日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「白鵬 子供」に関する記事

初優勝を果たした照ノ富士

白鵬に「限界見えた」と評論家 照ノ富士に追われ引退加速

結びの一番で東の横綱白鵬(30)が西の横綱日馬富士(31)に負けたことにより、ただ1人の3敗力士となった照ノ富士(23)が初めて賜杯を手にした。 碧山を下して3敗をキープした照ノ富士は、支度部屋に戻ると優勝決定戦に備えてモニターをじっと見つめていた。白鵬の相手は同じ伊勢ケ浜部屋所属でモンゴルの先輩力士。その日馬富士が白鵬を寄り倒すや、付け人に抱きついて無言で喜びを分…

初日から2連敗は横綱49場所で初のこと

心技体の衰え指摘も 休場の白鵬がまだ引退できない複雑事情

横綱白鵬(30)が15日、大相撲秋場所3日目からの休場を自ら発表した。 この日早朝、東京・墨田区内の病院で精密検査を受け、日本相撲協会に「左大腿四頭筋腱炎で4週間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。 白鵬の休場は大関時代の06年九州場所以来、通算3度目。07年の横綱昇進後は初めてのことだ。今場所で横綱在位49場所となり歴代4位の貴乃花と並んだが、史上最多の…

豪栄道の首投げに2敗目を喫した白鵬

2敗目に白鵬呆然 北の富士氏「子どもでもわかる」とバッサリ

平幕の魁聖が負けたことにより、取組前の時点で1敗力士は横綱白鵬(30)ただ一人。今場所の優勝を確信していたことだろう。 しかし、好事魔多し。大関豪栄道を圧倒的な相撲で土俵際に追い詰めるも、苦し紛れの首投げでぶん投げられてしまったのだ。軍配は豪栄道に上がり、国技館は大歓声に包まれ、呆然とする横綱目掛けて座布団が舞う。そんな中、白鵬は「物言いは?」と言いたげに勝負審判…

「大」や「名」の冠は早い

冷戦さらに激化 白鵬を意固地にさせるメディアの手の平返し

横綱白鵬(29)とマスコミの「冷戦」が悪化の一途をたどっている。 白鵬は初場所後、自身の取り直し判定に納得いかず、「子供でもわかる相撲」と審判部を批判した。マスコミがこれを「横綱にあるまじき言動」と指摘するや、謝罪するどころか態度を硬化。春場所初日を8日に控えながら、報道陣を無視し続けているのだ。 さらに付け人は担当記者らを威嚇して追い払い、出稽古先ではカメラのフラ…

両横綱時代は犬猿の仲だった朝青龍と白鵬/(C)日刊ゲンダイ

朝青龍が白鵬擁護 修正不能なモンゴル勢と世間の“ズレ”

3日、いまだ収束しない横綱白鵬(29)の失言騒動を、モンゴルの先輩横綱朝青龍(34)がツイッターで擁護した。 「審判部間違えもうあるよ!何回もう、あった俺の時!!」 「白鵬もう帰って来て欲しい!!前人未到!!つまらない事に意地悪されたら!!世界広いよ」 「白鵬いじめるな!!マスコミたち!!その心良く分かる人として!!」(原文ママ) さらに「つまらない事に厳しく文句…

横綱の品格が各方面で問われる白鵬/(C)日刊ゲンダイ

明け方まで酒飲んで二日酔い会見 白鵬“審判批判”の一部始終

初場所の優勝から一夜明けた26日、宮城野部屋で行われた横綱白鵬(29)の会見。初場所で全勝し、大鵬超えとなる歴代単独最多の33回目優勝に花を添えた。 明け方近くまで酒を飲んでいた白鵬は1時間遅れで部屋に到着。最初は和やかに話していたものの、突如、「疑惑の相撲がひとつある」と語気を強めて冒頭のセリフを言うや、こう続けたのだ。 「悲しい思いをした。ビデオ判定は元お相撲さ…

白鵬

オレしか言えないこんなこと

あれは白鵬の負け 子供でも分かるとオレも言いたい(笑い)

白鵬が引く相撲を取ると、「はぁ~」という観客のため息ばかりが聞こえてくるという。それは、またやったか、という諦めに似たニュアンスらしい。率直に「ガッカリだよ」と嘆く声もあるという。 「私も心が痛くなる。あのため息を聞きたくない。恥ずかしいよ、横綱」と言う武蔵川親方は、「そういう相撲をする人は決まってるんだよ」と苦笑いしつつ、「相撲が荒れている」と嘆くのだ。 「引く相…

「神に認められた」話した白鵬だが、勘違いも甚だしい/(C)日刊ゲンダイ

謝罪は親方のみ 審判批判の白鵬はなぜ自ら頭を下げないのか

子供でもわかる相撲だ」と審判部を批判した横綱白鵬(29)。相撲協会には横綱への抗議の電話が鳴りやまず、多くの親方衆も不快感をあらわにした。 これに慌てたのが師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)。昨28日に明かしたところによると、27日に白鵬と話し合い、北の湖理事長と伊勢ケ浜審判部長に弟子の不始末を謝罪。その中で白鵬も「『すみませんでした』と言った」と、横綱が反省している…

強いだけが横綱ではない/(C)日刊ゲンダイ

「朝青龍よりタチが悪い」 横綱白鵬に協会内からブーイング

昭和の名横綱、大鵬が持つ歴代最多の優勝32回に王手をかけている横綱白鵬(29)。18日の10日目は関脇碧山を破って1敗をキープしたものの、九州場所で吹き荒れているのは称賛ではなく非難の嵐だ。 発端となったのは白鵬が寄り切りで勝った8日目の照ノ富士戦。勝負がついた後、両者土俵下のたまり席に転落した。その直後、照ノ富士を後ろから両手で突き飛ばしたのだ。 照ノ富士は前につ…

いつまで黙っていられるか

親方たちはホッ…白鵬の「謝罪拒否」 いったい誰が困るのか?

春場所11日目も大関豪栄道をものともせず、全勝街道を突き進む横綱白鵬(30)。取組後は相変わらず報道陣に背中を向けたまま、だんまりだった。どの力士もマゲを結い直しながら質問に答えるのが通例だが、白鵬は今場所2日目から取材拒否を貫いている。 発端は、すでにご存じのように先場所の優勝一夜明け会見での「審判部は子供以下」発言。これをマスコミに批判されたことでヘソを曲げた…

乱暴な相撲は悔しさの裏返し

今度は勢KO 横綱白鵬“エルボー連発”を心理学専門家が分析

前日8日目にエルボーと変化で琴勇輝を下し、観客からブーイングを浴びた横綱白鵬(31)。しかし、横綱に反省の二文字はないようだ。9日目の勢戦も、左の張りから強烈な右エルボー。支度部屋で勢が「どうなったのか分からなかった」と振り返ったように、一撃で意識を飛ばせて、尻もちをつかせたのだ。 受け取った懸賞金を普段以上に振り回し、支度部屋でも「いい立ち合いができた」と、悦に入…

日本相撲協会の八角理事長

注目の人 直撃インタビュー

八角信芳理事長にズバリ聞く「協会」「白鵬」「貴乃花」

白鵬には立派な振る舞いをしてもらいたい ――理事長として初場所の琴奨菊の優勝、先場所の稀勢の里の快進撃をどう見ましたか。 「それが土俵の充実ということになると思いますね。わたしが広報部に来たときはちょうど不祥事(野球賭博と八百長事件)があって、お客さんが減っていった。その中でどうしたらお客さんに来ていただけるか。ツイッターとか、ラインとか、いろいろなことをしてお…

豹変した白鵬

報道陣に愛嬌振りまき始め…横綱・白鵬が“豹変”の裏事情

12日開幕の7月場所で2場所ぶりの優勝を目指す横綱白鵬(30)は6日、田子ノ浦部屋に出稽古に赴き、大関稀勢の里と15番。あえて大関が得意な左四つで挑むなど8勝7敗とし、「いい稽古ができた。これから仕上げていく」と満足げに話した。 名古屋入りしてからというもの、いつになく冗舌な白鵬。6月30日の力士会では先場所初優勝を果たし大関に昇進した照ノ富士について、「10勝以…

白鵬(右)と宮城野親方

オレしか言えないこんなこと

師匠は師匠。師匠の言うことを聞けなければ辞めればいい

初場所で、亡くなった大鵬の最多優勝記録を更新する33回目の優勝を全勝で飾った白鵬は、千秋楽の翌朝恒例の一夜明け会見で「疑惑の相撲がひとつあるんですよ」と切り出すと、取り直しになった13日目の稀勢の里戦について「帰ってビデオを見た。子供が見ても分かるような相撲。なぜ取り直しになったのか」と審判部の判定を批判した。 日本相撲協会は即座に反論し、白鵬の右足甲が先に土俵につ…

「終わったこと」と幕引き図った白鵬

白鵬はダンマリの理由語らず 依然くすぶる審判部との“火種”

23日に行われた横綱白鵬(30)の優勝一夜明け会見。千秋楽のインタビューやNHKのスポーツ番組には対応していただけに、これまで無言を貫いてきた相撲担当記者たちと、どんな言葉を交わすのか注目されていた。 が、フタを開ければ何のことはない。「照ノ富士はどうだったか」「先場所の優勝は今場所に影響したのか」などと、当たり前の質問がほとんどだった。 「事前にマスコミ各社に『…

こんな横綱に誰がした…/(C)日刊ゲンダイ

バラエティー番組で謝罪 白鵬を増長させた相撲協会の“腐敗”

「場所後の件ですが、多くの人々にご迷惑をかけ、ご心配をかけ、おわびしたいです」 物議を醸していた審判部批判について、ようやく謝罪をした横綱白鵬(29)。しかし、禊の場として選んだのは、ゲスト出演した31日放送のバラエティー番組だった。 番組冒頭で司会者から紹介されるや、歴代単独最多の33回優勝を「偉大な記録」と自画自賛。その後、ついでのように冒頭の言葉を述べた。 バ…

このままでは増長招くだけ/(C)日刊ゲンダイ

白鵬審判批判 朝青龍から何も学んでいない相撲協会の“弱腰”

審判部批判が物議を醸している横綱白鵬(29)。親方衆も「子供でもわかる相撲を取り直しさせた」と主張する白鵬に激怒し、「直接呼び出して謝罪をさせろ!」と息巻く者も多かった。それがいざフタを開けてみるや、相撲協会はいつものように師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)を通じて叱責しただけ。 29日の師匠会後、北の湖理事長は、「直接会って厳重に注意した。力士の監督責任は師匠にある…

政治家に言われたくはない?/(C)日刊ゲンダイ

白鵬の審判批判に政治家が「風格を」と苦言する“笑止千万”

初場所で歴代最多優勝を達成した白鵬が、13日目に取り直しとなった一番を振り返り、「子供が見てもわかる」と審判部を批判した問題で、横審の委員を務める同副総裁は「(批判を)しない方が良かった」と苦言を呈したのだ。 横審では白鵬の発言を受けて、内山斉委員長(読売新聞グループ顧問)が「未熟さをさらけ出した。反省すべきは横綱本人」と断じていた。29日にも師匠の宮城野親方を事…

None

大相撲を楽しむ10の予備知識

角界師弟は高学歴? 医者や裁判官になったエリート息子も

「3年前、白鵬の長女が慶応幼稚舎に進学して話題になったように角界の子弟は意外と高学歴。子供を力士にしても、食えるとは限らないから。白鵬のお子さんは娘さんですからそもそも無理ですが、息子にも高学歴を望む傾向があります」(角界関係者) 二子山部屋を起こした初代・若乃花は、次男が早実から早大に進学。東京ガスに入社し、広報部長に就いた。同社の元会長・安西浩氏が部屋の後援会…

横綱も日本一監督もいつからか軽くなり…

白鵬“奇襲”の元凶と指摘 スポーツの品位貶めた「テレビの罪」

大相撲九州場所10日目、横綱白鵬(30)は奇策の「猫だまし」を2度も使い関脇栃煌山(28)を寄り切った。 立ち合いの際、相手力士の眼前で手を叩き目をつむらせる「猫だまし」は、体の小さな力士や番付下位の者が上位者に使う奇襲戦法だ。北の湖理事長は「横綱としてやるべきことじゃない。前代未聞なんじゃないの」と苦言を呈した。好角家でもある菅野宏三氏(ビジネス評論家)は、「横…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事