日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

川崎敬三に関する記事

None

いま一度見直したい「映画俳優」としての川崎敬三さん

昨年11月は高倉健さん、菅原文太さん、この11月は原節子さん、川崎敬三さんの訃報である。 もっとも、川崎さんは7月、原さんは9月にすでに亡くなっていたという。故人の遺志で死去が伏せられていた。はたからでは及びもつかないお2人の強い決意のほどがうかがえる。 「永遠の処女」「伝説の大女優」という活字が躍る原さんの報道は大きかった。映画史に残る大女優だから当然といえば当然…

None

追悼・川崎敬三さん TV史に残る生放送中のアドリブ降板劇

テレビ朝日系のワイドショー「アフタヌーンショー」の司会などで親しまれた俳優の川崎敬三(本名・陶山恵司)さんが今年7月、川崎市内の病院で死去していたことが24日、わかった。享年82。 大映出身の二枚目俳優で、若尾文子や山本富士子の相手役としても活躍。 74年からは「アフタヌーンショー」の司会を担当。番組リポーターだった山本耕一の口癖「そぉ~なんですよ、川崎さん」は大流…

12月9日になくなった野坂昭如さんと(左)

あの人は今こうしている

ウーマンリブ論客の道下匡子さん「とても腹立たしい毎日」

1970年代、アメリカで火がついたフェミニズム運動を日本に紹介し、「川崎敬三のアフタヌーンショー」や「3時のあなた」などのワイドショーで女性解放運動、ウーマンリブの論客として活躍したのが道下匡子さんだ。今どうしているのか。 ■「こんなにひどい時代は戦後初めて」と怒りをあらわ 「とっても腹立たしい思いで毎日を送ってます。福島の原発事故がまだ収束してないのに、原発を再稼…

村西とおる氏

元気が出る集中講義

兄が亡くなり、死ぬことが急に怖くなった

(58歳・会社員) 【A】“永遠の処女”原節子さまがお亡くなりになり、二枚目俳優にして名司会者の川崎敬三さんもあの世に旅立たれた。何よりショックだったのは阿藤快さんまで亡くなられたことです。1946年生まれで、私より2歳上。同じ第1次ベビーブームに産み落とされた団塊の世代です。 人生も後半に差しかかってくると、周囲の人間の死に遭遇する場面が増えてきます。私も今年8月…

鋭く相手に迫った(右)今村優理子さん

あの人は今こうしている

売れっ子リポーター今村優理子さん 歌の先生に転身していた

本日登場するのは1978年から川崎敬三司会の「アフタヌーンショー」(テレ朝系)のアシスタントとして活躍した今村優理子さん。山本文郎司会の「モーニングEye」(TBS系)では8年間リポーターを務め、ストレートにして明快な物言いが人気だった。今どうしているのか。 ■音大出身でテレビに出る前は歌が本業 会ったのは港区内の3LDKマンションの一室。今村さんの自宅兼歌とピアノ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事