日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

成宮寛貴 特集

成宮 寛貴(なりみや ひろき) 1982年9月14日東京都生まれ。元俳優。元所属事務所はトップコート。2000年、宮本亜門演出の舞台「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」でデビュー。02年、ドラマ「ごくせん」(日本テレビ)に出演。03年にはドラマ「高校教師」(TBS)に出演したほか、映画「あずみ」にも出演。07年、「金田一少年の事件簿N」(日本テレビ)では主人公金田一一のライバル・高遠遙一役で出演する。10年、ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」(TBS)で主演。11年3月に放送されたドラマ「風の少年~尾崎豊 永遠の伝説~』(テレビ東京)では尾崎豊役で主演。12年、ドラマ「相棒」(テレビ朝日)のシーズン11から3代目相棒・甲斐享役で出演。15年放送のシーズン13まで同役を務める。13年5月公開の映画「クロユリ団地」では、女優の前田敦子とダブル主演。2016年12月2日、この日に発売された写真週刊誌「フライデー」でコカイン使用疑惑を写真付きで報じられ、翌週、同誌による続報が出た際には、所属事務所からの退所と芸能界からの引退を発表した。
追及“材料”ゾロゾロ

成宮寛貴にトドメか “激ヤバ写真&セクハラ被害”噴出危機

元俳優の成宮寛貴(34)の芸能界引退の“真相”が徐々に明らかになってきた。直接のきっかけは、写真誌「フライデー」がコカイン吸引疑惑を2週にわたって報じたからだが、どうやら、まだまだ追及“材料”はあったようだ。成宮はそれらが明るみになる前に、自ら引退を決意したとみられている。 発売中の「週刊文春」によると、文春編集部にも成宮に関する“タレコミ”があったようで、その中身…

薬物疑惑を完全否定

「相棒」またも災難…成宮寛貴“コカイン吸引疑惑”の波紋

俳優の成宮寛貴(34)にコカイン吸引疑惑が持ち上がった。発売中の「フライデー」が報じているもので、成宮が机の上の白い粉に手を伸ばしている写真を掲載。吸引した後に「美味しかった」とウットリする音声まで存在するという。 疑惑を暴露したのは、成宮の友人だと名乗る人物。一緒にいると、成宮から「クスリを買ってきて」と言われるのが嫌で、関係を断ち切るために、今回の“告発”に至っ…

2カ月前に帰国と報じられた

すでに帰国し職探し中 成宮寛貴の「俳優復帰」はあるのか

昨年12月の薬物疑惑報道を受け、芸能界引退を表明した成宮寛貴(34)の近況が「女性自身」で報じられた。海外へ渡航し、バリ島などで潜伏といった臆測が流れていたが、2カ月前に帰国していたというのだ。 同誌によれば、成宮は先日、ある有名ブランドのパーティーで目撃された。もともとファッションに興味があり、デザイナーに転身したいという考えもあったのではないか、との推測を伝えて…

お騒がせの張本人は海外に高飛び中

「相棒」早くも解禁 成宮寛貴出演作の再放送が相次ぐなぜ

昨年12月に写真週刊誌「フライデー」に薬物使用疑惑を報じられ、世間を騒がせた元俳優の成宮寛貴(34)。 スキャンダル以降、出演CMの打ち切りや再放送が予定されていたドラマ「相棒」(テレビ朝日)が「科捜研の女」に差し替えられるなど、いわゆる「成宮ショック」が広がったが、年が明けてみると、成宮出演のドラマが相次いで“解禁状態”になっているから驚きだ。 関東地区では3日未…

芸能界を引退した成宮寛貴

成宮寛貴の友人Aとは…正体突き止めた「特定厨」の捜査力

26日午前7時すぎ、コカイン吸引疑惑による引退で世間をざわつかせている成宮寛貴(34)の友人A氏を名乗る人物を特定するネット記事が公開され、直後から拡散されまくっている。 発信元は「ネットギーク」。ツイッターや2ちゃんねるの掲示板など、ネット上で話題になっている情報を紹介する口コミサイトで、今回はノウハウを駆使し、独自にA氏の素性を特定しているのだが、割り出すに至っ…

芸能界を引退した成宮寛貴

差別増長の可能性も 成宮寛貴“LGBTカミングアウト”の功罪

セクシュアリティーを理由に芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴(34)をきっかけに、有名人によるLGBTのカミングアウトの是非が問われている。性的マイノリティーに脚光があたる一方で、差別を助長しかねないからである。 LGBTをカミングアウトし、同性と挙式を行ったタレントの一ノ瀬文香(36)が言う。 「成宮さんは『絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされ…

身の潔白を証明することなく引退

芸能界クロスロード

芸能界も驚いた 成宮寛貴の電撃引退に“写と文”の威力痛感

「FRIDAY」が報じた成宮寛貴(34)の“薬物疑惑”も「写」と「文」の最強コンビだった。男女の熱愛と違い、犯罪疑惑。絶対的な確証がなければ掲載に踏み切れない。さらには掲載後の相手の出方も読む。 第1弾の後、成宮サイドは「事実無根。法的措置を取る」と強く抗議に出た。これも想定内のように「FRIDAY」は第2弾を用意していた。友人と成宮が交わした薬物使用をにおわすよ…

どこに何をしに行ったのか

薬物疑惑ダンマリ…成宮寛貴いきなり“海外高飛び”の波紋

芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴(34)が消息不明になっている。複数のスポーツ紙が、8日に引退コメントを書いて以降、海外に渡った可能性が高いと報じている。一体、どこに何をしに行ったのか。シンガポール経由で東南アジアに入ったという説も流れている。 しかし、腑に落ちないのは、これまで応援してきたファンだろう。写真誌「フライデー」が2週連続で報じたコカイン吸引疑惑に対し、…

夏と汗が似合う男

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿3

汗だく松岡修造、立ち飲み成宮寛貴…芸能人の六本木生態

他にイイ男といえば、成宮寛貴クン(33)にも会ったわ。立ち飲み屋の銀だこっていう意外な場所で。何の変装もなく、明るい店内だから、周りにバレバレ。でも全然気にすることなく、背が低めのカワイイ系男子と2人でたこ焼きをツマミに、ハイボールをガブ飲みしてたわ。声も大きくて、もはや店内を気にできる余裕もないくらいのベロベロ。 ただ、芸能人が周りに顔バレしてる状態で酔っぱらう…

最強コンビ復活?

成宮寛貴の卒業で…水谷豊の新相棒にミッチー“出戻り”情報

テレビ朝日系人気刑事ドラマ「相棒」で水谷豊(62)演じる警視庁特命係・杉下右京の“相棒”を3年にわたって務めてきた成宮寛貴(32)が、今月まで放送の「season13」の最終回で卒業する。成宮の出演は当初2年の約束だったが、視聴率が好調だったこともあって水谷の希望により1年延長したという。話題の焦点は次期“相棒”の人選だが、いまだに発表されていない成宮の後釜をめぐり…

早くも4代目は誰かと話題/(C)日刊ゲンダイ

成宮寛貴は卒業も…ドラマ「相棒」サザエさん的定番化の秘訣

4日、3代目・甲斐享役の成宮寛貴が今シーズンをもって卒業すると正式に発表された。 成宮は12年10月のseason11から現在のseason13まで3年間出演。最初は華奢で親子ほど年の離れていることから、大丈夫かと思ったが、徐々に相棒らしくなってきただけに残念。 この“3シーズン”は正義感が強く、若さゆえに暴走しがちな「カイト君」が右京の下でいかに成長していくかとい…

本当に友人A氏なのか?

成宮の友人A氏名乗るアカウント登場 “秘密の暴露”を予告

いまだ波紋を広げている俳優・成宮寛貴(34)の薬物疑惑&引退騒動。成宮に引導を渡したのは、写真週刊誌「フライデー」に情報提供を行った友人とされる「A氏」という人物だった。そのA氏を名乗る真偽不明のツイッターアカウントが開設され、関係者に衝撃が走っている。 問題のアカウントが出現したのは14日深夜。「私は、成宮寛貴の友人のA氏です」「私は彼をはめようとしたことではあり…

芸能界を電撃引退

成宮引退に芸能リポーター城下尊之氏「事務所の判断も」

ドラマ「相棒」などで知られる売れっ子俳優、成宮寛貴(34)の突然の引退劇。9日、「全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。こんな形で去っていく自分を許してください」などと書かれた直筆メッセージを所属事務所がマスコミ各社に流した。成宮は写真誌「フライデー」が2週連続で報じたコカイン吸引疑惑に対し、「私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と全…

ザッツエンターテインメント

誰かに話したくなる雑学本特集

まだ炎上中ではないかと思われる長谷川豊アナウンサーも登場しているほか、成宮寛貴らの最近消えたばかりの芸能人に関する匿名座談会、90年代のボキャブラ天国に出演していたボキャブラーたちのその後なども収録。 秒速で1億円稼いでいた与沢翼が16年に結婚してドバイの世界一高いビルに住んでいたり、元近鉄投手の加藤哲郎が高齢者に人気の「飲まない、吸わない、賭けない」の健康麻雀講…

さぞやホッとしている?

水谷豊が“5代目”をポロリ 反町隆史は「相棒」残留なのか

前相棒の成宮寛貴(34)の映像も流れるなど、話題性も十分だった。全18回の平均視聴率も15.2%(同)と高い数字を記録。あらためて圧倒的な強さを見せつけた。 そこで気になってくるのが、次のシーズンの“相棒”だ。反町隆史(43)がシーズン14から2シーズン連続で相棒を務めているのだが、交代はあるのか。一部では、元SMAPの稲垣吾郎(43)が5代目相棒に内定したとの報道…

今年もフル回転

主演作ラッシュの菅田将暉が背負う“打倒キムタク”の重責

いずれにせよ、今年はほとんど休みはないのでは」(芸能プロ関係者) 菅田の事務所といえば昨年12月、一部で違法薬物吸引疑惑を報じられた成宮寛貴の契約を解除。 「木村佳乃とともに創業間もない事務所を支えていただけに断腸の思いでクビを切った」(前出の芸能プロ関係者) しかし、入れ替わるように菅田が大活躍。成宮を切っても十分に“お釣り”が来たようだ。…

第2、第3の山本裕典も

無断“副業”が決定打 山本裕典クビでわかった芸能界の限界

引退の理由はそれぞれにしても、昨年末から成宮寛貴(34)、江角マキコ(50)、清水富美加(22)、堀北真希(28)と、売れっ子が続いて世間の耳目を集めた。能年玲奈から改名し活動を再開させたのん(23)も、事務所独立を巡る問題は尾を引いているし、この秋には元SMAPメンバーのジャニーズからの独立が注目されている。 「タレントの規約や契約をあらゆる芸能プロがきちんと明文…

菅田将暉

超売れっ子 菅田将暉が頭抱える“パワフルおしゃべり実父”

昨年末に電撃引退した成宮寛貴と同じ事務所所属で、松坂桃李と並び、“ポスト成宮”の一番手として名前が挙がる若手実力派だ。今年も、又吉直樹の小説「火花」の映画化で主演に決まるなど、快進撃は止まりそうにない。 そんな男が頭を抱えていることがあるらしい。自身の父、菅生新氏(57)のことだ。発売中の週刊新潮が直撃しているのだが、〈いやあ、“お父さん出たらアカンよ!”て事務所か…

水面下で動く小栗旬

小栗旬が結成か「俳優労働組合」 相次ぐ電撃引退で現実味

昨年12月、突如、引退した成宮寛貴を皮切りに、今年に入って女優の江角マキコ、清水富美加、堀北真希と、4人の人気俳優が、わずか3カ月の間に自ら幕引きを行ったのだ。 「こんなことは、芸能史をひもといても、あり得なかったこと。売れっ子俳優が自らの事情で引退に追い込まれるなんてことは10年に1人……、いや20年に1人いたかどうか……。今後も、引退を口にする俳優が出てくるかも…

不許処分で釈放となり、東京湾岸署を出るASKA

芸能界にはびこる薬物汚染 ASKAは本当に“シロ”なのか?

12月には成宮寛貴(34)がコカイン使用疑惑を写真誌「フライデー」に追及され、早々に芸能界を引退表明。そして、極め付きがASKA(58)の一件だろう。 11月28日の逮捕の時は自宅前にマスコミだけでなく、一般人まで駆けつけ大騒ぎに。ASKA自身も逮捕直前までブログにコメントをアップしたため、テレビのワイドショーなどがリアルタイムで中継する前代未聞の劇場型逮捕となっ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事