日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

満員電車・キャストの関連ニュース

写真はイメージ

小池知事もう一つの公約「満員電車ゼロ」に鉄道会社困惑

小池百合子都知事が公約に掲げた「満員電車ゼロ」。都民の関心を呼んだが、スローガンだけが空回りしている。 「満員電車ゼロ」公約の原案を作った交通コンサルタント会社「ライトレール」の阿部等社長(55)らが今月、都内で講演会を開き、具体的な施策が議論された。 例えば、定員倍増の総2階建て車両の導入。混雑は解消されそうに思えるが、車両の戸口が1階だけだと、乗降に時間がかかっ…

西山は「ごめんなさい」と謝罪

ベビーカーで満員電車…恐縮する西山茉希にエール相次ぐ

ベビーカーで謝罪の気持ちしかない満員電車。ごめんなさい」と西山がアップしたのは、電車内での自撮り写真。「あせりすぎて汗でた。恐るべし通勤時間。乗り越えてクタクタ」「もうあの時間の移動は避けよう」と書いており、写真の表情からも恐縮の色が隠せない。 ハッシュタグには「夏休み行事」「早起きからの移動日」「長岡花火」とあり、故郷の新潟県長岡市で2日から開かれる「長岡まつり大…

写真はイメージ

風俗ライターが明かす 電車の痴漢で捕まらない“悪の手口”

満員電車の中で床に小銭を転がし、拾うふりをして女性の尻に顔を近づけてニオイを嗅ぐ。電車が揺れれば顔が尻に触れることもあります。背の低い男はハイヒールをはいた長身女性の正面に立ち、揺れた瞬間に相手の胸に頬や鼻を接触させる。オッパイの感触と香水の香りを一挙に味わえます」 捕まったときにニセ名刺を用意しているヤカラもいる。パソコンを使って有名企業の名刺を偽造。万一の際…

髙山善廣さん(左はライフセーバー時代)

喜怒哀楽のサラリーマン時代

髙山善廣さん フジサンケイグループに歩兵として入社

大変だったのは通勤の満員電車ですね。藤沢駅から東京駅まで東海道線で50分、ドナドナの子牛のような気分でした。自分は身長が高いので、立っていると窓よりも顔が高くなり、外の景色も見えない。しかも、車内の吊り広告が顔にビラビラ当たる。他の人と体の規格が違うので、つらかったです。 そんな満員電車に押し込められながら毎日、「自分はここにはそぐわない人間なんじゃないか」「ここ…

写真はイメージ

医師からは衝撃発言…「男性力ドック」を47歳記者が体験

最近、「仕事の集中力が続かなくなってきた」「満員電車でのイライラが多くなった」「昔のように企画が思い浮かばなくなった」と悩んでいる人は、実はこの男性更年期かもしれない。そこで、同じような症状を感じ始めている本紙47歳記者が「男性力ドック」を体験してきた。 春のやわらかな日差しを受け、向かった先は東京駅八重洲口すぐの「メンズヘルスクリニック東京」。AGA(男性型脱毛症…

このイケメンが窓口に(写真左・銀行勤務時の様子)

喜怒哀楽のサラリーマン時代

竹内力さん 支店長にリーゼント認めさせた話術と実績

満員電車に飛び乗って、揺られながら通勤する。「ギリギリ9時の開店には間に合うように」と、“滑り込み”の毎日だったという。 「本当は欠勤してクビになりたかったけど、そうすると同僚がオレの分をカバーしなければならず、負担が多くなる。仲間に迷惑をかけるのは嫌で、結局ズル休みはできなかった」 支店配属後、1年ほどは裏方業務についた。 「ATMに紙幣が詰まったら処理したり、修…

「LG スタイラー スチームウォッシュ&ドライ」

愛しの家電日誌

たばこや汗のニオイを落としシワをとる「スタイラー」

満員電車に長時間揺られたり、急ぎ足で歩いていると汗ばむ季節になりましたね。スーツやスラックスを「家で簡単に洗濯できたら……」とお悩みの方も多いことでしょう。でもね、心配無用。それが実現できる「LGスタイラー スチームウォッシュ&ドライ」が韓国から上陸しています。 LGエレクトロニクス社は、日本ではテレビなどの黒物家電で知られていますが、実は洗濯機や冷蔵庫、エアコンな…

写真はイメージ

話題の焦点

電車内での喧嘩は日常茶飯事 “キレる老人”を賢く回避する

なるべく老人には近づかないといっても、満員電車では無理な話。ヘタに応戦すると老人にケガをさせる恐れがある。そうなったらこちらが犯罪者だ。 「残念ながら、若い方が折れるしかない。たとえ落ち度がなくても、こちらが大人になって『わざとじゃありません』と冷静に謝る。それでも老人が手を出してきたら、駅員などの助けを呼ぶ。第三者の介入で、興奮状態が収まることがあるからです。それ…

毎年のこととはいえ…

プロはこう見る 経済ニュースの核心

狙い目は外食産業 気が早いが「今夏は猛暑」関連を仕込む

東京都の小池百合子知事は2月24日の記者会見で、一極集中で激化する通勤時、通学時の座席もない満員電車の混雑緩和に向け、企業に時差出勤やテレワーク導入などを呼びかける運動「快適通勤ムーブメント」を今夏から展開すると発表した。 桜の花見酒を通り越し、猛暑関連をいち早く仕込みたい。3月相場は株主優待にも注目だ。ファミレスなどは暑さしのぎにピッタリ。3月決算のゼンショーH…

写真はイメージ

性犯罪の背景に「性依存症」 再発防止プログラムの中身は

最初のリスク判定とリスクレベルに応じた治療内容の提供が必要です」 次に、痴漢なら満員電車、盗撮ならエスカレーターなど、各人の性的逸脱行動を起こしやすい状況をピックアップし、回避術を考え、再犯防止計画に加えていく。そして、本人の能力に応じた、最も治療効果を引き出せるプログラムパッケージを選択する。集中して治療を行う期間は、低リスク群は半年、中リスク群は1年、高リスク群…

八神純子さん

この人に密着24時間

朝は30分のコーヒータイム 八神純子さんの“大事な時間”

満員電車ってコレか! って感じ。移動時間が読めるし、乗り継ぎは携帯でパパッと探せる。もちろん、パスモも使ってま~す。本当よ、フフッ」 【12月のある一日】 8:00 起床。メールチェックとコーヒータイム 9:30 日課のジョギング。約30分 10:00 化粧など準備 10:30 出発。電車移動 11:00 雑誌取材 12:00 移動後、来年の名古屋、神戸のコンサート…

窓ガラスが突き破られることも

あなたが事故に巻き込まれたら

【電車トラブル】ラッシュの衝撃と接触に巻き込まれない

満員電車の圧力で複数の乗客がバランスを崩し、扉のガラスに激突。その衝撃で、ドアのガラスを突き破り、激突した男性は頭から血を流す惨事に見舞われたのだ。 「破れたのは厚さ3ミリの強化ガラスで、2.2トンの圧力が加わっても割れない強度。当時の混雑率は140%ですから、それくらいラッシュで、急ブレーキなどにより、乗客が一斉にガラスの方向に揺さぶられると、その衝撃がガラスの強…

オダギリジョーや中谷美紀も76年生まれ

40歳のリアル

中3でバブル崩壊、就職は氷河期…“40歳組”のホンネ

満員電車の中に太ももを出したエロイ格好のOLがいっぱい。毎朝、学校に行くのが楽しかった」(40歳の営業マン) 父親の給料が上がり、マンションを購入した人も多かった。東京のマンション価格は最高“サラリーマン年収の8・9倍”までハネ上がり、一人じゃ払いきれない父親が2世代ローンを組んだ。中学時代に、新築高級マンションに引っ越した“40歳組”は多いに違いない。 だが、いい…

下ネタ系のネタもいとわない

2016年下半期“ネクストブレーク”芸人

石井てる美 数千万円の年収を捨て転身した超エリート芸人

その他には「乳輪」「満員電車で屁こいた」など、次々と英語っぽく言って笑いを取る。 「超エリートにもかかわらず、下ネタ系のネタをバシバシ突っ込んでくる。有田哲平のネタ番組『有田ジェネレーション』ではエリートのプライドをかなぐり捨てたような高いテンションで、ヒラリー・クリントンのモノマネをやってのけた。そこに芸人魂を感じます。次のR-1グランプリのダークホース的存在です…

文庫あらかると

「下町呑んだくれグルメ道」畠山健二著

昼や夜に外食をするのはケチくさい人間のやることで、多くの人が満員電車に揺られている時間に外食することこそが心のぜいたくなのだと。そして、行きつけの「五つ星」大衆食堂の極上メニューと、7年通って編み出した裏技を披露。その他、録画しておいた時代劇を見るときに欠かせないカリカリ梅、テキ屋の元締がその極意を知りたがった行列のできる露店の「ヤキソバ」の作り方、それが食べたくて…

None

セーラー服に射精8年 逮捕の市役所職員“笑えない役職”

鈴木容疑者は満員電車の中、持っていたカバンで隠して精液をかける手口で、8年前からセーラー服姿の女子中高生を狙って犯行を繰り返していたとみられる。犯行後は何食わぬ顔で“スッキリ”と出勤していたという。 鈴木容疑者の自宅からはセーラー服約200着が見つかっている。そういうことだ。…

None

流されゆく日々

連載9948回 『玄冬の門』をくぐれば

ラッシュ時の満員電車で何十年も通勤し、組織の中できびしい生き方をしてきたサラリーマンにくらべて、自由気ままな生き方を選んだフリーランサーをキリギリスにたとえるのである。しかし、これはちがう。私なども大学をまともに卒業できて、ちゃんとした会社に就職できていたら、たぶんそういう生き方で一生を終えただろう。ほかに道がなかったからこそ、自由業にもぐり込むしか行き場がなかっ…

ムリして読まない

成功のヒミツ失敗しないコツ

「スマホより6分間読書」 精神科医が薦めるリラックス術

毎日の満員電車、職場では上司にドヤされたり部下が思うように動かなかったり……、ストレスの多い現代社会。ジメジメした季節にはなおさら憂鬱が増すが、そんなイライラ、モヤモヤをスッキリさせる方法があるという。それが、短時間読書だ。 イギリスのサセックス大学による実験では、「読書」によって見られるストレス軽減効果は68%だったという。「音楽視聴」は61%、「コーヒー」は54…

週末オススメ本ミシュラン

やっぱり住む場所で人生変わるのだ

インターネットがあれば、わざわざ顔を突き合わせる必要もないし、満員電車に乗る必要もない。いいことずくめではないか! そういった話はネット時代になってからは多分に喧伝されてきた。しかし、いまだに通勤ラッシュもあるし、会社でも「会議室がなかなか取れません……」みたいな状況は多い。結局都市(というか東京一極集中)の利点は存在し続けているのだ。消費者庁が徳島に移る計画を立…

写真はイメージ

待機児童300万人 なぜ保育園に入れない

4人に1人が“認可”全滅 妊娠前から始まる保活事情

ひとりでもシンドイ満員電車にいつ泣き出すか分からない赤ん坊連れなんてムリ。妊娠前は夫の実家で暮らしていたのですが、0歳児の認可を狙っていたので安定期に入ってから定員数の多い区に引っ越したんです。それでもダメで、空きを待って自宅に近い認証に預けています。保育料が毎月8万円ほどかかるので生活はカツカツです」(都内の総合病院勤務の30代女性) 育児の助けになる祖父母と暮ら…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事