日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山田太郎に関する記事

防犯カメラのない物件が人気

お隣りは大丈夫? “アジト専門業者”はこんな物件を好む

101号室と103号室で詐欺電話を掛け、102号室は『山田太郎』みたいな表札で一般世帯を装う。警察が捜査に来たら102号室に逃げ込む。警察は102号室の捜査令状を持っていないので踏み込めません」(飛松五男氏) 素人がアジトを探すのは難しい。専門不動産業者が必要なわけだ。…

魔法使いサリーちゃんのコスプレ

参院選では29万票も 都知事選を左右する“オタク票”の行方

新党改革から比例区で出馬し、2期目を目指した山田太郎氏が、落選したとはいえ、個人得票で29万1188票を集め、比例候補全体で13位、野党ではトップに! 児童ポルノ禁止法改定によるマンガやアニメの表現規制に反対し続けている山田氏は自他共に認める“オタク族議員”だった。表現規制反対派の漫画家、赤松健氏が29万票獲得について、〈オタク層が票田になる可能性を示した初めての国…

前宮城県知事の浅野史郎氏

注目の人 直撃インタビュー

浅野史郎氏が舛添氏に贈る 「知事職は命懸けより心がけ」

有権者にとってみれば、「浅野史郎」じゃなくて「山田太郎」でもよかったのかもしれません。 ――初選挙で感じた有権者のエネルギーが3期12年につながったのですね。一方、選挙活動をしなかった青島幸男元都知事は1期で退任しました。 目玉政策に掲げた「世界都市博の中止」は実現したけれど、ほかにめぼしい仕事はなかった。真剣に選挙活動をせず、有権者と触れ合うこともなかったから、ア…

None

流されゆく日々

連載10035回 CMソングからの旅立ち

たしか歌い手は『新聞少年』という歌で話題になっていた山田太郎という若い人だった。 美容雑誌にエッセイの連載をしていたのもその時期である。たしか『みわく』という雑誌だったはずだ。雑誌の方針とはお門ちがいの、スペイン内戦についての記事を書いて担当編集者を困らせたこともあった。 ある意味では、再び浪人になったわけで、なんとなく心もとない気分もあった。それと同時に、これから…

None

New York メディアとファンの正体

大リーガーが偽名でホテルに泊まる理由

日本でいえば山田太郎のようにありふれた名前にする選手がいれば、「トム・クルーズ Jr 」など、実在しそうでしない、ハリウッドスターにちなんだ偽名を使う選手もいた。チーム内では各選手のニックネームが浸透しているので、内線で部屋を呼び出す際はホテルのオペレーターに「トム・クルーズ Jr プリーズ」などと言うわけだが、慣れないうちは噴き出すこともたびたびあった。三枚目のお…

8強入りに貢献した清宮

8強早実の足引っ張る投手力不足…清宮「打率7割」でも不安

まるで人気野球漫画「ドカベン」の山田太郎のように打ちまくり、名門校を引っ張っている。 雨で2試合連続順延となった影響で、初戦の3回戦から5日間で4試合のハードな日程。辛くもベスト8入りは決めたものの、ここまでの3試合全て都立勢との対戦。にもかかわらず、3年生エースの松本はすでにアップアップ。3試合で4、5、8失点。早い段階の都立校相手に早実投手陣は1試合平均5.67…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事