日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「安達祐実 子供」に関する記事

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

4組に1組が…どうする?娘が「デキ婚する」と言い出した

有名人ではダルビッシュ有と紗栄子、安達祐実と井戸田潤らがそうだ。一説には「4割が5年以内に離婚する」とのデータもある。娘の告白に親がオタオタするのは当然か。 ■DV癖は婿失格 家族関係の著書が多いノンフィクションライターの黒川祥子氏が言う。 「24歳だったら、本人の意思に任せていいと思います。娘さんが10代だったら親の出番でしょうがね。ま、万が一、相手が未成年だった…

「ごきげんよう」出演のきっかけに

今あるのはあの人のおかげ

シンパパ俳優・大浦龍宇一が感謝する見栄晴のアドバイス

主役は中村梅雀さんで山本耕史クン、安達祐実チャン、見栄晴さん、僕がゲストでした。 ロケは放送前年の11年10月ごろ。撮影の合間に控室で、山本クンや祐実チャン相手に京都の高校時代に見た妖怪の話をして、盛り上がっていたんです。見栄晴さんは端っこにいて話に入っていなかったけど、僕の妖怪話を「面白いね。『ライオンのごきげんよう』向きじゃない。『ごきげんよう』に出て話せばいい…

妊婦刑事役がハマっている

TV見るべきものは!!

黒木メイサ主演 NHKドラマは刑事&医療モノの“いいとこ取り”

優秀な物理工学博士(池内万作)と、元トップアスリート(安達祐実)の間に生まれたノゾミだ。捜査に当たるのは妊娠8カ月の刑事・速水(黒木メイサ)。先週の初回は、早々に犯人と思われる夫婦が判明し、捕まえようとしたが……という展開だった。 舞台となる病院が何やら怪しい。アリバイ不明の医師・須佐見(渡部篤郎)は、誘拐犯夫婦と因縁があるらしい。彼とライバル関係にある医師・崎山(…

None

実は大金持ちの井戸田潤…地元TVでは人気コメンテーター

井戸田といえば、05年に結婚したものの4年で離婚した安達祐実(32)の元ダンナというイメージが強く、全国放送では「バツ1未練タラタラ男」としてバラエティー番組に出演することが多い。が、地元・愛知ではリポーターとしても知られた存在だというから意外だ。 「井戸田の父親は、元愛知県小牧市議会副議長の井戸田富隆氏。その七光で、高校卒業後には一度、大手企業に就職するなど、コ…

None

「明日、ママがいない」騒動 仇となった芦田愛菜の迫真演技

これまでも多くの天才子役が輩出されてきましたが、『おしんの小林綾子』や『家なき子の安達祐実』など、語られる代表作が限定されていることからも芦田の凄さは推して知るべしです」 迫真の演技が仇(あだ)となってしまったか……。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

斉藤由貴 モルモン教徒と電撃婚

21日、日テレに届いた安達祐実宛ての郵便物が爆発。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事