日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「半沢直樹 役者」に関する記事

また高視聴率を叩き出すか?

真田丸ヒットも追い風 堺雅人に「半沢直樹」続編説が浮上

業界関係者のだれもが“幻のドラマ”と呼ぶ「半沢直樹」の続編制作に、TBSがついに取りかかる方向で調整に入ったのだ。この情報はまだ正式にオープンにはなっていない“機密案件”。 「この10月から『半沢直樹』の続編を放送することを、ようやく主役の堺雅人に内諾してもらったようです。情報解禁は早くて8月下旬。現在、堺が出演するNHKの大河ドラマ『真田丸』の収録がすべてクランク…

尾上松也も「前田敦子の恋人」のほうが通りがいい?/(C)日刊ゲンダイ

歌舞伎「若手役者ブーム」は観客動員に結び付けられるのか

熊切あさ美との熱愛に、ドラマ「半沢直樹」でおネエ系を好演して人気を博し、一足早く広報役を担っていた。 2人とも本業の歌舞伎ではなく、他の話題で注目された役者。それでも、イベントに登場すれば、「交際は順調ですか」と判で押したような質問にも笑顔でのらりくらりと答える。メディア受けはいい。市川海老蔵以来、若手歌舞伎役者による活動は輪のように広がっている。市川猿之助も来秋、…

歌舞伎界の見る目も一変/(C)日刊ゲンダイ

ドラマの合間に歌舞伎の稽古…香川照之が働きまくるワケ

ドラマ「半沢直樹」の敵役、大和田常務で話題になったかと思えば、先月は「宮本武蔵」に「LEADERS リーダーズ」とスペシャルドラマに立て続けに出演。今月からは連ドラの「MOZU」に出る。 それに香川には歌舞伎役者、市川中車の顔もある。今年は初の全国巡業公演も。とまあ、まさに八面六臂(ろっぴ)の活躍だ。 半沢役の堺雅人はCMこそ「トヨタ自動車」に「ソフトバンク」と5…

手塚とおる

今週グサッときた名言珍言

「(セリフは)僕の言葉ではないっていうのは大事にしておきたい」by 手塚とおる

半沢直樹」(TBS)の悪役・古里や「ルーズヴェルト・ゲーム」(同)の野球部を立て直す監督役で強烈なインパクトを残し、今年は「太鼓持ちの達人」(テレビ東京)でドラマ初主演を果たした。実はテレビの世界に本格進出したのは2013年から。まだ、わずか2年しか経っていないことに驚かされる。 そんな手塚が、身もフタもなく語った演技論が今週の言葉だ。続けてこう言う。 「僕の肉体…

None

あまコンビW主演で話題 「隠蔽捜査」は“警察版・半沢直樹”

半沢直樹を見てた人が半分見てくれたら、20%いくんで」と鼻息も荒かった。 刑事ドラマといえば「現場」が主役だが、本作は「キャリア官僚」を描く異色のストーリー。バカ正直に規律と秩序を守る東大卒のキャリア(杉本哲太=48)と、本音と建前を使い分ける私大卒のキャリア(古田)という凸凹コンビを軸に、警察内の権力闘争、人間関係、そして家庭の問題をミステリー仕立てで描く。あれ…

エルベの「ミックスシチュー(ビーフとタン)玉子入り」

タレントが通う店 やってる店

歌舞伎役者の片岡愛之助もハマった!シチューの名店「エルベ」

2013年の連ドラ「半沢直樹」、今年は大河ドラマ「真田丸」に出演するなど、最近はテレビでの活躍も目立つ歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)。日々数多くの舞台をこなし、幅広く活躍する、そのスタミナ源ともいえるのが大好物のビーフシチューだ。「エルベ」は愛之助が長年ひいきにしている洋食店。歌舞伎座のそばの静かな裏通りにある、近隣ではよく知られたシチューの名店だ。 歌舞伎界御用達…

(左から)阿部寛、杉良太郎、立川談春、倍賞美津子

「下町ロケット」専門家が見た好発進要因は“特盛り全部のせ”

池井戸潤氏の小説を原作とした今作は、最高視聴率40%超えを記録した「半沢直樹」や「ルーズヴェルト・ゲーム」に続く“池井戸ドラマ第3弾”で、新作を楽しみにしていた人は多かったようだ。 同クールでは、テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」に次ぐ初回視聴率16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、上々の出だしを切った。 物語はロケットエンジンの開発研究員を辞めて父…

朝ドラ「ごちそうさん」では杏の長男役

遠藤憲一とダブル主演 若手俳優・菅田将暉ってどんな役者?

原作は「半沢直樹」をヒットさせた作家の池井戸潤氏だというから、高視聴率は約束されたようなものだが、リリースをよく見ると「ダブル主演」となっている。実力派エンケンとガップリ四つで組むのは菅田将暉(22)という若手俳優。失礼ながら、あまり聞いたことないけど、どんな役者なのか。 プロフィルを見ると09年「仮面ライダーW」で主演したほか、数々の映画で「高崎映画祭最優秀助演…

「パンドラ」シリーズで主演/(C)日刊ゲンダイ

監督絶賛! 堺雅人が「パンドラ」で見せる“素の演技力”

高視聴率を立て続けにマークした「半沢直樹」「リーガルハイ」に続く主演作をこう振り返った。 「責任感と新しい風を吹き込めたらと思って取り組みました。すばらしい骨格を持った作品。楽しく、勉強になりました」 役者一筋22年、早大時代から劇団員として場数を踏んできた男とは思えない謙虚さである。 人類にとって「パンドラの箱」のような発明をした主人公の運命を描く同シリーズ。脚本…

None

楽屋から香水のニオイも…愛之助&熊切「結婚」は近いのか?

大ヒットドラマ『半沢直樹』の黒崎検査官役は記憶に新しいし、本業の歌舞伎も順調。一方の熊切も愛之助の話題でテレビやイベントに出演する仕事が急増。いわゆる“WINWIN”の関係になっている。よほど相性がいいのでしょう。役者はフツーの人の何倍もゲンを担ぐから、こうなると別れにくい。愛之助にとっては、現状の恋人関係の形が続くのが望ましいのかもしれませんが」 “崖っぷち”の熊…

None

TBSドラマ「小さな巨人」初回顔芸大賞は安田顕

半沢直樹」の刑事版だとか、映画「シン・ゴジラ」と役者がかぶっているなどなど。下馬評では半沢とゴジラを足して2で割ったようなドラマだと揶揄する声も上がっていたが、まるで短編映画を見るかのようにぐいぐいと引き込まれたオトーサンは多かったのではないか。25分拡大版で放送したTBS系日曜劇場「小さな巨人」(21時~)のことである。 初回(16日)視聴率は13.7%(ビデオ…

None

脚本家で見る注目春ドラマ

丑尾健太郎 勝負作に抜擢された異才

しかし4月16日にスタートする長谷川博己(写真)主演の刑事ドラマ「小さな巨人」は、日曜劇場快進撃の基盤をつくった大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」のスタッフを結集させ、キムタク超えの高視聴率を狙う。だが、この勝負作にも不安が残るとテレビ誌の記者は語る。 「今クールの注目ドラマであることは間違いないのですが、気がかりがある。『半沢直樹』『下町ロケット』で脚本を…

33年前の東京の空は大きかった(映画「家族ゲーム」から)

私の秘蔵写真

俳優・宮川一朗太 松田優作にプロレス技をかけられドヤ顔

TBS系のドラマ「半沢直樹」の嫌みな副支店長役や、映画「ソロモンの偽証」で事件の発端となる飛び降り自殺した少年の父親役が印象深かった。宮川さんの秘蔵の一枚は、デビュー作のスチールだった――。 ■彼と出会ったから役者を続けることができた 「これね、ボクのデビュー作『家族ゲーム』のスチールなんです。家でダ~ッとアルバムを引っくり返していて、ハッと目に留まった一枚。分かり…

数々の人気劇団を渡り歩いてきた

野田秀樹が絶賛 生粋の舞台人・手塚とおる“狂気の演技”

2013年の大ヒットドラマ「半沢直樹」の悪役ぶりで一気にブレークした感のある俳優・手塚とおる(53)。不気味な役をやらせたら天下一品で、これまでも「華麗なるスパイ」(09年)で爆弾テロリスト、「ゴッドハンド輝」(09年)の悪徳医師、「マジすか学園」(10年)では女生徒を盗撮する教師、「荒川アンダー ザ ブリッジ」(11年)では白線にこだわる謎のオヤジと、クセのありす…

映画「案山子とラケット」にも出演

30歳までバイトで生計 俳優・小市慢太郎は”脇役界の星”

「あまちゃん」や「半沢直樹」以降、たしかな演技力をもつ劇団や舞台出身のバイプレーヤーがテレビドラマの世界を席巻している。遠藤憲一、古田新太、松重豊、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一などはすでに主役級の活躍を見せているが、今年、ブレーク確実といわれるのが、どこか見覚えのあるダンディーな白髪男、小市慢太郎(46)だ。 あまちゃんにも半沢にも出演していないが、知る人ぞ知る実…

Wヘッダー常連/(C)日刊ゲンダイ

香川に滝藤…ドラマ界に「掛け持ち規制」のブラックジョーク

『あまちゃん』の古田や『半沢直樹』の滝藤などはその典型。しかし、こうなってみると、ドラマ界の人材不足は明らか。そのうちに役者もボロボロに疲弊し、粗製乱造でますますクオリティーが落ちる可能性は否定できない。掛け持ち規制法でも作ったらどうかという笑い話まであります」(先のドラマ関係者) 掛け持ちしている役者も売れているうちがハナという気持ちもあるだろうが、ほどほどにして…

崖っぷちの熊切あさ美/(C)日刊ゲンダイ

破局は否定も…愛之助&熊切に立ちはだかる“梨園の事情”

愛之助といえば、ドラマ「半沢直樹」で見せたオネエ口調の官僚役で、一気に全国区に。現在、仕事の予定は数年先まで埋まっているという人気者だ。 一方、崖っぷちアイドルを自称する熊切は、事あるごとに円満交際をアピール。大阪に住む愛之助が上京した時に泊まれるように、歌舞伎座近くの高級タワーマンションに部屋を借りるなど、とことん尽くしてきた。 ところが、22日発売の写真誌「F…

「半沢直樹」で脚光後、引っ張りダコ/(C)日刊ゲンダイ

初主役含めドラマ3本出演 滝藤賢一「出ずっぱり」の逆効果

大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS)で主人公の親友役を演じて注目を浴びた滝藤賢一(37)が、4月のドラマで初めて主役に抜擢された。深夜ドラマ「俺のダンディズム」(テレビ東京)で、お気に入りの女性新入社員の気を引くためにダンディーな男を目指して奮闘する中年課長をコミカルに演じる。 滝藤は4月から、他にも2本のドラマに脇役として出演する。実力派バイプレーヤーに光が当たる…

None

あれもこれも言わせて

小栗旬&西島秀俊 1年前から訓練したアクションは必見

良くも悪くも「半沢直樹」の警察版といったところ。香川照之の“顔芸”を待ってましたと思える人なら楽しめるはず。 ■綾野剛ドラマは怪物の設定ブレまくり 「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系)を切ないラブストーリーとして楽しみにしていたが、綾野剛演じる怪物がスタイリッシュ過ぎてピンとこない。ツギハギの服も、デザイナーズのおしゃれ系だし。ニオイが凄いからお風呂に入れと…

鈴木おさむ(右)作品で飛躍

今あるのはあの人のおかげ

父鶴瓶にダメ出しされ 駿河太郎を変えた鈴木おさむの演出

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」やTBS系「半沢直樹」といった話題作に出演し、その後もドラマや舞台で活躍中の駿河太郎さん(38)。30歳の時にミュージシャンから俳優に軸足を置くようになったが、芝居の面白さを教えてくれたのが、放送作家で脚本家の鈴木おさむさん(44)だ。 ◇ ◇ ◇ 鈴木おさむさんの舞台は以前から、好きでした。脚本と演出を担当された「芸人交換…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事