日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

神戸市の関連ニュース

None

「神戸山口組」の拠点に 淡路島はシチリアになってしまうのか

山健組の本部は神戸市にある上、「神戸山口組」を名乗るにもかかわらず、なぜ、淡路島に拠点を置くのか。 「従来の山口組の本部は神戸市にある。今、拠点を神戸市に置けば、2つの拠点が神戸市に存在することになり、大義名分が立たない。神戸山口組としては、とりあえず淡路島に拠点を置くが、近い将来、神戸市を明け渡せよという意味があるのではないか。あと、いざ攻め込まれたら、空からでも…

学生時代は“文武両道”

巨人ドラ1右腕・桜井の母語る「天才児秘話」と「ベンツ事件」

巨人のドラフト1位右腕・桜井俊貴(22)の父・忠俊さん(56)は兵庫県内の高校を卒業後、神戸市内に本社を構える洋菓子メーカー「ゴンチャロフ」に就職した。大正12年創業。ロシア人のマカロフ・ゴンチャロフ氏が、現在も異人館の街として有名な神戸市生田区北野町で個人経営を始めてから92年。今は「神戸発祥の高級チョコレートの老舗」として全国に100以上の店舗を展開している。忠…

None

山口組分裂 血の抗争の行方

緊急リポート「神戸山口組」これが人事一覧と掟だ

暴力団に関して数々の名著があるジャーナリストの溝口敦氏が緊急連載で渾身リポート! ■月会費は大幅減額、組長への贈り物禁止 今月5日、神戸市花隈の山健組本部に、山口組を離れた「神戸山口組」のメンバーたちが集まり、発足に向けて人事や月会費を決めた。 出席したメンバーによれば、人事は次の通りである。煩雑になるが、よそではまだ報じられていないようなので、記すことにする。 神…

山口組は神戸の復興と共に大きくなった(写真は神戸港)

新・政官業研究「警察vs山口組」編

元神戸市長と山口組 「持ちつ持たれつ」の関係

このとき休戦の仲介をしたのが稲川会会長の故・石井進と元神戸市長の中井一夫だったのは前に書いた。なぜ元神戸市長が暴力団抗争の休戦を仲裁できたのか。旧聞になるが、今回はそこをひもといてみた。 中井は1889(明治22)年11月、大阪・船場の生まれ。戦後、港町神戸をつくった人物として知られる。91年10月に101歳で亡くなるまで神戸の名誉市民だった。 東大法学部を卒業後、…

大阪市は天王地区を境に明暗が分かれる

大都市圏なんでも健康ランキング

大阪市の人口は天王寺市を境に明暗が分かれる

国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、3大都市(京都市・大阪市・神戸市)とその周辺の人口減少は緩やかに進みます。しかし、3大都市から離れるにつれて減少率がきつくなっていきます。 〈表〉は2025年の推計人口を、対2015年比でパーセント表示したものです。 トップの木津川市や7位の京田辺市は、「けいはんな学研都市」の一部として、また京都・大阪のベッドタウンとして…

司忍6代目山口組組長

新・政官業研究「警察vs山口組」編

「政官業暴」を象徴した結婚披露宴

神戸市長の中井一夫が山口組3代目組長の田岡一雄との関係から、山一抗争におけるユニバーシアード休戦の仲裁をしたのは前回に触れた。終戦後、山口組の闇市や賭場の運営に目をつぶった中井に対し、田岡自身、終生、頭が上がらなかったともいわれる。 山口組は終戦から高度経済成長期にかけ、港湾荷役と芸能興行で稼ぎ、大きくなってきた。いわば政官業に暴力団が加わり、政官業暴の4者が一体…

「伊藤グリル」の神戸ビーフシチュー

おでかけ出張コンシェルジュ

有名店のパンとコーヒーで一息 地元民が愛する“神戸食探し”

フルーツなら、神戸市二郎地区の「二郎いちご」のいちご狩り(神戸市観光園芸協会[電話]078・961・2650)が旬。果肉が軟らかく傷みやすいので、首都圏にはほぼ流通していない、隠れた逸品だ。 「うちのいちごは甘いので練乳は出しません」(神戸市観光園芸協会有野いちご部会の滑浦武志さん) 一口食べると花のような香りが鼻を抜け、爽やかな甘味がある。 この二郎いちごを使っ…

左から時計回りに「落語家と行く なにわ探検クルーズ」、「お濠めぐり」、「布引ハーブ園」、神戸観光の中国人観光客

おでかけ出張コンシェルジュ

大阪の水都めぐりと神戸の夜景

ハーブ園山頂からは神戸市内が一望できる。ロープウエー途中で見える布引の滝はパワースポットとしても注目されている。 平日10~17時、土日祝10時~20時30分。 (問)神戸布引ハーブ園ロープウェイ[電話]078・271・1160 街中なら「神戸市役所1号館24階の展望ロビー」だ。地上から100メートル、市内のビル街、神戸港、六甲山と360度、表情の異なる夜景が見られ…

西成区役所

大都市圏なんでも健康ランキング

大阪市はなぜ自殺者が多いのか?

神戸市では、下町の兵庫区がワースト5位。その隣の長田区も120.9という高い数字になっています。この辺りは神戸市の下町エリアで、とりわけ新開地周辺は、日雇い労働者や一人暮らしの老人が多く集まっており、西成区などと共通のパターンが見られます。…

神戸市役所

大都市圏なんでも健康ランキング

下町の生活習慣影響? 大阪・神戸が全国最悪のがん死地帯

実は大阪市と神戸市は、全国最悪のがん死地帯になっているのです。大阪市内の24区すべてで、がんの標準化死亡比が100を超えています(西区の104.4が最小値)。しかも半数を超える14区で、120を超えているのです。また神戸市では、長田区、兵庫区のほかに中央区で113・1という高い数字を示しています。関西圏は全体的に、肺がんと肝臓がんの数字が高くなっています。飲酒と喫煙…

西成区役所

大都市圏なんでも健康ランキング

近いほど短命の怪 大阪市は“寿命のブラックホール”なのか

京阪神エリアの男性のワースト10位内は、全て大阪市で占められています(11位は神戸市兵庫区)。市内で最長命は天王寺区(79.6歳)ですが、ようやく全国平均(79.6歳)と同じ数字。つまり大阪市の全ての区で、男性の平均寿命は全国平均以下なのです。それだけではありません。エリア全体では、大阪市に近づくにつれて寿命が短くなり、離れるにつれて長くなる傾向が見られます。大阪…

現役時代の安達さん

元ドラ1安達さんが病死…「阪神の歴史」を訃報で振り返る

阪神で打撃投手を務めた後、神戸市内で焼酎バーを経営するなどしていた。突然の訃報に関係者はショックを受けている。 阪神では昨年、中村勝広GM(享年66)が遠征先のホテルで心不全のため亡くなった。安達さんは別としても、阪神の歴史を振り返ると痛ましい訃報が少なくない。 阪神で79年に22勝を挙げて最多勝を獲得した小林繁さん(享年57)は、10年1月に心筋梗塞で突然死。 0…

None

山口組分裂 血の抗争の行方

「6代目」司忍組長の脱税に迫る“本命ルート”

「山口組の水や雑貨品を一手に引き受けている会社は神戸市兵庫区にあるアトレジャパンです。同社は取引商品の約6割を各地の山口組系2次団体に売っている。また神戸市北区山田町に通称『山口組会館』と呼ばれる葬祭場も持っている。2010年4月、兵庫県警が魏孝行という同社の元社長を、知人男性から現金50万円を脅し取った疑いで逮捕し、同社と葬儀場を家宅捜索してます。11年2月には…

None

山口組分裂で新団体設立へ 第二の「山一抗争」勃発の危機

山口組内最大組織の山健組(神戸市)を中心に、関西に拠点を置く複数の2次団体が離脱し、新団体を設立する動きがあるという。 山口組は27日、神戸市灘区の総本部で、緊急の幹部会合を開いたが、離脱の可能性がある組長らは欠席。山口組では、山健組や宅見組など10団体以上を絶縁などの処分にすることを決めた。 山口組内では、篠田建市(通称司忍)組長の出身母体で、名古屋市に拠点を置く…

サラリーマンも苦しい…(写真はイメージ)

アベノミクスの弊害直撃 「エンゲル係数」都市部は30%超

昨年5月の大阪市は29.1%、6月の神戸市は29.7%、7月の京都市は30.8%、8月の名古屋市は31.6%、10月の京都市は31.7%、11月の北九州市は29.8%、12月の千葉市は29.6%、同月の京都市は32.5%、同月の神戸市は32.0%と、平均値をはるかに上回っていた。 季節やその土地柄の影響もあるが、都市部のエンゲル係数は20%台後半から30%超で推移。…

緑茶ががん予防に効果がある?

静岡県「掛川市」と「藤枝市」 なぜ“がん死亡率”が低いのか?

反対に、がん死亡率が高いのは、神戸市と大阪市だ。 もうピンときた人がいるかもしれないが、いずれも緑茶の産地として有名な場所である。国立がん研究センターが、緑茶が胃がんリスクを抑制すると言っており、お茶の産地の「がん死亡率の低さ」は、これを見事に証明している。緑茶に含まれるポリフェノールやカテキンが、がん予防に効果があるのだろうか。 「私の88歳になる父と86歳の母は…

偉大な師匠に「少しでも近づきたい」

今あるのはあの人のおかげ

師匠が「ネタ全部忘れてええ」 桂吉弥さん初稽古の衝撃

当時住んでた神戸市灘区記田町のアパートは、グッチャグチャになりました。 そのころは携帯電話も持ってないですし、直後は大混乱で師匠に連絡するどころやない。電話を差し上げたのは1週間ほど経ってからです。そしたら開口一番、「生きてたんか。絶対死んだと思とった」……。まあ、師匠らしいですわ。 それやこれやで結局、尼崎市の米朝師匠のご自宅にお伺いしたのは3月1日。兄弟子のあさ…

None

話題の焦点

家計調査で分かった 意外とお金のかかる街&かからない街

神戸市は電気代(9万9122円)、上下水道代(4万5635円)が一番少なかった。 興味深いのがバス、タクシー代で、長崎市がともに全国トップだった。特にバス代は1万1162円と2位の広島市(7592円)を引き離し、全国平均3873円を大幅に上回っている。 「市内の中心部を走るのは距離の短い路面電車だけで、地下鉄や私鉄はありません。JR長崎駅も終着駅なので、鉄道網があま…

訪日客にも人気

企業深層研究

神明 居酒屋ワタミ、元気寿司に出資したコメ卸の大手

神明(16年10月、神明ホールディングから社名変更)は神戸市に本社を置く未上場企業。コメ卸の最大手で自社ブランド「あかふじ米」などを扱う。少子高齢化や食生活の欧米化でコメの需要が縮小していく中、外食・中食業界へ接近した。 回転ずしの再編を主導したのも神明だった。12年6月、うどんやそば店を展開するグルメ杵屋から、回転ずしの「元気寿司」と「魚べい」を運営する元気寿司…

理事長は“ゴル友”のひとり(右は、加計グル―プ「英数学館」HPの昭恵夫人のメッセージ)

第2の森友か 首相親友の学校法人に36億円の土地無償譲渡

〈安倍晋三首相の昭恵夫人は19日、神戸市東灘区の認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」を訪問し、集まった保護者ら約60人を前に、「日本の英語教育」などをテーマに講演を行った。同園によると、安倍首相は、同園を運営する学校法人加計学園の加計孝太郎理事長と古くからの友人で、同学園のグローバル教育に携わってきた昭恵夫人の名誉園長就任を受け、講演が実現した〉 加計…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事