日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「菊池桃子 長女」に関する記事

あの清純派アイドルが今や教授

文化人ママドル菊池桃子「1億総活躍」民間議員までの道のり

「1億総活躍社会」の実現に向けた具体策を議論する「国民会議」の民間議員に、タレントの菊池桃子(47)が選出された。これに対して自身のブログで「偏らず、多様な意見が存在することを意識して意見交換をしていきたい」と抱負をつづると、ネットユーザーから賛否両論が湧き上がった。「頑張って」というエールに交じり、「安倍首相に利用されるのでは」と危惧する声も多い。 2012年にプ…

左から澤穂希、菊池桃子、知花くらら、原辰徳

菊池桃子、原前監督も…始まった参院選タレント候補争奪戦

東京選挙区の2人目の可能性もあります」(自民党関係者) もうひとり、官邸が声を掛けそうなのが、菊池桃子(47)だ。長女に障害があることを最近公表。「1億総活躍国民会議」の民間議員として障害者の雇用対策を提言していた。大学の客員教授の肩書もある。本人さえその気になれば、自民党の比例の目玉候補になるのは間違いない。 「巨人の原辰徳前監督(57)もあります。シーズン途中の…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

菊池桃子 プロゴルファー西川哲との電撃入籍

■1995年5月 84年、15歳でアイドルとして歌手デビュー、女優に転向後も、ドラマにCMにと活躍した菊池桃子。デビュー以来、男性スキャンダルは報じられていなかったが、10周年となる94年春に、菊池の自宅からゴルフトーナメントに出発するプロゴルファーの姿が写真誌にキャッチされた。 相手は五月みどりの息子、西川哲(当時25)。両親の離婚後は父親にゴルフ教育を受けて19…

元テニス日本代表の辻野隆三氏と結婚

荻野目洋子が人前結婚式 姉・慶子が「いい母」と驚く理由

1984年の歌手デビューは同期に岡田有希子、菊池桃子、吉川晃司、長山洋子らがいる輝かしい時代。頑張り屋の彼女らしく、その後の人生も自ら切り開いて幸せをつかんだのでしょう」(スポーツ紙記者) 中高年ファンも祝福しているに違いない。…

菊川怜は? 菊池桃子は? 石田純一は?(左は今井絵理子)

今井絵理子の次は? 噂の芸能人に出馬の意思を聞いてみた

菊池桃子(47)は「1億総活躍国民会議」の民間議員を務め、長女に障害があることを明かしたことから、立候補の可能性が高いとみられている。 このほか松下奈緒(31)は安倍首相の側近の元公設秘書と親戚関係のため出馬の可能性ありと囁かれている。「お・も・て・な・し」の滝川クリステル(38)や、赤十字広報特使などを務めた藤原紀香(44)、フリアナウンサーの安藤優子(57)、女…

制服姿で迎えてくれた田中久美さん

あの人は今こうしている

岡田有希子と同期 花の84年組アイドル田中久美さんの引退後

とりわけ84年デビュー組は岡田有希子、菊池桃子、長山洋子、荻野目洋子、沢口靖子らそうそうたる顔ぶれだった。本日登場の田中久美さん(47)も84年組のひとり。さて、今どうしているのか。 ■岡田有希子はクラスメートでもあった 「遠いところをご苦労さまです」 北九州空港からクルマで約40分。周防灘に面した福岡県築上町の「うえだ内科クリニック」を訪ねると、制服姿の田中さんに…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事