日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「吉瀬美智子 ドラマ」に関する記事

花魁役がはまった?/(C)日刊ゲンダイ

濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か

夏には上戸彩、吉瀬美智子が不倫妻を演じた「昼顔」が放送された枠。同作では吉瀬のベッドシーンが生唾もので、平均でも14%近い視聴率を叩き出した。 この枠にピッタリの女優として安達に白羽の矢が立ったわけだ。 「安達の代表作は『家なき子』。その他の主演ドラマは97年の『ガラスの仮面』があるくらい。天才子役といわれながら、単発ドラマや脇役が多く、作品には恵まれなかった。それ…

美女ぞろい/(C)日刊ゲンダイ

紀香は下着、綾瀬は入浴…秋ドラマは“お色気合戦”も要注目

「7~9月は上戸彩と吉瀬美智子の『昼顔』がヒット。共演した斎藤工と北村一輝の引き締まった肉体が話題になって、女性視聴者が大喜びでしたが、秋のドラマは女のハダカが売り。珍しく“お色気合戦”になりそうです。今が旬の女優のエロい姿を拝むチャンスです」(マスコミ関係者) 視聴率争いより“お色気合戦”に注目!…

ドラマは不倫がバレて修羅場へ/(C)日刊ゲンダイ

あなたの妻は上戸彩か吉瀬美智子か…「昼顔妻」の見分け方

私の周辺では、第1子の育児の際、夫に協力してもらえなかった女性はなぜか不倫しています」(夏目かをる氏) 身に覚えはない?…

露出に期待/(C)日刊ゲンダイ

シリーズ化、映画化浮上 上戸彩が不倫「昼顔」のアキレス腱

上戸のキスシーン、吉瀬美智子のセクシーな背中を見せたベッドシーン、斎藤工と北村一輝の引き締まった裸などエロチックな描写が評判がよく、新たな“官能路線”として位置づけ、定着させたいのです」(マスコミ関係者) ■「セカンドバージン」パターン シリーズ化にあわせて映画化の話も浮上。ドラマと映画で一気にヒットシリーズに育てていこうとしているのだ。これまで「踊る大捜査線」シリ…

51歳で独身

イヤミ課長でブレーク中 木下ほうかは「吉本新喜劇」出身

知名度を上げたのは昨年のフジテレビ系ドラマ「昼顔」で、不倫妻役の吉瀬美智子を粘着質にいじめまくる夫を演じ、「気持ち悪い!」とお茶の間に嫌われまくり、演技力の高さを知らしめた。 64年、大阪府生まれ。高校生の時に役者を志し、新聞広告で見た井筒和幸監督の「ガキ帝国」のオーディションを受け合格。大阪芸術大学で舞台芸術を学び、卒業後は吉本興業の新人タレントオーディションに…

朝ドラ女優が上位独占/(C)日刊ゲンダイ

吉瀬美智子が「昼顔」で躍進…潜在視聴率&ギャラ最新ランク

もうひとつ注目なのは、上戸彩(29)と吉瀬美智子(39)の「昼顔」(フジテレビ系)コンビの台頭だ。上戸はこの手の調査の常連だが、吉瀬がトップ10入りしたのは初めて。社会的話題となった不倫ドラマはやはり強かった。 ちなみに同時に調査された推定ギャラを加味すると、“費用対効果率”も見えてくる。それによると、吉高、杏(28)のほか、北川景子(28)、吉瀬、新垣結衣(26…

美貌の裏に意外な苦労

吉瀬美智子 “良妻賢母”の原点は複雑な家庭とヤンキーの過去

女優の吉瀬美智子(40)が19日、都内のホテルで行われたUCCコーヒーの新商品と新CM発表会に出席した。 透明感あふれる白い光沢のドレスで登場した吉瀬は、膝上15センチのミニ丈から伸びる美脚を披露し、人妻女優ならではのオトナの色香たっぷり。 撮影用コーヒーをドリップするスタッフに淹れ方のコツを尋ねるなど、プライベートでも大のコーヒー党で、「まだ子供が寝ている間に、一…

1年ぶり復活なるか/(C)日刊ゲンダイ

矢口真里のテレビ復帰説 不倫ドラマ「昼顔」効果が後押し?

先月終了したドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系)は2人の主婦(上戸彩、吉瀬美智子)が浮気に走る話で、平均視聴率13・9%をマーク。社会現象にもなった。 「矢口さんは絶妙のタイミングで復帰することになります」と言うのは男女問題に詳しい作家の三浦天紗子氏だ。 「この10年で女性は大きく変わりました。25~35歳の女性の48%が浮気経験者という調査結果…

低音ボイスも魅力/(C)日刊ゲンダイ

「昼顔」で上戸彩とキス…斎藤工“男の色気”でブレーク必至

オトコの色気だけでノシ上がってきた感じです」(桧山珠美氏) 「昼顔」では、同じようなタイプの北村一輝(45)が、上半身ハダカの吉瀬美智子(39)を相手に濡れ場を演じた。楽しめるのは主婦だけではない。…

私生活とシンクロ/(C)日刊ゲンダイ

時間帯トップ 女性ファンを扇情させる上戸彩「昼顔」のヒット

女性の渇望感をうまく表現していました」(若手放送作家) ■男のイキ顔もふんだん また、上戸と共演の吉瀬美智子の不倫相手になる斎藤工と北村一輝を、うまくほのめかすように描いていた。斎藤は最初はメガネを掛けて頼りなく見えるが、途中から外して男らしさをアピール。北村も自分の指をしゃぶったり、女が欲情するような描き方だった。今後は斎藤や北村の鍛え抜かれた裸がバンバン露出する…

幅広い世代の女性が支持

SHIHO明かす ギャラ桁違いでも“女優転身”しなかった理由

■女優の方がゼロがひとつ多い時代 小雪、米倉涼子、吉瀬美智子など同世代はモデルから女優への転身組が活躍している。SHIHOも、ドラマ「MR.BRAIN」(09年)やNHK「トップランナー」の5代目司会者などを務め、モデルからテレビにシフトするのかと思われた。 「『自分は何の人?』という気持ちが常にあります。ひとつの軸が大事。女優業の厳しさや競争率の高さも知っている…

松尾幸実は学生時代からプロの漫画家だった

職業は漫画家 ミス・ユニバース日本代表が女優デビュー

女優になる人は、子供の頃から積み重ねてやっているというイメージがありますが、事務所の大先輩の米倉涼子さんも吉瀬美智子さん、井川遥さんも30歳を過ぎてから女優として大活躍されているので、私もそれに続けたらと思います」 主演は剛力彩芽、共演は滝藤賢一、小日向文世、三宅弘城ら。松尾は滝藤演じる官邸調理場を仕切る政務担当総理大臣秘書官の部下の役だ。 「台本の読み合わせでは、…

None

実写版ルパンに異論 「峰不二子はメイサより真木よう子」の声

ちなみに、ダントツの1位は藤原紀香で、以下、(2)杉本彩(3)米倉涼子(4)吉瀬美智子(5)黒木メイサ(6)小嶋陽菜(7)栗山千明(8)篠原涼子(9)山田優(10)鈴木京香と続く。 「10年前なら間違いなく紀香で決まりだったんでしょうが、ルパンを演じる小栗旬(30)とは、年齢的に釣り合わない。紀香自身も『赤旗』に登場するなど、最近は女優業以外の活動に熱心です。米倉は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事