日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松野大介に関する記事

ジャニーズ事務所

SMAP解散後キムタク正念場 草彅剛とドラマで一騎打ちに

今回は主役級の4番バッターを何人も並べて背水の陣ですが、そうまでしないと数字が取れないことの裏返しではないでしょうか」(作家の松野大介氏) 草彅は今冬の「スペシャリスト」(テレ朝系)が12%台、昨冬の「銭の戦争」(フジ系)が13%台、11年の「冬のサクラ」(TBS系)が14%、09年の「任侠ヘルパー」(フジ系)15%と安定している。 「『嘘の戦争』は『銭の戦争』と同…

石原さとみが伸び伸び演技

石原さとみ「校閲ガール」好調 書籍出版ドラマなぜウケる

ネット偏重の中で、逆に一部に書籍・出版への強烈な憧れが生まれていて、これまでクローズアップされてこなかっただけに、新鮮なテーマに映っているのではないか」(作家の松野大介氏) テーマが書籍・出版に限った話ではないが、制作する側には原作使用料がドラマ1本当たり数十万円と、それほど高くないメリットがあり、出版社には、ドラマがヒットすればシリーズ1冊につき10万部くらい増刷…

None

今日の新刊

「芸人貧乏物語」松野大介著

(講談社 1200円+税)…

None

数字で読み解く芸能界

菅田将暉ガッツポーズか

(作家・松野大介)…

None

役者・芸人「貧乏物語」

スペル・デルフィン

まだまだリングに上がり続けますので、よろしく!(聞き手=松野大介) ▽本名…脇田洋人 1967年9月、大阪府生まれ。89年プロレスデビュー。TPG、FMWなどで活動後、15年に海鮮プロレス旗揚げ。12年に出身地・和泉の市議会議員選挙に初当選。議会でも覆面の着用が認められている。妻はタレントの早坂好恵。…

None

メーンキャスターの高島彩と長野智子、見るならどっち?

出産、子育ても経験、アラフォーの今からひと皮むけたら、新たな視聴者層を獲得できるかもしれません」(作家の松野大介氏) 要するに、サプライズが楽しめそうなのは高島ということだろう。テレ朝の“大改編”で土日ゴールデンはニュース・情報ワイドの戦国時代。他局も含めて激しいバトルになりそうだ。…

None

数字で読み解く芸能界

「13」 視聴者の関心が薄かった 浅田真央の引退報道

(作家・松野大介)…

None

数字で読み解く芸能界

「297」 渡瀬恒彦 4つの出演ドラマのタイトル数

(作家・松野大介)…

None

数字で読み解く芸能界

「100」 WBC何するものぞの イモトアヤコの強み

(作家・松野大介)…

None

役者・芸人「貧乏物語」

夫婦漫才おしどり マコさん

たくさんの方々が知りたがりになって、ハミガキするように社会のことを考えて動くことが当たり前になったら、いろんなことがどんどん変わるなと思っています! (聞き手=松野大介) ▽本名・吉岡雅子。兵庫県出身。2003年に芸人のケンと結婚し、お笑いコンビおしどりを結成。アコーディオン担当。芸人活動と並行し、ジャーナリストとしては「DAYS JAPAN」やウェブマガジン等に連…

None

役者・芸人「貧乏物語」

アキラ100%

(聞き手=松野大介) ▽本名…大橋彰 1974年8月、埼玉県出身。お笑いコンビのタンバリンを経て12年末からピン芸人に。今年最もブレークする芸人としてテレビで活躍中。…

None

数字で読み解く芸能界

「157」F3狙いでNHKが民放に挑戦状

(作家・松野大介)…

「ドクターX」に中国人夫役でゲスト出演

ドクターXで存在感 “逆輸入俳優”矢野浩二にブレーク萌芽

作家の松野大介氏が言う。 「主演女優とセットで連ドラに出演するのはよくある話ですが、今回はまさにハマリ役。視聴者に存在感ある演技を見せることができました。爆買いが下火になったとはいえ、中国人も日本人もお互いの国に興味が薄れたわけではなく、中国がドラマのテーマになることは減ることはない。その意味で、中国語を話せる俳優は貴重な存在。重宝される機会が増えそうです。今は中…

芳根京子の「べっぴんさん」も最近好調

年間ドラマ視聴率TOP5に3本 「朝ドラ」強しはどこに要因

作家の松野大介氏はこう分析する。 「『べっぴんさん』と前作の『とと姉ちゃん』は“物作り”というテーマが大きいのでは。高畑充希がヒロインの『とと姉ちゃん』は日本で初めて創刊された主婦向け雑誌作り、『べっぴんさん』は戦後になるまでなかった新しい子供服作り。ちなみに14年から15年にかけて放送された『マッサン』も日本になかったウイスキー造りがテーマでした。そういえば、大ヒ…

「酒席のお客が成長させてくれた」と語る葉月パル

今だから語れる涙と笑いの酒人生

“盟友”コロッケと芸磨き 葉月パルの下積みショーパブ時代

(聞き手=松野大介) ▽本名・畔上保彦(あぜがみ・やすひこ) 60年8月、兵庫県出身。80年代に「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ系)で、パルコの芸名でデビュー。その後「ものまね王座決定戦」(フジテレビ系)で頭角を現す。…

入社24年目

46歳で女子アナランク9位 テレ朝大下容子“熟女の癒やし”

あのフワッとした温かい雰囲気は中高年から支持されていると思います」(作家の松野大介氏) 46歳大下、47歳有働は熟女アナの双璧。ベテラン勢の巻き返しで女子アナバトルがヒートアップしている。…

この1年で20キロの減量に成功

役者・芸人「貧乏物語」

沖縄帰り逆境に…パッション屋良はトレーナーで極貧脱出

筋肉芸人としてこれからもよろしくお願いします! (聞き手=松野大介) ▽本名…屋良朝苗(やら・ちょうびょう) 沖縄県出身。国士舘大学卒業後、芸人活動に。「笑いの金メダル」(朝日放送)などでブレーク。現在はタレント業と並行してパーソナルトレーナーを務めている。27日(日)には「ベストボディ・ジャパン2016日本大会」出場。…

鶴瓶、タモリに続き、明石家さんまも“NHK進出”

「明石家紅白」の成否がカギ “大物芸人NHK進出”の今後

仮に『明石家紅白』が成功すれば、“大物芸人、還暦過ぎたらNHK”なんてサイクルが当たり前になって、いずれウンナンやダウンタウンも番組を持つようになるかもしれません」(作家の松野大介氏) 大物芸人の冠番組の第三の柱、「明石家紅白」はうまくいくか。ちなみに視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。…

ジャニーズ事務所には誰が留まるのか

ドラマと映画“SMAP再放送”を仕掛けたフジの計算と真意

メンバーだった森且行が抜けて、かつての映像を長い間見ることができなかったのと同じことになると考えれば分かりやすいかもしれません」(作家・松野大介氏) 後々放送できないから在庫一掃セールということなのか。年が明けたら、SMAPの存在がテレビから完全消滅するのは間違いなさそうだ。…

新番組や特番に続けざまに出演

「フルタチさん」で相乗効果が 日曜夜にテレビ回帰の兆し

そのためにも『フルタチさん』には頑張ってほしいし、個性派の出演者を加えて日曜夜を盛り上げてほしい」(作家の松野大介氏) 日テレの牙城を崩すためにも、各局がしのぎを削ってほしいものだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事