日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「菊池桃子 離婚」に関する記事

おっとりしたイメージだが“努力家”な一面も

首相はファン?の声も 菊池桃子「1億総活躍」議員起用に賛否

「1億総活躍社会」の実現に向けた具体策を議論する「国民会議」の民間議員に選出されたと、23日に正式発表された菊池桃子(47)。 歌手や女優として知名度抜群の彼女は2012年から戸板女子短大客員教授も務めており、女性の労働問題や子育てに関する活動をしていることなどから白羽の矢が立ったというが、早くもファンからは賛否の声があがっている。 23日、自身のブログで<偏らず、…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

菊池桃子 プロゴルファー西川哲との電撃入籍

■1995年5月 84年、15歳でアイドルとして歌手デビュー、女優に転向後も、ドラマにCMにと活躍した菊池桃子。デビュー以来、男性スキャンダルは報じられていなかったが、10周年となる94年春に、菊池の自宅からゴルフトーナメントに出発するプロゴルファーの姿が写真誌にキャッチされた。 相手は五月みどりの息子、西川哲(当時25)。両親の離婚後は父親にゴルフ教育を受けて19…

あの清純派アイドルが今や教授

文化人ママドル菊池桃子「1億総活躍」民間議員までの道のり

「1億総活躍社会」の実現に向けた具体策を議論する「国民会議」の民間議員に、タレントの菊池桃子(47)が選出された。これに対して自身のブログで「偏らず、多様な意見が存在することを意識して意見交換をしていきたい」と抱負をつづると、ネットユーザーから賛否両論が湧き上がった。「頑張って」というエールに交じり、「安倍首相に利用されるのでは」と危惧する声も多い。 2012年にプ…

イメージが大事/(C)日刊ゲンダイ

三船、江角が沈み菊池浮上 激変「ママタレ」報酬ランキング

2Aは千秋、早見優、堀ちえみ、松嶋尚美、RIKACOらで、Aは菊池桃子、三船美佳、梨花、渡辺美奈代。Bは紗栄子、山田優、森尾由美、東尾理子ら。Cは北斗晶、大沢あかね、木下優樹菜、辺見えみりら。5万円以下のDは藤本美貴、くわばたりえ、辻希美、熊田曜子、小倉優子、西山茉希らとなります。ランキングには芸歴はもちろん、夫の影響力や注目度も加味され、CM本数も目安になりますね…

制服姿で迎えてくれた田中久美さん

あの人は今こうしている

岡田有希子と同期 花の84年組アイドル田中久美さんの引退後

とりわけ84年デビュー組は岡田有希子、菊池桃子、長山洋子、荻野目洋子、沢口靖子らそうそうたる顔ぶれだった。本日登場の田中久美さん(47)も84年組のひとり。さて、今どうしているのか。 ■岡田有希子はクラスメートでもあった 「遠いところをご苦労さまです」 北九州空港からクルマで約40分。周防灘に面した福岡県築上町の「うえだ内科クリニック」を訪ねると、制服姿の田中さんに…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事