、ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」(テレビ朝日)で、西田敏行(65)扮する外科統括部長の秘書兼愛人を好演。夏に放送された「町医者ジャンボ!!」(日本テレビ)でも外科院長の愛人になる医療ジャーナリスト役。愛人役には“縁”がある。 アイドル評論家の北川昌弘氏はこう…

若い俳優を見て羨むことも

秀吉の次は総理役…小日向文世が漏らした“寂しさ”の理由

秀吉役はこれまで、古くは勝新太郎さん、緒形拳さん、西田敏行さん、竹中直人さんなど、そうそうたる大俳優が演じてきました。僕が所属していた劇団オンシアター自由劇場からも柄本明さんや笹野高史さんが秀吉を演じています。ところが僕はこれまで、緒形さんの秀吉しか見たことがなかったんです。秀吉役はベテラン俳優さんがやるものだと他人事のようにしていたら、自分が演じることになるとは…

来年は「ドクターX」最新作も決定か

離婚問題も決着へ 米倉涼子“視聴率女王”に本格カムバック

この日は共演者の西田敏行(68)や財前直見(49)らも登壇し、終始リラックスした様子が印象的だった。今夏に行われた撮影では「保冷剤を脇にあてたり、ウィッグの中に忍ばせたり」と、暑さ対策のエピソードも披露。さらに16年の抱負を聞かれるとフリップに「動」の一字をデカデカと書き、こう語ったのだった。 「動(ドウ)よって感じ。いろいろ活動して、いろいろ感動したいですね。今…

「真田丸」の脚本を手がけた三谷幸喜氏

小日向文世「秀吉から総理大臣へ」

秀吉役はベテラン俳優がやるものだと思っていた

秀吉役はこれまで、古くは勝新太郎さん、緒形拳さん、西田敏行さん、竹中直人さんなど、そうそうたる大俳優が演じてきました。僕が所属していた劇団オンシアター自由劇場からも柄本明さんや笹野高史さんが秀吉を演じています。ところが僕はこれまで、緒形さんの秀吉しか見たことがなかったんです。秀吉役はベテラン俳優さんがやるものだと他人事のようにしていたら、自分が演じることになるとは…

広野小学校敷地内に建設中の寮

渾身ルポ 原発禍の街を行く

新設「ふたば未来学園」を見る住民の目

列挙すると、安藤忠雄(建築家)、乙武洋匡(作家)、為末大、潮田玲子(ともに元五輪選手)、山崎直子(宇宙飛行士)、平田オリザ(劇作家)、西田敏行(俳優)、林修(塾講師)、秋元康(作詞家)……。総勢17人の有名人が名を連ね、年間最大100時間ほど支援する。 初年度の今回の入試には、120人の募集定員を上回る152人が出願し、全員が合格。建設中の寮で生活し、勉学に励むこと…

加藤茶、伊藤蘭と久々共演

志村けんブーム再燃の裏にある“本物芸人”不在とTV界の焦り

西田敏行や伊藤蘭らも出演する期待の番組だ。 ちょっと前には同じくNHK─BSプレミアムの「これがホントのニッポン芸能史」でビートたけし、所ジョージらと熱いトークをかわした。現在の志村のレギュラー番組といえば、「志村座」(フジテレビ系)と「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)ぐらいだが、ここにきて急に活躍の場が増えたのはなぜなのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 …

ほんわかコンビ/(C)日刊ゲンダイ

週末夕方に15%高視聴率 「人生の楽園」人気の秘密は?

いかりやの後を西田敏行、伊藤の後を菊池桃子が引き継ぎ、現在に至る。視聴者に語りかけるような味のあるナレーションが番組を盛り上げる。 土曜18時台は天気によっても季節によっても在宅率が左右される。しかし、「人生の楽園」は常時10~12%、時には15%の視聴率を獲得する隠れた名番組で、最近では視聴率の週間ランキングにも顔を出すほど。 ■西田&桃子のほんわかコンビに注目 …

None

「ドクターX」に半沢の手法も…テレ朝“シリーズ軍団”の強みと進化

外科統括部長に西田敏行。映画「釣りバカ日誌」の浜ちゃんもいいが、西田はアクの強いヒール役も実にうまい。そして内科統括部長は三田佳子だ。現在72歳の三田が58歳の敏腕女医を堂々と演じている。出てくるだけで画面が豪華に見えるのはさすが大女優だ。 次期院長の座をめぐって対立するこの2人。いわばハブとマングースの戦いだが、その暗闘が激しいほど、「私、失敗しないので」とマイペ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事