日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

湯河原町の関連ニュース

「公用車の私物化」が発覚

舛添知事にまた醜聞 今度は公用車で湯河原の温泉別荘通い

27日発売の「週刊文春」で、舛添知事が都の公用車を使って週末、都庁から約80キロも離れた神奈川県湯河原町の別荘に通う姿をスクープされたのだ。 記事によると、文春は2015年4月1日から今月4月11日までの「庁有車運転日誌」を情報公開請求して検証。その結果、舛添知事が1年間に48回も湯河原町を訪れていたことが分かったという。 湯河原町にある「湯河原温泉郷」には、舛添知…

None

フェイスブックから御用に 神奈川女性ひき逃げ犯は変態おでん研究科だった

新井は先月26日夜、神奈川県湯河原町内で道路を横断していた88歳の女性をはねてそのまま逃走し、死亡させた疑い。調べに対し、「人らしい物体にぶつかった認識はあったが、動揺して事故を申告できなかった」と容疑を認めているという。 「現場に落ちていたウインカーの破片と目撃情報から車の所有者を割り出し、自宅を訪れたのですが、新井は全国を転々としており、所在不明だった。ところが…

岩手県知事時代には借金を2倍にしてトンズラ

岩手に残した借金1.4兆円 自民が担ぐ増田寛也氏の“正体”

神奈川・湯河原町の別荘通いが問題視された舛添要一前都知事じゃないが、増田氏も知事時代は出張好き。1年間で100日以上も県外、海外出張に出かけたこともあり、議会で「東京に行っているより、県内の本当に深刻な問題をしっかり知事の目で見ていただきたい」と皮肉られている。 「自民党的な政治手法が評価され、第1次安倍政権で総務大臣にスカウトされたわけです。そういう人が首長に就…

“適切な支出”の根拠は謎だらけ…

調査報告は“焦土作戦” 舛添知事が企てる逃げ切りシナリオ

公用車通いでクローズアップされた神奈川県湯河原町の別荘は、ケジメとして売却するという。 スッテンテン覚悟の“焦土作戦”に加え、黒いカネをクリーンなカネに変える手口は、まるで新手の資金洗浄。自分の地位を守るためなら、何でもありだ。 元特捜検事で、政治資金規正法事件を多く手がけた郷原信郎弁護士はこう言う。 「適切か不適切かでまず支出を線引きし、適切と判断した支出について…

醜聞はまだまだある(左は山内俊夫氏)

元側近が告発示唆 舛添知事「新党改革」時代の怪しいカネ

公用車を利用した神奈川県湯河原町の別荘通いや、政治資金を使った家族旅行疑惑などが続出した舛添要一都知事(67)。都議会の所信表明ではロクに詫びようともせず、「都政の発展に努力し、都民の皆さまにお応えしたい」なんてトボけていたが、このまま逃げ切れると思ったら大間違い。かつて代表を務めた「新党改革」の不正経理疑惑をめぐり、当時の元側近がついに舛添知事を刑事告発する公算が…

「会計責任者のミスで訂正」の筋書き

公金タカリに都民激怒 「舛添辞めろ!」抗議5700件超え

公用車で通っていた神奈川・湯河原町の別荘近くの衣料品店では、子どもの靴下や肌着代まで領収書を出させていたという。矛先は政治家としての資質を飛び越え、人間性にまで及びはじめている。 「都民の怒りを増幅させているのは、舛添知事の態度です。正月の家族旅行なんかは誰が見ても怪しいのに、言い逃ればかりで一言の謝罪もない。市民団体が規正法違反で告発する準備を進めていますし、受理…

「NEWS23」新体制で初めての成果か

舛添知事“ナマ糾弾”に賛辞 NEWS23駒田アナの面目躍如

■星浩キャスターのお株を奪う鋭い切り込み 公用車を利用して湯河原町の別荘を行き来する問題について、“権力チェック”を番組テーゼに掲げるメーンキャスターの星浩氏が「都民としてはやや不安です」とぬるい感想だったのに対し、「48回の回数は多いという印象はお持ちですか」とズバリ。 ロンドン出張での空港貴賓室借り上げ代(37万8455円)については、「実際に打ち合わせはあっ…

「ファーストクラスでしっかり寝ないと」

豪遊出張は都職員のせい 舛添知事がTVで語った苦しい弁明

昨年5月から計48回、神奈川・湯河原町の別荘と都庁などを公用車で行き来していた理由をキャスターから問い詰められると、「股関節の手術の療養のために通ったが、おかげさまで体調はだいぶ戻った」「今後は公用車を使わないようにする」と言い訳した。 海外出張時に使った高級ホテルや空港貴賓室について、「先方が用意したものをそのまま利用していた」「事務方に任せきりだった」と、責任…

「理想郷」にある舛添都知事(右)の別荘

公用車で“理想郷”通い 舛添知事の厚顔無恥に学ぶ錬金術

昨年から今年にかけ、都の公用車を使って年間48回、ほぼ毎週末、神奈川・湯河原町にある別荘に通っていた。報道陣から突っ込まれた舛添知事は「ルール通りやっているわけですから、何の問題もない」と鉄面皮にブレはない。恐れ入る。 ■“アシ代”は都民にツケ回し 海外出張では1泊15万円のスイートに泊まり、公用車で別荘通いと、都民の血税で贅沢三昧。その一方で婚外子に対する扶助費…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事