日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「五十川敦子 横浜」に関する記事

高知東生容疑者(左)と五十嵐容疑者が勤務していた店が入るビル

高知東生とラブホで逮捕 愛人ホステスは“ハマのお嬢さま”

覚醒剤と大麻所持の疑いで逮捕された高知東生容疑者(51=本名・大崎丈二)は、横浜市南区のラブホテルで一緒に捕まったホステスの五十川敦子容疑者(33)についてこう供述しているという。 「(五十川容疑者は)愛人ではなく知人」とも話しているというが一体、どんな女なのか。 五十川容疑者は06年から都内のモデル事務所に登録スタッフとして所属。08年ごろまでレースクイーンとして…

2人の密会は200回を超えた

五十川被告と220回 高知東生被告がハマった“クスリと女”

「刺激を求める気持ちが勝ってしまった」 傍聴券18枚に対し1198人が並んだ元俳優・高知東生被告(51=本名・大崎丈二)とその愛人、元クラブホステス・五十川敦子被告(34)の初公判。31日、東京地裁に黒の短髪、黒いスーツ姿で現れた高知被告は起訴内容を認めた。どうやら五十川被告とともに、覚醒剤と情事にドップリはまっていたようだ。 冒頭陳述によると、高知被告は18歳のこ…

五十川敦子被告

高知の愛人ホステス五十川被告が200万円で保釈…無言貫く

覚醒剤取締法違反の疑いで元俳優の高知東生被告(51)とともに起訴されたクラブホステスの五十川敦子被告(33)が2日、警視庁東京湾岸署から保釈された。収監から39日ぶりで、保釈金は200万円。 五十川被告はメガネをかけ、ボーダーのカットソーに白のカーディガンといういでたち。正面玄関に姿を見せると、報道陣に頭を下げた。「高知被告と会うのか?」「まだ愛しているか?」といっ…

逮捕された高知東生容疑者と五十川敦子容疑者(本人のブログから)

溝口敦の「斬り込み時評」

男と女で異なる“効き目” 切り離せない覚醒剤と性の関係

高知は元レースクイーン五十川敦子(33)と横浜市南区のラブホテルに投宿し、覚醒剤を使ってセックスした後、全裸で寝入っていた朝8時半、麻薬取締官の急襲を受けた。 有名人の薬物犯罪というと、かならずといっていいほど男女のカップルで逮捕されるのはどうしたわけか。シャブセックス、つまりはキメセクの常習者だからだろう。 専門家に聞いても、覚醒剤とセックスとの関係は未解明とい…

高知容疑者と知り合う前から…

“主役”は高知の愛人ホステス…仲間に大物女優2世らの名前

事件の輪郭が、おぼろげながら見えてきているが、実は“主役”は高知ではなく、その愛人、クラブホステスの五十川敦子容疑者(33)のようだ。 「2人を逮捕したマトリ(関東信越厚生局麻薬取締部)がもともと狙っていたのは五十川容疑者の方で、そこに高知が引っかかってきた。それぞれ内偵を進め、六本木などで何度も密会していることを確認した上で、横浜のラブホテルで“御用”となったので…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事