日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

仲間由紀恵に関する記事

すでに同居を開始/(C)日刊ゲンダイ

仲間由紀恵&田中哲司 熱愛報道から結婚までの“紆余曲折”

仲間由紀恵(34)が18日、俳優の田中哲司(48)との入籍を発表した。 「大人な二人のつもりですので、今まで通り仕事に励み、協力して謙虚でささやかな家庭を築いていきたいと思っています」とFAXでコメントした仲間は、約6年の交際を経てのゴールインとなった。 2人の出会いは03年。ドラマ「顔」(フジテレビ系)で共演し、07年に「ジョシデカ! 女子刑事」(TBS系)で再…

None

トリックで貧乳キャラ定着…仲間由紀恵、本当はどうなのか

「国民的貧乳です」 11日から公開される「トリック劇場版 ラストステージ」のイベントで、堤幸彦監督からそうイジられた主演の仲間由紀恵(34)は、「やめてください」と苦笑いしていた。 ファンにとっては常識だが、仲間演じる自称・超売れっ子天才美人マジシャンの山田奈緒子は貧乳がコンプレックスで、豊胸パッドを愛用。ドラマでも映画でもそれをネタにイジられるシーンが多かったせい…

デビュー20年目を迎える仲間由紀恵

仲間由紀恵 舞台「放浪記」の裏で浮上する“子づくり封印”説

「子づくり封印で、取り組んでいるんじゃないか」と芸能マスコミに囁かれているのが、女優仲間由紀恵(35)。森光子さんの代表作を引き継ぎ、主演舞台「放浪記」をこのほどスタート。自ら考案した側転で観客を沸かせているが……。 「東京公演が森光子さんの命日でもある来月10日まであり、それから大阪、名古屋、福岡と回り計104回の長期公演。子づくりどころじゃないし、プロ意識の強い…

再放送ですらトップ10入り

反町隆史か仲間由紀恵か…「相棒」の“相棒”に他局が戦々恐々

噂通り、反町隆史になるのか、本命といわれる仲間由紀恵か、アッと驚く及川光博の出戻りか――テレビ朝日の人気ドラマ「相棒」で主役・水谷豊(62)の“相棒”が誰になるのか、芸能マスコミがかまびすしい。同局の吉田慎一社長もまだ知らないらしく、先月末の定例会見で「満を持して発表するタイミングを考えているのではないかと推測しています。私も楽しみにしているんです」と話している。 …

2時間スペシャル登場が布石?/(C)日刊ゲンダイ

成宮に続く4代目「相棒」は仲間由紀恵? テレ朝内で本命視

新婚ホヤホヤの仲間由紀恵(35)だ。 「現在放送中のシーズン13の初回と元日、いずれも2時間スペシャルの放送回に出演しているのですが、それが足がかりではと言われています。というのも、初回こそメーンゲストとしてスポットを浴びたものの、2度目は廊下で右京と挨拶を交わすだけの“チョイ役”で出演。露出を増やすために取ってつけた感アリアリで、今後のレギュラー出演をにおわすよう…

レコ大の司会は圧巻だった/(C)日刊ゲンダイ

森光子は離婚…“後継者”仲間由紀恵が迫られる「究極の選択」

昨年9月に俳優の田中哲司と結婚した仲間由紀恵に風格が漂い始めた。 朝ドラ「花子とアン」の好演が女優としてのキャリアをワンステージ上に押し上げたが、その一端が垣間見られたのが年末の日本レコード大賞の司会ぶり。TBSの安住紳一郎アナとの軽妙な掛け合いは評判で、「妖怪ウォッチ」のコーナーでは「続いての賞はこちらだニャン」とかわいいアドリブも。 日本エレキテル連合を紹介する…

私生活は順調だが…/(C)日刊ゲンダイ

主演ドラマ不調 もう消えた仲間由紀恵の「花子とアン」効果

NHKの朝ドラ「花子とアン」で再び注目されたばかりの仲間由紀恵(35)に黄信号が灯っている。原因は約1年半ぶりにヒロインを務めたドラマ「SAKURA~事件を聞く女~」(TBS系)の低空飛行だ。 「視聴率が振るわないのが最大の理由。初回視聴率9.9%、第2話も10.0%では3話目以降も上がり目は薄い。『花子とアン』の高視聴率は、やはり吉高由里子の人気の賜物だったと仲間…

「花子とアン」では名コンビ/(C)日刊ゲンダイ

紅白司会は吉高由里子 “本命”仲間由紀恵が「ノー」のワケ

当初の下馬評では「花子とアン」の共演者である仲間由紀恵(34)が有力視されていた。その根拠となったのが夏の紅白といわれる「思い出のメロディー」(8月9日放送)。綾小路きみまろ(63)と共に司会に選ばれたのが仲間だったからだ。 「『思い出』の司会者は原則として14年度のNHK番組に貢献していることが選考条件で、仲間は『花子とアン』の高視聴率が選抜理由だった。この番組…

現場では吉高を引っ張る/(C)日刊ゲンダイ

朝ドラ好調で…仲間由紀恵が視聴率クイーンに再君臨?

かつて「ごくせん」や「TRICK」などの主演により不動の人気を築き上げた仲間由紀恵だが、ここ数年は仲間が主演するドラマのほとんどが、低視聴率で終わることが多く、世間では最近は仲間がどんなドラマに出ているか知らない人が多い。 厳しい状況に追い込まれた仲間だが、現在放送中の朝ドラ「花子とアン」の出演をキッカケに息を吹き返している。撮影がスタートした当初は、仲間と朝ドラ初…

確かにデカい/(C)日刊ゲンダイ

「花子とアン」で異彩 仲間由紀恵の“玉ネギ頭”は地毛だった

物語のキーパーソンとなる役を仲間由紀恵(34)が演じているのだが、とにかく目を奪われるのがドデカイ髪形。黒柳徹子も上回る大きな玉ネギ頭で、異彩を放ちまくっている。 これ、束髪(そくはつ)と呼ばれるヘアスタイルで、「明治時代に上流階級の女性の間でアンチ日本髪として流行したもの。芸者から紆余曲折を経て女優になった川上貞奴が舞台映えすると結い出して取り沙汰され、やがてかぶ…

None

路線変更も? 主演ドラマ惨敗で心配な優香と仲間由紀恵の今後

内容はそこそこでも視聴率の下がり方から立ち直れそうにないのは仲間由紀恵「ハニー・トラップ」(フジテレビ)、優香「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」(日本テレビ)の2本。 「ハニー・トラップ」はAKIRA主演だが、どう見ても仲間のドラマで毎度のミステリアスな女を演じている。23時台放送で7%や6%はありえない数字ではないが、テーマの産業スパイと、仲間の存在、関係がチグハグ…

業界も注目

仲間主演「美女と男子」は日本ドラマの海外進出占う“試金石”

企画段階から海外販売を視野に入れ、全20話という異例のボリュームで制作された仲間由紀恵(35)主演のドラマ「美女と男子」(NHK、今年4~8月放送)。日本ドラマの海外進出の今後を占う試金石として業界ではその動向が注目されているが、今のところNHKのもくろみ通りにコトが進んでいるようだ。 同ドラマの制作統括を担当したNHKの加賀田透エグゼクティブ・プロデューサーが22…

None

フジ月9消滅 現実味 「貴族探偵」視聴率急落

主演の相葉以下、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一らと超豪華なキャストを揃えたのは確かに凄いが、それが無駄な努力になっている。皆が皆、主役を張れる役者なんです。これだけの芸達者な役者が出てきたら、それぞれの演技をじっくりと観賞したい。ところがみんながチョイ役扱い。見ているうちに、誰が主役なのか分からなくなってくる。まさに視点が定まらない…

None

あれもこれも言わせて

月9ならぬ絶句 絶望的なデキの連ドラ「貴族探偵」

仲間由紀恵が“謎”役で出演。どこにも出ていなかったが、どうやらスマホのギリの声だったようだ。声のみの出演で顔出しなし。最後あたりで出てくるのかもしれないが、こんなんじゃ出ない方がましかも!?…

None

主役級が何人も出演 月9「貴族探偵」ギャラいくら?

相葉が従える共演者は女優は武井咲、中山美穂(写真左)、仲間由紀恵、井川遥、男優は生瀬勝久、滝藤賢一、松重豊らである。とくに女優はいずれも主役を張れる存在。俳優としては実績が乏しい相葉にとってはちょっとビビってしまうほどの陣容だ。 そこで気になるのはギャラ。推定だが、主演の相葉は300万円~、女優では武井が100万円~、格上の中山が200万円~、仲間が180万円~、…

None

故・渡瀬恒彦も出演 ドラマSP「そして誰もいなくなった」

主演は仲間由紀恵。共演者は超豪華だ。沢村一樹、向井理、国村準、柳葉敏郎、津川雅彦、大地真央、橋爪功、渡瀬らがズラリ。八丈島沖に浮かぶ兵隊島にある「自然の島ホテル」のオーナーから10人の男女が呼び寄せられ、次々に殺されていく。渡瀬もそのひとりで演じるのは元東京地裁裁判長・磐村兵庫。この謎の事件を捜査するのは、警視庁捜査1課警部の相国寺竜也役の沢村だ。 渡瀬は4月から…

ヒロインを演じる芳根京子

「べっぴんさん」20%割れ 誤算はスピード展開と羽鳥アナ

腹黒い女たちによる壮絶な足の引っ張り合いが売りだった沢尻エリカ(30)主演の「ファースト・クラス」をはじめ、経済格差や学歴が生み出すママカーストの実態に焦点を当てた杏(30)主演の「名前をなくした女神」しかり、母を死に追いやった男たちへの復讐に燃える仲間由紀恵(36)主演の「サキ」しかり。いずれも、渡辺氏の作風と爽やかな朝ドラの世界観は“真逆”なのだ。 ■視聴者置い…

ヒロインの芳根京子

あれもこれも言わせて

初々しさ残る芳根京子 生鮮食品と朝ドラはフレッシュに限る

朝ドラ「花子とアン」に仲間由紀恵の娘役として出演。昨年は「表参道高校合唱部!」(TBS系)で主演を務めた女優でまだまだ初々しさが残る。生鮮食品と朝ドラのヒロインはフレッシュに限る。 フレッシュといえば、すみれの友人を演じる良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)の2人も爽やかで好感が持てる。過去の朝ドラでいえば、「おひさま」の3人娘(井上真央・満島ひかり・マイコ)のような…

連ドラ氷河期に高視聴率をマーク

ドラマ秋の陣で差くっきり 絶好調テレ朝が日テレを抜く日

「相棒シーズン15」はシーズン13以来の登場となった仲間由紀恵が好評で、2時間超の放送枠で初回視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と健闘だし、「ドクターX~外科医・大門未知子~」も泉ピン子を迎えて20.4%と高視聴率をマーク。 ひと桁視聴率が当たり前の連ドラ氷河期とは思えないスタートダッシュに、「この2つのドラマには勝てっこない」と他局が白旗を揚げている…

作家・中川右介氏

不倫は「ゲス」か「よろめき」か

中川右介氏寄稿 「妻ある男の恋」再び容認されるためには

柳原白蓮をモデルにした蓮子(仲間由紀恵)は、炭鉱王の妻でありながら学生との恋に落ちるが、この不倫(当時は姦通罪)は、せつなく美しく肯定的に描かれていた。一方、ヒロイン・花子(吉高由里子)の、病身の妻を持つ男との不倫の恋は、実話なのに、詳しく描くと番組そのものが女性視聴者に嫌われると判断したのか、深くは描かれなかった。 現在は「他人の夫」と関係を持った女は「盗んだ女」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事