日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大島優子 映画」に関する記事

ジャニーズ事務所

脇役嫌がらず 稲垣吾郎SMAP解散後は映画舞台で生き残り

三池崇史監督とか、稲垣さんと仕事がしたいという映画人はいっぱいいます」 元AKBの大島優子との共演で昨秋に上演した舞台「No.9-不滅の旋律-」では、なんとベートーベン役をこなし、毎回スタンディングオベーションの大盛況だったというから、大したもの。ピンの役者として、芸能界に足場を築いているのだから、契約とか独立うんぬんでドタバタするのは損だと理解しているのだろう。…

大島優子

“キムタクの裏”で初主演…大島優子ドラマに評価は真っ二つ

元AKB48大島優子(26)の初主演ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(TBS系)は、初回放送(16日)の平均視聴率が9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。 同じ時間帯に放送され、今期民放ドラマでトップとなる平均視聴率16.7%(同)と好発進をきった木村拓哉(42)の「アイムホーム」(テレビ朝日系)と比較し、大島の演技や作品について、…

None

女優・大島優子は前田敦子を反面教師に“肉体派”へ転向

私、大島優子はAKB48を卒業します」 昨年の大晦日、NHK紅白で「恋するフォーチュンクッキー」を歌った後の電撃発表に、会場は騒然とした。 まあ、そうはいっても、ここ最近のAKBに「卒業」はつきもの。「初代センター」の前田敦子(22)をはじめ、篠田麻里子(27)、板野友美(22)など主要メンバーが続々とグループから離れている。大島の卒業も時間の問題だった。 自身のラ…

タナダユキさん

この人に密着24時間

映画監督タナダユキさん 撮影時は5時起きで帰宅は夜11時

蒼井優主演の「百万円と苦虫女」、大島優子主演の「ロマンス」と、今を生きる女の心の機微を丁寧に描き、きれいごとでは済まされない家族の物語を生み出している。 「老いていく親とどう向き合うのかというのは、私の世代には切実なこと。そして親世代にとっても、自分の人生の最終章をどう自分で始末をつけるのか、考えなければならない。家族って面倒で厄介なものだと思いますが、結局のところ…

結婚目標年齢は40歳

恋愛自由も…大島優子「Xmasは仕事」は勝ち組の証明

16日、「BEST BEAUTY OF THE YEAR」に出席した大島優子(27)もご多分に漏れず「仕事が入ってます」と苦笑いしたが、「毎年クリスマスは縁がなくて、楽しかった記憶がない。来年、再来年のクリスマスは愛されていたいですね」と未来の“彼”を妄想して交際を予言。 プレゼントは「いらないかも」と謙虚ながら、同席した植松晃士が「プレゼントって愛の形みたいでいい…

映画での体当たり演技が高評価

佐藤健、尾上松也…恋愛経験が花開かせた前田敦子の演技力

一方、かつてAKBでセンターを争った大島優子は、昨年出演した映画「紙の月」で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、出演したドラマ「銭の戦争」も大ヒットし、女優としての道を着々と歩んでいる。その間、前田といえば泥酔して佐藤健にお姫さま抱っこされる姿を週刊誌にキャッチされたかと思ったら、歌舞伎界のホープ・尾上松也との熱愛発覚と、恋愛でばかりが注目された。女優の道を選んだか…

虎視眈々…

狙うは大河ヒロインか 大島優子が「時代劇」に“色気ムキ出し”

元AKB48メンバーで女優の大島優子(26)が、NHK大河ヒロインの座に色気たっぷり――!? 2日、新イメージキャラクターとして起用された「ピュレグミ」の新CM発表会に出席。初リニューアルとなる同商品に関連し、新たに挑戦したい役について聞かれると、「ずーっとやってみたいと思っているのは時代劇!」と即答した。 「そのためには目標を掲げているだけじゃなく、逆算して今でき…

引っ張りだこ/(C)日刊ゲンダイ

始まった大島優子“争奪戦”…各局から番組司会オファー殺到

AKB48を卒業した大島優子(25)の争奪戦が始まった。卒業後の初仕事としてフジテレビ系の特番「2014 FIFA ワールドカップ ブラジル 開幕直前SP」のリポーターで2泊5日の弾丸ツアーをこなしているのだが、今後は殺人的スケジュールだ。すでに来春まで埋まったというから、スゴイ。 「4月まではオフなんて1日もない。本当は女優業に専念したかったんですが、バラエティー…

フォトセッション直前の雨模様に慌てる出演者たち

中村勘九郎主演「真田十勇士」 休憩中は下ネタで意気投合

堤監督、中村をはじめ、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤雅也ら豪華メンバー13人が登壇した。 本作は天下の名将と名高い真田幸村(加藤)が、実は腰抜けの武将であったという大胆な発想による時代劇エンターテインメント。中村は過酷な撮影を振り返りつつ、「男ばかりの現場だったので(休憩時間は)下ネタばかりでした」と明かし、笑いを誘っていた。 映画は9月22日から公開。…

コアなファンや映画監督を魅了

地道な活動が実を結んだ 前田敦子“本領発揮”までの4年間

とりわけ、前田敦子は、大島優子や高橋みなみのように感情を表に出すタイプではなく、方向性や世界観が理解されにくい。それが、卒業から4年の歳月が経ち、地道な活動が実を結び始めた。一部のコアなファンや映画監督らを魅了する“あっちゃん自身のポテンシャル”への認知度が広まったように感じます。来月で25歳になる彼女は少女と大人の女性のはざま。芝居ひとつとっても多様な役ができる。…

/(C)日刊ゲンダイ

下ネタも好評…宮沢りえが母から受け継いだプロデュース力

共演者は大島優子、小林聡美。りえとベッドを共にする年下の浮気相手を演じたのが子役出身の池松壮亮。最近は男優も「脱ぎっぷりの良さ」を評価される時代。池松は逸材だそうだ。 共演者で見れば地味だが、そこは中身と宮沢の演技で十分カバーできている。今や日本を代表する女優に成長した宮沢。成長過程を振り返ると見えてくるものがある。 「CMモデルなどで名前を売り、先に世間に認知させ…

史上初の連覇を飾った指原莉乃

芸能界クロスロード

25位だった川栄は卒業後…AKB総選挙“下位”に注目も一興か

これまで前田敦子、大島優子の1位獲得者や人気のあった初期のメンバーが卒業。女優の世界でしのぎを削っているなか、意外な形で注目されている卒業生がいる。NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」での好演で人気急上昇中の川栄李奈(21)だ。 芸能関係者によれば、「朝ドラは役者の再生工場のごとく、往年活躍した人や、まだ芽が出ない人が新たなキャラで蘇る。役者としてステップアップする登竜門…

芸能人にとっては必要経費

北川景子は「カフェカー」で話題 芸能人の“太っ腹”差し入れ伝

「昼顔」(フジテレビ系)の撮影中には大量のコロッケを差し入れ、「ヤメゴク」(TBS系)で共演する元AKBの大島優子(26)のインスタグラムでは、屋外で焼肉を楽しむ様子が紹介された。男らしい“直球セレクト”が好評のようだ。 ちなみに、米俳優のキアヌ・リーブス(50)は映画「マトリックス」の撮影後、スタッフたちに高級大型二輪「ハーレー・ダビッドソン」をプレゼントしたとい…

ファン絶賛の1枚

奇跡の1枚? 元AKB光宗薫の写真が「かわいすぎる」と話題

AKBの卒業メンバーには前田敦子(23)、大島優子(26)、篠田麻理子(29)、板野友美(23)ら全盛期を担ったメンバーも少なくないが、女優として活躍する前田と大島以外は注目度が薄れつつある。その中で、存在感を出し始めているのが光宗だ。2014年10月に雑誌「Oggi」でモデル活動をスタートし、今年9月には映画「ピース オブ ケイク」で成田あかり(渋谷ナオミ) 役…

今ごろは後悔している?/(C)日刊ゲンダイ

「生涯優子推し」でなぜか再燃した山田孝之の「隠し子騒動」

俳優の山田孝之(30)が自身のフェイスブックで、AKB48の大島優子(25)の卒業コンサートに行ったことを写真付きでアップし、話題になっている。 「生涯優子推し」とのタイトルで、AKB48のロゴ入りTシャツを着用。首にはタオル、両手にフラッグとペンライトという“オタク丸出し”の姿を披露し、計1万4000以上の「いいね!」がつくほどの大反響だ。 山田は映画化もされたド…

None

低迷「安堂ロイド」 キムタク“集中砲火”に救われた人たち

木村の相手役の柴咲コウや、3番手の大島優子の関係者もホッとしているでしょう。木村以外の格下が主演だったら、<数字が取れない女優>というイメージが付いてもおかしくなかった」(制作スタッフ) もちろん一番悪いのはプロデューサーであり、陳腐な企画を通した局の幹部連中であることは、言うまでもない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事