日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

川崎麻世特集

左からえまおゆう、川崎麻世、倉持明日香

川崎麻世 妻カイヤの手ぶらヌード「見ていいのかどうか」

タレントの川崎麻世(53)が15日、主演を務める朗読活劇「スパイス」の制作発表会に出席。写真週刊誌の企画で長らく別居生活が続く妻・カイヤ(53)の手ぶらヌードを撮影した際のエピソードについて、「主人なのに見ていいのかどうかって気分でした。久しぶりに見ました」と苦笑い。さらに「今はまったくケンカしない」という熟年夫婦ならではのエピソードも披露した。ケンカするほど仲が…

/(C)日刊ゲンダイ

離婚ならカイヤと共倒れ…犬も食わない川崎麻世の不倫騒動

発売中の「女性自身」が報じた川崎麻世(51)の不倫トラブル。先月下旬、34歳の女性と2人で麻世のマンションに消えていく姿がキャッチされた。 女性は現在妊娠3カ月だそうだが、麻世は交際自体を否定。所属事務所を通じて「このたび、掲載された『女性自身』の記事について、報じられている方とは10年ぶりに先月、お目にかかったのみで、記事の内容と事実とは大きくかけ離れたものです。…

記者会見をきっかけにカイヤは“猛妻キャラ”が定着

プレイバック芸能スキャンダル史

会場がどよめいた…川崎麻世「女房同伴不倫会見」の顛末

90年代、女房“同席”の前代未聞の記者会見を開いたのは川崎麻世(当時30)。 1993年7月15日夜。東京・宝塚劇場の稽古場に大勢の報道陣が集まった。写真誌「フライデー」が掲載した斉藤由貴(同26)との不倫について設けられた釈明会見だった。しかし、年上の女房カイヤ(同31)が川崎を先導して出てきたから会場はどよめいた。しかも、お揃いのジーンズ、Tシャツ、ブーツという…

2時間ドラマに引っぱりだこの藤真利子さん

今だから語れる涙と笑いの酒人生

酒豪で知られる藤真利子さん 一晩に11軒ハシゴの武勇伝も

■“夜の付き人”は川崎麻世さんでした 初めてお酒の洗礼を受けたのは、女優になって2年目、23歳ぐらいのときでした。テレビ朝日さんの紀行番組「私は旅をする」でロンドンに一人旅したのです。飛行機はもちろん海外旅行も初めての私にとっては一大冒険。右も左もわからないまま日本を飛び立ち、そして食事と一緒に出されたのが赤ワインでした。 作家だった父(藤原審爾氏)は若くして肝臓…

手には「麻世ハイ」/(C)日刊ゲンダイ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

二日酔い知らずの川崎麻世さん明かす 「カイヤは強い、別格」

郷ひろみはジャニー氏の「理想のアイドル像」だった

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

ジャニー氏の独自路線決定付けた郷ひろみの独立

この経験が他事務所となれ合わない独自路線を決心させたともいわれています」(前出の芸能記者) 郷の移籍以降、豊川誕や川崎麻世を売り出したものの、78年にはフォーリーブスも解散するなどジャニーズは低迷期に入ってしまうのだが、79年のドラマ「3年B組金八先生」に出演した田原俊彦、近藤真彦、野村義男の「たのきんトリオ」の大ブレークによって復活のきっかけをつかむ。 「成功の最…

ジャニーズ事務所は今後どうなるのか…

発言力低下は必至 SMAP解散でジャニーズ崩壊の幕が開く

売れっ子といえるのは川崎麻世ぐらい。再び上昇気流に乗ったのは「たのきんトリオ」(近藤真彦、田原俊彦、野村義男)が登場した80年代に入ってからだ。 「SMAPに続く人気グループの嵐もメンバーが全員30代で、これ以上の伸びしろはない。それに続くグループが育っていないのが事務所としては痛い」(前出のテレビ関係者) SMAP解散は芸能界で隆盛を誇るジャニーズ帝国崩壊の幕開け…

年の差22歳

神野美伽・荒木とよひさ 熟年離婚の裏で囁かれる“仰天理由”

川崎麻世じゃないけど、「夫婦漫才」は立派に成立していたのだ。 「2人が世界一周旅行のために“夢貯金”をしていたのは業界では有名な話です。負担率は荒木さんと神野さんが2対1だったとか。ひょっとしたらそれが満額に達したのではないか。それぐらいしか離婚の理由は思いつきません」(前出の関係者) すでに2人とも離婚届には署名済みで、神野の9月公演(大阪・新歌舞伎座)の終了を待…

すでに計算尽くの発言?

「空気読めよ」の大逆風…熊切あさ美に“キャラ変更”のススメ

川崎麻世・カイヤ夫婦の逆パターンってわけですね。面白いかも知れません。かつては小柳ルミ子も当時の旦那・大澄賢也と“別れたくない。別れるんなら1億円”とやって露出を増やしたことがありました。ちょうど川崎夫妻の“ケンカ芸”もそろそろ視聴者に飽きられてきている。バラエティーの新しいキャラとしてはありかも知れませんね」 どっちみち別れるのはもう時間の問題だし、もともと「…

ワンパターン (C)日刊ゲンダイ

麻世vsカイヤ 犬も食わない“罵り芸”に関係者もウンザリ

「十数年前に始めた頃はある意味、“画期的”と思いましたが、ここまで引っ張られると、あの“夫婦漫才”もそろそろ見飽きてきましたね」 ワイドショー関係者もウンザリなのが、川崎麻世(51)&カイヤ(52)夫妻の罵り合いだ。 発端となったのは、23日、麻世が自身のブログに<ええ加減にせんカイヤ>などと書いたこと。なんでも、現在、カイヤには不倫相手がいるそうで、麻世の自宅で同…

甲田容疑者のフェイスブックから

ロンブー淳、GACKTとも…国生さゆり元夫“見せかけ”華麗人脈

別掲の通りロンブーの淳をはじめ、GACKTやガダルカナル・タカ、川崎麻世、竹内力など芸能人とのツーショットもバンバン載せていた。 が、実際には「国生さん絡みの食事会で一緒になっただけ。(甲田容疑者と)個人的なつながりはありません」(タカの所属事務所)。他の事務所の回答も似たり寄ったりで、どうやら、すべて甲田容疑者の自分勝手なPRだったようだ。 「甲田容疑者は、国生の…

サンド富澤は「ラオウに秘孔つかれたレイの気持ち」と表現/(C)日刊ゲンダイ

芸能人も“悶絶”で名言多数…「尿路結石」どんな人が要注意?

たとえば漫才コンビ「笑い飯」の西田幸治は「地獄の痛み」、同じく漫才コンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけしは「(人気漫画『北斗の拳』の)ラオウに秘孔をつかれたレイの気持ち」、俳優の川崎麻世は「ベッドの上で意識が遠のいて気絶しそうだった」などだ。 男性の7~10人に1人が発症するといわれている。「肉が中心で、コッテリした味付けを好む人は要注意」と指摘するのは、神奈川…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

天馬ルミ子 ピンク・レディーのマネーで大型デビューも活動休止

同番組で天馬は77年後半から番組内ユニット“サンデーズ”のメンバーとして活動しており、太川陽介・川崎麻世・渋谷哲平・倉田まり子らに囲まれ、ステージで13歳の肢体をはじけさせていた。 正攻法の露出作戦だけではなく、ユニークなイベントも。六本木のサパークラブでのお披露目会では、名前にあやかって「天馬記念競チュ-・レース」というネズミレースが開催された。天馬は「ネズミって…

None

元ジャニーズひかる一平さん 子役“ほめ殺し”で充実の日々

70年代アイドルの郷ひろみや川崎麻世に次ぐ、80年代期待の星としてジャニーズ事務所からデビューした、ひかる一平さん(49)。「3年B組金八先生」でブレークし、アイドル歌手として活動後は俳優に転向し、時代劇やサスペンスドラマで活躍した。しかし、最近は姿を見ない。今どうしているのか。 「そう、たま~に2時間ドラマや旅番組に出るくらいですね。っていうのも、最近は去年3月に…

None

神田うの 「離婚ネタ」逆手にブランドPRのたくましい商魂

振り返ってみると、週刊誌で離婚危機報道が出た直後の11月14日、レギュラーを務める情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に生出演した際は、7年間も別居が続いている川崎麻世とカイヤ夫妻の話題や小林麻央が夫の市川海老蔵の携帯電話番号を知らなかったというニュースを扱っていたにもかかわらず、うのは「いろいろな夫婦の形があっていい」と自らの離婚報道には触れず。 自身のブ…

None

外スッキリ、中ボロボロ…35キロ減量したカイヤは危ない

<あなたといないと生きていけない>と言われたら、(別居中の夫、川崎麻世と)離婚するかも。本命はいるけど内緒。あと10キロは痩せたい!」なんて終始ご機嫌だった。 川崎の度重なる浮気に耐えかねて激太りするんだろう、カイヤはこれまで何度もダイエットに挑戦している。11年には200日以上の断食で約20キロ減。翌年にはテレビ番組の企画で塩ヨーグルトダイエットに取り組み、6キロ…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

斉藤由貴 モルモン教徒と電撃婚

相手はやはり妻子ある川崎麻世(同31)。妻カイヤ同伴で会見を開き、話題となった川崎に対して、斉藤は「理性と感情の葛藤でした」「自覚がない無責任な行動で(教会から)除名処分を受けても仕方がない覚悟でいます」と泣いて心境を語った。 2度の不倫スキャンダル。敬虔(けいけん)なモルモン教徒の父親は斉藤に「女優をやめろ」と激怒。マスコミは「魔性の女」「不倫女優」と書きたてた。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事