日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

旭川市の関連ニュース

6代目山口組組長司忍と神戸山口組組長井上邦雄

旭川で衝突頻発…抗争の山口組が北海道を手放せないワケ

先週、北海道旭川市が暴力団対策市民会議を開き、西川将人市長はこうあいさつした。会合には一般市民のほか警察官、学校関係者、弁護士ら200人が出席した。 「警察は山口組分裂の経緯を、弁護士は暴力団事務所の差し止め請求ができることなどを説明しました」(同市交通防犯課) 北海道といえば、のどかな大陸のイメージが強い。人口35万人の中堅都市の旭川市には暴力の片鱗もないと思って…

写真はイメージ

バイクでひったくりの旅 37歳男の常軌逸した“キャバ通い”

オートバイを使ったひったくりを繰り返し、窃盗容疑で5日までに警視庁に逮捕された自称アルバイトの平原憲容疑者(37=北海道旭川市)。 ひったくりをやるためにわざわざ北海道から上京し、「5日間で20万円はひったくろう」と目標を立てていたというが、動機があまりに不純すぎて、逆に目を見張る。 「実は、平原容疑者は8年前にも川崎市の路上でひったくりを繰り返し、神奈川県警に逮捕…

None

旭川家族3人刺殺 事件のカギ握る32歳娘が見せた“奇行”

北海道旭川市のアパートで溝口ゆみ子さん(55)とその両親が殺害された事件。両腕にケガをして病院に搬送された溝口さんの娘A子さん(32)が真相解明のカギを握っているとみられている。 A子さんは両親が経営するアパートの2階の一室で暮らしていた。隣の部屋に祖父母、1階に両親が住んでいたという。近隣住民が言う。 「溝口家は昔からの地主で、家族が住んでいるアパートのほかに2軒…

アンテナショップの逸品

「旭川マルシェ」(東新宿)ビタミンカステーラ

ゴンドラ4台分(パン売り場とスイーツ売り場を足したぐらい)のスペースに、旭川市で作られた菓子、加工食品などが常時約120アイテム並ぶ。 「売れ筋はご当地インスタントラーメン。さすがラーメンの街といわれるだけあり、旭川出身の方がわざわざ買いに訪れることもあります」(加島卓哉店長) もうひとつの売れ筋がご当地銘菓だ。 中でもダントツなのが、「旭川市民、いえ北海道民なら誰…

「助六寿司」

小林しのぶの読む駅弁

助六寿司 旭川駅

発泡材容器にふたをのせ、掛け紙には旭川市の郊外にある優佳良織(ゆうからおり)工芸館と旭川市彫刻美術館の建物のイラストを掲載した。中身はいなり寿司3個、太巻き4切れ、巻き寿司4本を詰め合わせたまさに助六寿司。 いなり寿司の油揚げは甘めの味付けで老若男女に愛される味。太巻きは、具材のかんぴょうとシイタケが濃い口で酢飯とよくマッチする。巻き寿司はキュウリの奈良漬けが具の…

冬の旭川は面白い!

この仕事のお値段

フリーアナウンサー イベントや結婚式の司会が1本3万円~

すると2014年、旭川市から正式に依頼を受け、公認の大使に。旭川の雪まつりが開かれる来年2月には自ら発案した「観光大使クミッチェルと行く!旭川弾丸ツアー」を実施する。 「冬の旭川の素晴らしさを多くの人に知ってもらいたい。旭川を知り尽くした私ならではの行程です」 満足すること請け合いだ。…

左から武豊さん、ルメールさん、松岡正海さん

ローカル競馬 夏旅物語

今年も帯広で「JRAジョッキーDAY」が開催されます

世界に一つしかない、ばんえい競馬は、以前は北海道の旭川市、北見市、岩見沢市、帯広市の各競馬場を巡回していましたが、累積赤字の増大により06年に3市が撤退。帯広での存続も危ぶまれていました。ファンの嘆願や、関係者の手当や賞金の削減など涙ぐましい努力に加え、ソフトバンクの子会社が支援してくれることが決まり、今は帯広市が単独で「ばんえい十勝」を開催しています。 ばんえい…

None

企業深層研究

星野リゾート 都市型ホテル進出は“諸刃の剣”の懸念も

16年3月末、星野Rリートは北海道旭川市の都市型ホテル「旭川グランドホテル」(237室)の建物を46億円で買収。星野リゾートが17年春にホテル運営に乗り出す。 都市型ホテル事業の拡大に備えて、18年度までの3年間で1000人を新規に採用する計画だ。過去3年の実績に比べて5割増やす。15年11月末で2700人の社員数は今後、大幅に増える。 星野リゾートは運営に特化し…

取り締まり強化で動けず

新・政官業研究「警察vs山口組」編

6代目vs神戸 気になる「サミット後」抗争の行方

双方がサミット休戦宣言をしてからはほとんど音なしの構えで、5月唯一の事件が、2日に北海道旭川市で起きた山口組系事務所への窓ガラス割りくらいだ。 が、その実、サミットが終わったからといっても、状況が変わるわけではない。2つの山口組が恐れるのは警察当局の締め付けであり、むしろサミットが終わり、捜査体制が整えば、さらに取り締まりを強化する可能性が高い。 ■休戦、冷戦に耐え…

宗谷黒牛と帆立弁当

小林しのぶの読む駅弁

宗谷黒牛と帆立弁当 稚内駅

旭川市の稚内駅立売商会が調製する新作駅弁。発売から間もない今年3月に、「惣菜・べんとうグランプリ2016」の駅弁・空弁部門で優秀賞を受賞した。 プラスチック容器にふたをのせ、外側からでもホタテと牛肉が見えるように一部をくり抜いたパッケージに収めた。中身は醤油ご飯の上に牛肉、塩ゆでのニンジンとアスパラガスをのせた弁当で、さらにおかずとしてホタテ2個とジャガイモの素揚げ…

6代目山口組の司忍組長

6代目側幹部に判決…山口組「全面戦争」3月14日も“危険日”

3日は旭川市の神戸系幹部の自宅に6代目系の組員が乗用車で突っ込み、宇都宮では6代目系事務所にトラックが突っ込んだ。さらに4日は長野県上田市の6代目系事務所の壁に複数の焦げ跡が見つかった。警察は暴力団抗争の疑いがあるとみて調べている。 一連の事件について、河野太郎国家公安委員長は4日の会見で「対立抗争事件と言わざるを得ない」と発言。「抗争」との見方を示した。 緊迫する…

宇多田ヒカル

スクープドッグ咆哮記「宇多田ヒカルと藤圭子」編

年表を作成すると意外な発見があった。ヒカルの半生が母親と重なって見えたのだ

藤圭子(本名・阿部純子、1951年岩手県一関市で誕生、北海道旭川市出身)は60年代終わりから70年代初めにかけてヒット曲を連発し、一世を風靡した演歌歌手だ。69年にヒカルより3つ年上の18歳で「新宿の女」でデビュー。翌年の「圭子の夢は夜ひらく」は実にオリコン10週連続1位、76万枚を売り上げた。 血が滴るような衝撃的なハスキーボイスを作家の五木寛之はこう絶賛した。…

None

「強いヤツが偉い」高1でテングになった杉村太蔵のテニス部時代

■「強いヤツが偉いんだ」 旭川市生まれの杉村さんは、父親から小学生時代にテニスの手ほどきを受けた。小学生で北海道大会優勝、硬式に転じた中学でも道大会優勝の実績を持つ。ちなみに、実家は旭川ではそれと知られたテニスクラブ。道内きってのテニス名門校に越境入学したのは、こんな下地があればこそだった。 「高校入学2カ月余りで道大会優勝でしょ。自信もついたし、校内でも認められ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事