日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「柄本佑 俳優」に関する記事

見事な演技力の柄本佑

母親が不入りに吠え話題 柄本佑「GONIN サーガ」の迫真演技

東出昌大、桐谷健太、安藤政信、柄本佑、土屋アンナら癖のある俳優が出演しているバイオレンスものである。 ただ、興行成績がイマイチ。そこで、重要な役どころで出演している柄本佑の母親で、女優の角替和枝がツイッターで強烈な感想を載せていて、これが感動ものだと話題になっている。 息子が出ているので見に行ったら「傑作!」だったと角替。そしてこう書き込んだ。 「ワシは今日、宣伝せ…

20代で2度目の主演女優賞/(C)日刊ゲンダイ

2度目の「ブルーリボン」 安藤サクラの“特異性”に絶賛の声

母はエッセイストの安藤和津(66)、姉の安藤桃子(32)は映画監督として活躍中で、さらにサクラの夫は俳優・柄本明(66)と角替和枝(60)夫婦の長男で俳優の柄本佑(28)である。 サクラは5歳のときに父の舞台を見て女優になることを決意したという早熟。小学2年のとき「芸能一家」「2世女優」という周囲の声が気になり、一度は思いを封印。中学3年生のとき、校則を破って六本木…

俳優仲間からの評価も高い

春ドラ俳優&女優 “辛口”通信簿

安藤サクラ 「ゆとりですがなにか」神がかり演技が高評価

連ドラ初ヒロインとなった『ゆとり』をきっかけにテレビからのオファーも激増しそうです」(芸能ライター) 父が奥田瑛二、母が安藤和津、姉は映画監督という芸能一家に育ち、夫は柄本明の息子の柄本佑。子供の時に父の芝居を見て女優を志したが、「2世」と言われるのが嫌で、かつてはその夢を封印していた。 「今では2世であることもフルに利用しています。普段からSNSで自分の出演作の宣…

佐々木心音

この女優の脱ぎっぷりを刮目せよ

「フィギュアなあなた」(2013年)心音マネキンの幻想

エロさに幻想というコーティングを施した“アングラファンタジー”でフィナーレを迎えるというまさに石井ワールド炸裂だが、えーい! そんな小難しい説明なんかどうでもええ! マジでエロいねん!! 何をやってもうまくいかない柄本佑演じるサラリーマンが、迷い込んだある建物の中で一体の精巧なマネキンと出合ったことから始まる摩訶不思議な“同棲”生活。突然動きだしたり話したりするマネ…

酔うと電話魔に

「あさが来た」で鬼姑 萬田久子の“渾身イビリ”は私生活反映?

ボンボンの夫(柄本佑)は味方するどころか傍観するだけで、まるで頼りにならない。鬼の形相で罵詈雑言をまき散らす萬田のド迫力といったらない。口答えひとつせず笑顔でじっと耐え抜く宮崎のけなげさが涙をさそう仕掛けになっている」(芸能ライター) 「ごちそうさん」では、キムラ緑子演じる小姑、「マッサン」では泉ピン子の姑、「まれ」では藤吉久美子演じる義母と、壮絶な嫁いびりが話題に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事