日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

浅野ゆう子に関する記事

None

バブル前から倍増 50歳からの結婚

50歳以上で初婚という女性は1970年はわずか621人でしたが、14年には1691人に増えています」(ジャーナリスト・中森勇人氏) 一方、50代でもずっと独身という著名人は、沢口靖子(51)、浅野ゆう子(56)、片平なぎさ(57)、名取裕子(59)ら錚々たる面々。来年には夏川結衣、鈴木京香、大塚久美子(大塚家具社長)らがこの列に新たに加わる。男性では、栗山英樹(55…

「仮面ライダー」放送時はママたちがゾッコンだった/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

元仮面ライダー賀集利樹 国学院大で神道を専攻した理由語る

「4年生の時、浅野ゆう子さん主演の舞台『黒蜥蜴』は稽古から3カ月がかりだったために授業に出席できず、1年余計にかかっちゃいました。5年生の時にまだ20単位ほど残っていて、最後の2単位は追試でギリギリだった。自分でもよく卒業できたと思います」 30歳にして神道を学び始める。賀集さんにいったい何が起きたのか? 「そんな大げさな話じゃありませんよ。所属事務所に厄年のスタ…

元グラドルも現在36歳/(C)日刊ゲンダイ

釈由美子イメチェン成功 昼ドラ出演でファンが主婦層に拡大

さらに今回の昼ドラは、従来のドロドロ路線ではなく、浅野ゆう子やV6の三宅健などゴールデンの時間帯に出そうなメンバーが揃っていることも、サプライズの相乗効果になっていると思います」(ドラマ関係者) 今後はもともとのおじさんファンもキープしつつ、主婦層の支持者も得れば、女優として大きなプラス。“山ガール路線”は御嶽山の噴火など火山問題でしばらく需要はなさそうなだけに、女…

浅野ゆう子(左)と鈴木保奈美

瀕死のフジ「月9」

女の脚本家が書き、いい男が主演するドラマの落とし穴

「月9」は、浅野温子(55)、浅野ゆう子(56)、鈴木保奈美(50)、中山美穂(46)と女優が主演する枠として始まったのに、「女の脚本家が書き、いい男が主演する」ドラマへと軌道修正された。これでは男は見ない。 さらに「女性が憧れる女優」の獲得もうまくいっていない。これは局全体にそういう視線で見るプロデューサーがいないからではないか。 たとえば鈴木は「月9」の中で育っ…

石川さゆり(左)と市村正親

あれもこれも言わせて

いまや絶滅の危機に瀕した「中高生向け歌番組」の惨憺

ほかにも「若くして大人っぽい!? 早熟歌手の懐かしいVTR!」と題して、西川や浅野ゆう子のデビュー当時の映像を見せる、民放で散々やっているようなコーナーまでぶっこみ、何をやりたいんだか、わからん。 バイキングで寿司と天ぷらとハンバーグとチンジャオロースを皿に盛って、いざ食べようと思ったら、寿司にハンバーグのソースがついてゲンナリ、といった感じ。よくばり過ぎで統一感…

舞台で共演した大地真央

「笑点」新司会者になっちゃいました

宝塚スターの楽屋にはフランスから届いたお菓子が

就職先がないからとか、会社でうまくいかないから辞めて落語家になろうなんてやつらとは覚悟が違うんです」 他にも、浅野ゆう子は女王様みたいな美しさなのに、見かけによらずおちゃめだった。沢口靖子は昇太とからんだ時、笑いをこらえながら一生懸命芝居をしているのが可愛くて、その真面目さが面白かった。 来月の公演「ヒミツの仲居と曲者たち」には、演技に定評のある松下由樹と、「ピータ…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

小林麻美 電撃結婚発表と極秘出産

80年代の後半には「ダブル浅野」(浅野ゆう子、浅野温子)とともにカリスマタレントとして人気を集めて、女性ファッション誌の表紙を飾る機会が多かった。人気絶頂できっぱり結婚引退した彼女を惜しむ声は今も多い。 ◇1991年3月 3日、熱海の海岸で釣りをしていた若人あきら(現・我修院達也)が行方不明になる。3日後、小田原市内で発見。9日、新宿副都心に都庁の新庁舎が完成。1…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事