日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「広末涼子 ドラマ」に関する記事

花魁役がはまった?/(C)日刊ゲンダイ

濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か

局としても広末涼子や江角マキコらにも声をかけている状況で、安達の出番は来夏になるのではとみられています。ただ、安達はセミヌード写真集も発売するなど、露出では一歩先を行っている。実現の可能性は高いのではないか」(先の制作関係者) 安達にとっては待望の主演ドラマ。話題になるのは確かだろう。…

濡れ場もいとわない決意か

冬ドラ女優“辛口”通信簿

「ナオミとカナコ」も低調の広末涼子に“濡れ場解禁”説

90年代にアイドルとして人気を博した実力派女優の広末涼子(35)と内田有紀(40)が初共演するとあって、局側もかなりPRに力を入れていた「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)。地下鉄表参道駅には肌もあらわな2人の巨大なポスターを何枚も貼り、朝の情報番組にも2人揃って顔を出すなど、番宣に多数出演。 それなのにフタを開けてみれば初回視聴率7.9%(以下、数字はいずれもビデオ…

初回からベッドシーン/(C)日刊ゲンダイ

広末涼子 NHKドラマ主演で不倫騒動の巻き返しなるか

女優の広末涼子(34)が久しぶりにいい。19日から始まるドラマ10「聖女」(NHK総合、22時~)で初の悪女役に挑んでいるのだが、初回試写を見る限り、かなり期待が持てる内容なのだ。 脚本家・大森美香書き下ろしのラブサスペンス。連続殺人の容疑がかけられる肘井基子という役どころだが、弁護士(永山絢斗)をめぐって、その恋人(蓮佛美沙子)とドロドロの愛憎劇を繰り広げていく。…

国仲涼子(左)と広末涼子

“米倉&篠原”お休み中も…国仲&広末“W涼子”がさえないワケ

広末涼子(35)は連ドラ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)が初回7.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)、今週の最終回が6.8%とコンスタント(?)に低視聴率。犯罪絡みの暗い展開はあまり注目されないままで終わったし、平成生まれの視聴者には「いまさら広末?」なんて声も。 お粗末だったのは12日の2時間ドラマ「地方紙を買う女」(テレビ朝日系)。広末は作家(田村…

謎の温泉芸者役

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

視聴率低迷「神の舌を持つ男」 広末涼子が“切り札”の吉凶

第3話まで、エンドロールの出演者テロップに「ヒ・ミ・ツ」と表示して、それまでおかっぱ頭の後ろ姿しか見せていなかった謎の温泉芸者を演じるのが広末涼子(36)であることを第4話放送前に明かしたのだ。 「ヒロインの木村文乃よりも上の扱いにしていた謎の温泉芸者を誰が演じているのかは、なるべく後ろまで引っ張りたかったのは間違いない。それを早々に明らかにしたのは、あまりの視聴率…

バラエティーにもせっせと出演

共演者も恐れる“怪女優” 高畑淳子は1年先まで仕事びっしり

高畑に食われていると評判なのは連ドラ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)で主役を演じる広末涼子と内田有紀。 「高畑は謎の中国人女性の役ですが、その芸達者ぶりにネットに“チャイニーズ淳子”とスレが立つほど盛り上がっている。ドラマの筋より高畑目当ての視聴者がいると話題になっています」(制作関係者) 視聴率が好調なNHK大河ドラマ「真田丸」も同様だ。高畑は真田昌幸(草刈正…

仕事は絶好調/(C)日刊ゲンダイ

不問なの? 広末涼子の“不倫騒動”をCMスポンサーに直撃

ドラマ「聖女」(NHK)での濃厚な濡れ場が話題になっている広末涼子(34)。きょう9日には第4話が放送されるが、このドラマが始まる半年前には佐藤健(25)との不倫スキャンダルが報じられ、世間を騒がせた。被災地支援のため、月の大半、家を空けているという夫のキャンドル・ジュン氏(40)との関係も心配されているが、不安定なプライベートとは対照的に仕事は大忙し。今月1日から…

永山絢斗(左)と池松壮亮/(C)日刊ゲンダイ

永山絢斗が美裸体で魅了 広末涼子相手に“濃厚ラブシーン”

永山絢斗(25)が、19日からスタートするドラマ10「聖女」(NHK・22時~)で主演の広末涼子(34)相手に初回から濃厚なラブシーンを披露し、見せ場をつくっている。 12年の主演映画「ふがいない僕は空を見た」では田畑智子(33)と、3カ月前の今年5月には「モザイクジャパン」(WOWOW)で宮地真緒(30)の肌に唇を這わせたばかり。濡れ場起用率の高さには目を見張るも…

やることはやっていた

広末涼子も…女性芸能人のオメデタ「自分から発表」続く理由

「やることはやっていた」と、一部で報じられたのが、広末涼子(34)。妊娠5カ月であると所属事務所を通じて発表し、「新しい命を授かり、とても、嬉しく、喜ばしく、思っております」とのコメントをつけたのである。 広末は03年にモデルの岡沢高宏と結婚し、翌04年4月に第1子の長男(10)を出産。08年に離婚後、10年10月にキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏(41…

キャンドル氏とすれ違い状態/(C)日刊ゲンダイ

広末涼子、ついに「離婚協議入り」情報…不倫疑惑が決定打か

「いよいよ離婚に向けた協議に入った」――女優広末涼子(34)の衝撃情報が業界内を駆け巡っている。今年3月に年下俳優の佐藤健(25)との不倫疑惑を報じられているだけに、聞き捨てならない。 広末といえば、03年にモデルと“でき婚”、翌年に長男を出産し、08年にHPで離婚を公表。10年にはキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏(40)と再婚し、11年に次男を出産した…

None

能年超え!? CM10本に激増した有村架純の“魅力”

CMのため汗を流すのではなく、やはり女優業で認められ、その結果、CM本数が増えていくという展開が理想的です」(芸能評論家の金沢誠氏) 有村は事務所先輩の広末涼子や小雪らを追い越すことができるか。…

妻役の内田有紀にやりたい放題

「ナオミとカナコ」でDV夫役 “熱血漢”脱いだ佐藤隆太の評価

本作は、直美(広末涼子)が半年ぶりに大学時代の親友、加奈子(内田有紀)に再会。加奈子がエリート銀行員である夫の達郎(佐藤)から激しいDVを受けていることを知り、達郎の殺害計画を立てるというストーリー。視聴率こそ1桁続きで伸び悩んでいるが、日本に不法滞在中の中国人という1人2役を演じる佐藤の怪演に注目が集まっている。 佐藤といえば、代表作「池袋ウエストゲートパーク」「…

もう「第2の杏」とは呼ばせない

広末の代役で「花燃ゆ」に 鈴木杏はブレークの方式に乗れるか

第3子妊娠5カ月の広末涼子(34)に代わり、NHK大河「花燃ゆ」への出演が決まった鈴木杏(27)。芸歴20年目のベテランだが、意外にも初の大河出演。主人公・文(井上真央)の最初の夫となる久坂玄瑞(東出昌大)の愛妾で、芸妓の辰路役を演じる。第20回(5月17日放送)から登場。目鼻立ちのハッキリとした顔だから、目ばりを引かずとも白粉と紅でイイ女に化けるんじゃないかともっ…

ヌードに挑んだ安達と市川/(C)日刊ゲンダイ

女優で見る秋映画…エロスなら安達祐実と市川由衣で決まり

次第に女優の風格を感じさせるようになった2人、広末涼子と榮倉奈々の出演作も話題になるはず。広末が「想いのこし」(11月22日公開)。榮倉は「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」(11月22日公開)。広末が岡田将生、榮倉が相葉雅紀の相手役を演じる。2人とも演技力が存分について、期待が持てる。 映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「若手が裸も辞さないほどやる気になって…

モテモテCMで話題/(C)日刊ゲンダイ

仕事激増 「ゼクシィガール」女子高生モデル松井愛莉って?

今年の秋には岡田将生(24)主演の映画「彼女との上手な別れ方」に出演する予定で、広末涼子(33)らとポールダンサーを演じている。 女優業やタレント活動に本格参戦してきた松井。「脱・あのプロポーズされている女の子」となる日は近いかもしれない。…

映画で共演済み/(C)日刊ゲンダイ

忽那汐里は大丈夫? “共演者キラー”佐藤健に周囲ピリピリ

広末涼子(33)との不倫愛が報じられた佐藤健(24)。きっかけはNHK大河「龍馬伝」の共演とされる。「仮面ライダー電王」で共演した秋山莉奈(28)ともウワサになり、元AKBの前田敦子(22)をお姫様ダッコする姿も写真に撮られた。共演者キラーで、希代のモテ男。おかげで最近は、「共演NG」とする女優の事務所も少なくないとか。 それでも4月から佐藤主演のドラマが始まる。フ…

片手じゃおさまらない/(C)日刊ゲンダイ

「女斬り以蔵」の異名も…広末と“不倫疑惑”佐藤健のモテっぷり

今週、女性セブンに広末涼子(33)との不倫密会をスクープされて大騒ぎになっているが、これまでの女性遍歴を聞けば、もはや嫉妬を通り越して「アッパレ!」とすら言いたくなる。それほどのモテっぷりなのだ。 最初に話題になったのは、人気グラドルのオシリーナこと秋山莉奈(28)。07年に放送された佐藤の初主演ドラマ「仮面ライダー電王」での共演がきっかけで交際が発覚。破局後も女性…

None

「SPEC」「トリック」完結 ヒットメーカー堤監督の苦渋

今年7月期の連ドラ『スターマン・この星の恋』(広末涼子主演)の演出も手がけましたが、視聴率は1ケタ台と振るわず。『そろそろ息切れしてきたか』という口さがない連中もいますね」(前出の映画ライター) 外野がうるさいのも、ヒットメーカーの宿命だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事