日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「麻生太郎 首相」に関する記事

第2次安倍改造内閣と自民党役員の面々/(C)日刊ゲンダイ

「お友達内閣」先鋭化 安倍改造内閣党三役の惨憺たる顔ぶれ

経済や外交がメタメタなのに、麻生太郎財務相(73)や甘利明経済再生相(65)ら無能な経済閣僚や外交オンチの岸田文雄外務相(57)をなぜ交代させないのか。 アベノミクスのメッキが剥がれたうえ、4月の消費税増税で経済指標はボロボロ。景気後退がハッキリしてきた。2日に発表された8月の国内新車販売台数は、前年同月比9.1%減という大幅マイナスだった。こうした経済悪化の兆候は…

None

「ポスト安倍」はこの俺サマだ 麻生太郎が突然元気になったぞ

安倍首相が「森友学園」疑惑で窮地に立たされているのと反比例するように、いきなり麻生太郎副総理が元気になっているという。 実際、安倍首相が野党から厳しい追及を受けている、その後ろでニタニタと笑顔をみせている。 「麻生さんの機嫌がいいのは、安倍が倒れたら“ポスト安倍”は俺だと計算しているからだろう、と政界ではみられています。とにかく笑顔が絶えない。たしかに、いま安倍首相…

リップサービスがすぎる/(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

「半径2メートルの失言王」麻生財務相は安倍首相と亀裂秒読み

麻生太郎財務相・副総理(74=福岡8区、当選11回) 政権ナンバー2として安倍首相と良好な関係が続いているというが、今年中に「亀裂が入るのでは」とウワサされている。 「麻生さんは財務省に頼まれ、どうしても消費税を上げたい。一方、安倍首相は今は<中立>なんて話していますが、支持率低下が危ぶまれる増税はやりたくないというのが本音。今後両者に亀裂が生まれる可能性が出てき…

新メンバーの4氏/(C)日刊ゲンダイ

新メンバー加入「経財諮問会議」は安倍首相の“お友達”だらけ

■経済財政諮問会議メンバー 安倍晋三 首相 麻生太郎 副首相兼財務相 菅義偉 官房長官 甘利明 経済再生担当相 高市早苗 総務相 小渕優子 経産相 黒田東彦 日銀総裁 伊藤元重 東大大学院教授 高橋進 日本総研理事長 榊原定征 経団連会長 新浪剛史 サントリー次期社長…

麻生太郎副総理、財務大臣

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

麻生太郎財務相 官房長官と冷戦も首相とはゴルフで手打ち

石破茂氏の名前も/(C)日刊ゲンダイ

ポスト安倍の動き封じ込め…官邸が流す「11・19解散説」

「はやくも“ポスト安倍”に谷垣禎一、麻生太郎、石破茂の3人の名前が挙がっています。とくに麻生さんは、ヤル気満々。首相の健康不安を見越して“花道退陣”のシミュレーションまで練られています。消費税10%を決定した後、12月中旬に辞任するというシナリオです」(自民党関係者) 党内がザワつきはじめたことは、安倍官邸も把握している。「ポスト安倍」の党内の動きを封じるために、…

関係会社が事業展開/(C)日刊ゲンダイ

麻生財務相と竹中平蔵氏が山分けする「派遣利権」553億円

絡んでいるのは麻生太郎財務相と、産業競争力会議の民間議員で、人材派遣会社パソナの竹中平蔵会長(慶大教授)。利権の“生みの親”は安倍首相の側近中の側近である。 成長戦略第2弾には女性の活躍促進のため、さまざまな新制度が盛り込まれる見込みだが、中でも派遣業界を喜ばせているのは、育児休暇中の代替要員の確保や復職の環境整備を行う企業への支援制度の拡充だ。 実はこの制度を先取…

第3次安倍再改造内閣で予想される顔ぶれ=左表

巻頭特集

“茶坊主”と“お友達”だけ優遇 安倍改造内閣の恐怖人事

麻生太郎財務相、岸田文雄外相、菅義偉官房長官という2012年末の第2次政権発足時からのメンメンに加え、高市早苗総務相、塩崎恭久厚労相、加藤勝信1億相、石原伸晃経済再生相まで続投である。「内閣の骨格を維持して、安定した政権運営」などと解説されているが、要は自分の言うことを聞く“お友達”や“茶坊主”を置いておきたいだけ。世界情勢が混迷を深め、経済の先行きも不透明になって…

麻生財務相の“舌禍癖”は有名

軽減税率論戦で暴発か パンツ大臣より危うい「麻生節」

安倍政権にとっては命取りとなりかねないが、よりによって政府答弁は麻生太郎財務相が担う。 骨の髄までセレブ暮らしが染みつき、生活感ゼロのご仁だけに、「食料品などの線引き理由を明確に答弁するのは、絶対に不可能」と、野党議員たちは今から手ぐすね引いている。 「首相時代には国会で野党議員からカップ麺の値段を聞かれ、『400円くらい?』と答えたほどですからね。そのうえ、舌禍癖…

None

二極化・格差社会の真相

説教強盗型オレオレ詐欺内閣の絶望

首相に安倍晋三、副首相に麻生太郎と、家柄だけで地位を得た安物が並ぶだけで、「支配者は俺たちだ」のメッセージ。 彼らの下には似たような世襲議員か、強権にへつらうお小姓ばかりが群れてくる。その連中が自分の醜聞や不祥事を棚に上げ、オレがオレがと威張り散らして国民に道徳を説きたがる光景は、おぞまし過ぎはしないか。 新任の馳浩文科相の親分は、あろうことか森喜朗元首相だ。スキャ…

総務省出身、経営委員候補も人選した/(C)日刊ゲンダイ

元「NHK担当」参院議員がズバリ「経営委員はクビにすべき」

麻生太郎が総務大臣だった当時、放送政策課の課長補佐としてNHKを担当し、経営委員の候補者の人選もした。いわば“放送法のエキスパート”だ。その専門家が「罷免すべき」というのだ。 「長谷川委員は、日本国憲法は全くめちゃくちゃ、日本近代史上最大の汚点だと、ご自身の著書などで主張しており、そもそも放送法31条1項の<公共の福祉に関し公正な判断ができる者>という任免要件にまる…

None

麻生財務相「為替介入」発言で アベクロ“亀裂”深まる

静かな対立ですが、市場は固唾(かたず)をのんで見守っています」(証券関係者) 2人がせめぎ合うなか、麻生太郎財務相は14日、参院の財政金融委員会で、「一方的な円安、急激な円高といった動きにはきちんとしたシグナルを送る」と為替介入を示唆する発言をした。 外貨準備高を管理する外国為替資金特別会計(外為特会)の運用方法見直しに関する質疑での発言だったが、市場は敏感に反応。…

None

二極化・格差社会の真相

戦後最低の凶悪、愚劣国家のやりたい放題

……なんてバカを許し続けてきた揚げ句に、そら見たことか、2013年に麻生太郎副首相兼財務相(当時も現在も)がやらかした「ナチス発言」が現実になっている。かのA・ヒトラーの手口に学んだらどうかと吐いた、あの暴言である。 ヒトラーは「世界で最も民主的な憲法」と呼ばれたワイマール憲法はそのままに、“合法的な”体裁で無効化した。9条も立憲主義も無効化されつつあるのが現在の…

None

永田町の裏を読む

安直な対米追従のツケが産業や国民に回ってくる

その日米FTA問題は、4月中旬にペンス副大統領が来日して開かれる麻生太郎副首相との第1回「日米経済対話」で議題の一つとなる。その席で早期の交渉開始が決まれば、すぐにでも交渉実務者としてライトハイザーが登場し、日本の農産品に対する関税や自動車に関わる非関税障壁などについて、TPPを上回る厳しい条件を突きつけてくるに違いない。 農協をはじめ農民層は、安倍自民党が総選挙…

NHK経営委員長に就任した石原氏(右は籾井会長)

官邸の“NHK支配”ますます加速 安倍シンパが経営委員長に

「石原氏が特に親しいのは麻生太郎財務相といわれています。福岡県で九州経済連合会の会長を務める弟の麻生泰氏(麻生セメント前社長)をガッチリ支えているのが石原氏。2年前は安倍首相に川内原発の早期再稼働を要請し、『川内はなんとかします』と言わせた。今年の熊本地震では九州観光推進機構の会長として政府から復興予算を引き出しました」(永田町関係者) 籾井会長みたいに安倍政権の…

人心をもてあそぶ安倍政権

二極化・格差社会の真相

時間稼ぎができたうちに“人でなし政権”を倒せ

来年4月の予定だった10%への税率再引き上げを2019年10月まで延期すると、安倍晋三首相が麻生太郎財務相らに伝えた件だ。 すでに8%でも廃業寸前に追い詰められていた中小零細事業者、公共料金の値上げに苦しむ生活者にはとりあえず朗報と言いたいが、事はそれほど簡単ではない。以下には本欄の既報と重なる部分もあるが、筆者はどうしても、多くの読者に改めて考えてみてもらいたい。…

麻生派所属の井上氏(右上)と武藤氏(右下)

自民“暴言”議員の2人は麻生派所属 「親が親なら子も子」の声

いずれも安倍首相を応援する若手で作る“悪名高き”「文化芸術懇話会」のメンバーだから、暴言は安倍首相の代弁みたいなもんだが、実はこのうちの2人は麻生太郎財務相(74)が領袖の麻生派に所属している。 「スポンサーにならないことが(マスコミは)一番こたえる」と言った井上貴博衆院議員(53=福岡1区)と「『戦争に行きたくない』は利己的」とつぶやいた武藤貴也衆院議員(36=滋…

多くの大学がこの20年で偏差値大暴落

“坊ちゃん大”偏差値大暴落 安倍首相、麻生財務相の母校も

たとえば麻生太郎財務相が卒業した学習院の法学部(麻生のときは政経学部)は、1995年入試の偏差値が駿台で「64」、代ゼミで「65」、河合塾で「62・5」と、いずれの予備校でも60以上をマークしていた。それが2015年入試になると、駿台ではなんとか「60」を保ったものの、代ゼミで「58」、河合塾で「57・5」と5ポイント前後もダウンしている。成城、成蹊、明治学院など…

写真はイメージ

橋本テツヤの快適老齢術

中年女の下ネタと男の猥談の効能

現在76歳の麻生太郎財務大臣も愛煙家だが、喫煙と肺がんの因果関係に疑問を示している。愛煙家たちは何が正しいのか迷うだろうが、俗事に興味を持ってエネルギッシュに活動をしていれば健康でいられるのだ。 無理な節制は老化が加速する。他人に迷惑をかけない節度ある喫煙ならいいではないか。知人の医師は、がんも心筋梗塞も結局は老化からくる病気だという。老化を防ぐには、日々愉快に過ご…

「趣味は麻生太郎」と公言

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

松本純国家公安委員長は「麻生のカバン持ち」で立身出世

「『趣味は麻生太郎』と公言してはばからない。まさに“親衛隊”です。『麻生あるところにマツジュンあり』と言われています。麻生さんは、JC(日本青年会議所)の後輩ということもあって可愛がっている。2008年の麻生内閣では、当選3回ながら異例の内閣官房副長官に就任し、今回、念願の初入閣を果たしました。もちろん、麻生さんがねじ込んだのでしょう」(マスコミ関係者) ●経歴 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事