日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「川崎麻世 不倫」に関する記事

記者会見をきっかけにカイヤは“猛妻キャラ”が定着

プレイバック芸能スキャンダル史

会場がどよめいた…川崎麻世「女房同伴不倫会見」の顛末

90年代、女房“同席”の前代未聞の記者会見を開いたのは川崎麻世(当時30)。 1993年7月15日夜。東京・宝塚劇場の稽古場に大勢の報道陣が集まった。写真誌「フライデー」が掲載した斉藤由貴(同26)との不倫について設けられた釈明会見だった。しかし、年上の女房カイヤ(同31)が川崎を先導して出てきたから会場はどよめいた。しかも、お揃いのジーンズ、Tシャツ、ブーツという…

/(C)日刊ゲンダイ

離婚ならカイヤと共倒れ…犬も食わない川崎麻世の不倫騒動

発売中の「女性自身」が報じた川崎麻世(51)の不倫トラブル。先月下旬、34歳の女性と2人で麻世のマンションに消えていく姿がキャッチされた。 女性は現在妊娠3カ月だそうだが、麻世は交際自体を否定。所属事務所を通じて「このたび、掲載された『女性自身』の記事について、報じられている方とは10年ぶりに先月、お目にかかったのみで、記事の内容と事実とは大きくかけ離れたものです。…

ワンパターン (C)日刊ゲンダイ

麻世vsカイヤ 犬も食わない“罵り芸”に関係者もウンザリ

「十数年前に始めた頃はある意味、“画期的”と思いましたが、ここまで引っ張られると、あの“夫婦漫才”もそろそろ見飽きてきましたね」 ワイドショー関係者もウンザリなのが、川崎麻世(51)&カイヤ(52)夫妻の罵り合いだ。 発端となったのは、23日、麻世が自身のブログに<ええ加減にせんカイヤ>などと書いたこと。なんでも、現在、カイヤには不倫相手がいるそうで、麻世の自宅で同…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

斉藤由貴 モルモン教徒と電撃婚

相手はやはり妻子ある川崎麻世(同31)。妻カイヤ同伴で会見を開き、話題となった川崎に対して、斉藤は「理性と感情の葛藤でした」「自覚がない無責任な行動で(教会から)除名処分を受けても仕方がない覚悟でいます」と泣いて心境を語った。 2度の不倫スキャンダル。敬虔(けいけん)なモルモン教徒の父親は斉藤に「女優をやめろ」と激怒。マスコミは「魔性の女」「不倫女優」と書きたてた。…

None

売名テロリスト 濱松恵に戦々恐々の面々

その後のブログでは番組のヤラセについて滔々と言及するにとどまらず、狩野英孝、川崎麻世(54)、「本能寺の変」で話題になったエグスプロージョン・おばらよしお(35)との過去についても赤裸々に明かした。さらに関ジャニ∞の渋谷すばる(35)、佐々木希(29)と結婚宣言したばかりのアンジャッシュ渡部建(44)との交際もネット上ではささやかれるなど、“身に覚え”のある芸能人は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事