日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ダルビッシュ有特集

None

実弟「野球賭博」で逮捕の波紋 ダルにもMLBの調査入る可能性

米大リーグ・レンジャーズの「ダルビッシュ有」。弟で自営業のダルビッシュ翔容疑者(26)が、賭博開帳図利容疑で大阪府警に逮捕されたからだ。 一緒に捕まったのは、鉄骨工田中凌(23)と韓国籍の無職宋尚哉(29)の両容疑者。翔容疑者と田中容疑者は共謀し、5月12~18日に行われた米大リーグとプロ野球の公式戦計44試合の勝敗について、胴元として客から計約1850万円の賭けの…

女性にもモテモテ/(C)AP

日本最強投手「マー君vsダル」徹底比較(上)ダルビッシュ有

ホントにイヤでした」…

快挙達成でメジャー行きが現実に

7試合連続2ケタK日本新 楽天則本“直球回転数”でダル超え

米球界でも上位にランクされる、レンジャーズのダルビッシュ有(30)で今季平均は2311となっている。 「球の回転数だけで投手としての優劣を判断することはもちろんできないが、少なくともノリモトのストレートはダルビッシュと遜色のない、米球界でもトップクラスの伸びと質を持っているということはいえる。当然、直球の質が良ければ、変化球はより生きる。メジャーでも『ドクターK』と…

まだ29歳と若いゆえか

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

ダルビッシュ有 ヤンチャな兄ちゃんが清原を語る危うさ

少し前の話になって恐縮だが、ダルビッシュ有が清原和博の覚醒剤事件についてスポーツ紙から意見を求められ、「米国ではそういう選手でも、もう一度チャンスをもらえている」「日本もセカンドチャンスを与える社会になっていかないと」などと発言した。もちろん清原が罪を償い、薬物から完全に脱却することを前提とした意見である。 これには多数の賛否が飛び交ったが、私はそれ以前の問題として…

驚異の回復力

2017年 日本人大リーガーの禍福

レ軍・ダルビッシュ有は契約延長でもFAでも年俸30億円に

周囲が騒がしくなってきた

ハム大谷だけじゃない レンジャーズ首脳“緊急来日”の狙い

レンジャーズは過去に日本ハムからダルビッシュ有、建山義紀、田中賢介を獲得。花巻東高の菊池雄星(現西武)との面談には当時新人左腕だったデレク・ホランド(現ホワイトソックス)を同席させるなど、日本人選手の獲得に熱心な球団のひとつだ。今回は米の他球団に先駆けて二刀流選手を視察して本人や関係者に誠意を示したが、レンジャーズの狙いは大谷だけにとどまらない。 「ダニエルズGM…

好調を維持する坂本

菊池のグラブ型を…巨人・坂本“盗めるものは盗む”貪欲さ

名手のグラブの型を参考にしようというなら、ずうずうしいというか貪欲ですよね」 オフにダルビッシュ有(30=レンジャーズ)から声をかけられ、合同自主トレを行ったのも契機となった。「自分の体重を使った筋トレ」を教わり、体幹をより重視するようになった。WBC前に体重は3キロ増量。パワーアップしたことで、飛距離アップだけでなく、バテない体づくりにもつながっているようだ。 他…

シアトルの和食店で

ナインに溶け込むダルビッシュ 初勝利後に投手陣と食事会

そんな中で、珍しくナインに溶け込んでいるのがレンジャーズのダルビッシュ有(30)だ。 今季3試合目にして初勝利を挙げた13日(日本時間14日)のエンゼルス戦後、ツイッターで「今日はピッチャーだけで食事会」とつぶやき、インスタグラムに飲食店でナインと夕食を囲むシーンをアップした。写真は次の遠征地であるシアトルの和食店で、ナインと談笑した際のひとコマだ。 この日は六回…

山椒は小粒でも…

PO伊戦で決勝打 ベネズエラ5番・オドーア“打撃開眼”秘話

ベネズエラの敗退危機を救ったのは、・ダルビッシュ有(30)の同僚だった。 1次ラウンドD組(メキシコ・グアダラハラ)のプレーオフは13日(日本時間14日)、ベネズエラがイタリアを4-3で下し、2次ラウンド進出を決めた。 ベネズエラは1点を追う九回にM・カブレラのソロ本塁打で同点に追い付くと、無死一塁から5番ロウグネッド・オドーア(23・レンジャーズ)の左中間適時打で…

強力援軍を得たダルビッシュ

ダルに強力援軍 かつての女房役ナポリがレンジャーズ復帰

ダルビッシュ有(30)が“復縁”である。 レンジャーズは16日(日本時間17日)、インディアンスからFAになっていたマイク・ナポリ一塁手(35)の獲得を発表した。1年契約で年俸600万ドル(約6億8000万円)。18年は球団が選択権を持つ。2年ぶりのレンジャーズ復帰だ。 レンジャーズ時代、捕手だったナポリは、ダルともバッテリーを組んだ。リードに加え、投手の好不調を見…

持ち前のストイックさで海を渡れるか

DeNA今永は年末の酒席にもメモ帳持参の“データおたく”

1年目から結果を残すダルビッシュ有(30)や田中将大(28)の姿に、球児たちの目は日本より米国にクギづけとなった。日本球界を代表する日本ハムの大谷翔平(22)も、高校卒業後はメジャー挑戦を表明していた。最近では「神ってる」広島の鈴木誠也(22)も「メジャー志向」を口にしている。 DeNAの今永昇太(23)もそのひとりだという。目下の目標は、楽天の則本昂大(26)、阪…

弟子がワンサカ

プロ野球からも続々集結 ダル“過酷自主トレ”の魅力とは

米大リーグ、レンジャーズの右腕・ダルビッシュ有(30)が自主トレを行っている都内のジムには連日、錚々たるメンバーが集結している。 昨年からのメンバーであるヤンキースの田中将大(28)、日本ハムの大谷翔平(22)に続いて、今年は阪神の藤浪晋太郎(22)、楽天の則本昂大(25)、巨人の坂本勇人(27)、ヤクルトの由規(27)が参加。ソフトバンクへの入団が決まった創価大の…

シャーザーら代表選手が本気を出せば米国の優勝も見えてくるが

スター選手が続々と名乗り メジャーがWBCではじく皮算用

14日(日本時間15日)には今季レンジャーズでダルビッシュ有とバッテリーを組んだメジャーを代表する捕手の一人であるジョナサン・ルクロイ(30)が参加を表明。ルクロイ以外にもサイ・ヤング賞右腕のナショナルズ・シャーザー(32)、2年連続2冠(本塁打、打点)のロッキーズ・アレナード内野手(25)ら実績のあるメンバーが名を連ねている。 米国は過去3大会で09年の4位が最…

紗栄子と「ZOZOTOWN」の前澤氏

紗栄子 30歳誕生日にZOZO前澤社長と「当てつけ再婚」情報

昨年2月、元夫・ダルビッシュ有(30)が山本聖子(36)と交際宣言&妊娠をブログで報告すると、翌日、紗栄子は意味深な「ウエディング姿」をブログに掲載。その後、山本がダルの練習風景をブログに掲載したために“元嫁の当てつけ”VS“現妻の勝利宣言”が怖すぎるとネット上で話題になった。 今月1日にはダルと山本の入籍が明らかに。昨年7月には2人の子が誕生し、事実婚状態だった…

15年の付き合いになる吉野(左)と

“外れ”で5球団競合 ロッテ1位佐々木は自由奔放な強心臓

先発じゃなくても、投げろと言われたところで投げたい」 好きな選手はレンジャーズのダルビッシュ有(30)。 「目標とは違うけど、見ていて楽しい選手なので好きです」 ロッテで結果を残せば、メジャーの道も夢ではない。 ▽ささき・ちはや 1994年6月8日、東京都生まれ。日野第八小学校2年のとき「日野イースタンジュニア」で野球を始める。三沢中学まで軟式、日野高校3年のとき、…

超大型契約も夢ではない

レ軍残留交渉も…ダルは年俸30億円で金満球団に狙われる

レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは8日(日本時間9日)、来季が6年契約の最終年となるダルビッシュ有(30)について「チームにとって非常に大切で、最高の投手。どこかの時点で代理人と話し合わないといけない」と再契約に前向きな姿勢を見せた。 右肘手術から5月に復帰した今季のダルは17試合で7勝5敗、防御率3.41。直球は常時150キロ台半ばをマークし、100.1回で…

七回、2点タイムリーを放ったエンカーナシオン

ブルージェイズの窮地救ったア打点王は“マー君キラー”

レンジャーズとの地区シリーズ第2戦ではダルビッシュ有から一発を放ってマウンドから引きずり下ろしたように、エンカーナシオンは日本人投手キラーとしても知られる。 これまで日本人投手に対して123打数41安打の打率3割3分3厘、9本塁打、31打点。中でもカモにされているのはブルージェイズと同地区のヤンキース・田中将大だ。 田中がヤンキースに移籍した14年からの3年間の対戦…

打席に向かう前のルーティンが来季も見られる

イチロー残留で現実味 マーリンズ“18年凱旋試合”プラン

開幕戦の相手にはダルビッシュ有のレンジャーズが浮上していて、すでに日本遠征を打診しているともいう。 少なくともイチローは、18年までは現役でいられそうだ。…

地区シリーズ第2戦の登板が有力視されるダル

オリオールズvsブルージェイズ いずれもダルは一発に警戒

この試合の勝者が6日(同7日)からの地区シリーズ(5回戦制)でダルビッシュ有(30)のレンジャーズと対戦する。 両軍のどちらが地区シリーズに勝ち上がっても、7日(同8日)に登板予定のダルは配球で細心の注意が求められる。両チームとも打線が強力だからだ。 オリオールズは本塁打王(47本)のトランボを筆頭に、デービス(38本)マチャード(37本)と主軸が揃って30発以上…

ポストシーズンではベンチで観戦か…

急きょ登板日変更のダルに“今シーズン終了”の可能性

レンジャーズのジェフ・バニスター監督は13日(日本時間14日)、ダルビッシュ有(30)が登板予定だった14日のアストロズ戦から17日のアスレチックス戦に変更したと発表。指揮官はポストシーズンを見据えて、「(ダルに)休養を与える。先発ローテーションをハメルズ(14勝5敗)、ダル(5勝4敗)、ルイス(6勝2敗)の順にしたい」と説明。「体調面の問題は100%ない」と故障…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事