日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「三田寛子 梨園」に関する記事

成駒屋のために身を捧げてきた

橋之助不倫も気丈に対応 三田寛子の完璧な“梨園の妻”ぶり

その際、橋之助にこう言い切ったという妻でタレントの三田寛子(50)の株が急上昇している。女遊びに寛容な梨園とはいえ、三田のショックは相当なものだそうだが、夫に代わって矢面に立ち、オロオロすることもなく気丈に振る舞っているからだ。 三田は16日、都内の稽古場前で取材陣に対応し「私も主人も至らない点がありまして、深く深く夫婦で反省しております。地に足をつけて頑張っていき…

8代目中村芝翫襲名が決まった夫・中村橋之助

いまや立派な梨園の妻 三田寛子を育んだアイドル時代の試練

いまや押しも押されもせぬ成駒屋の看板女将、梨園の妻ですよ」 そうベテランの芸能記者が言うのは、8代目中村芝翫襲名の決まった中村橋之助(50)の妻で、タレントの三田寛子(49)。橋之助と同時に長男の中村国生(19)が4代目中村橋之助、次男中村宗生(17)が3代目中村福之助、三男中村宜生(14)が4代目中村歌之助と、3人息子の襲名も決まり、来秋、父子4人での襲名披露を行…

相合傘で境内へ(23日、午前)

挙式の次は5億円披露宴…藤原紀香は三田寛子になれるのか

でもまあ、三歩下がって夫を立てることが素でできる三田寛子と比べたら酷ってものですよ。それに何より、梨園の妻の絶対的評価は後継者づくりに貢献できるかどうか。年齢的にも厳しいとは思いますが……」 28日には帝国ホテルで総額5億円ともいわれる披露宴を行ったのち、翌週の10月3日から愛之助が出演する十月花形歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」(新橋演舞場)で梨園デビューを控…

会見終了後の三田寛子(左)と中村橋之助父子

橋之助父子が「同時襲名」 “質疑特訓”の母・三田寛子を直撃

3兄弟は会見前夜に母の三田寛子(49)から挨拶や質疑応答の“特訓”を受けたそうで、「でも母が一番最初に噛んでいた」(国生)とほほ笑ましいエピソードを明かしていた。 本紙は会見終了後、夫と息子たちの晴れ姿をこっそりと見守っていた三田を直撃! ――きょうの晴れ舞台をご覧になった感想は? 「とにかく初めてのことで、ええ、もう、皆々様に感謝、感謝です」 ――息子さんたちと…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

三田寛子 歌舞伎界のホープ橋之助と結婚

■1991年11月 小泉今日子や中森明菜らとともに、“花の82年組”と呼ばれて活躍した三田寛子。結婚は25歳の時で、相手は歌舞伎界の名門、成駒屋次男の中村橋之助(当時26)。 三田によると、橋之助との初対面は88年公開の映画「寅次郎~サラダ記念日」の撮影中。共演の尾美としのりの陣中見舞いに訪れ、橋之助と出会ったという。それが縁で以前から三田の熱烈なファンだったという…

None

「映画女優」から「梨園女房」へ 熱愛継続中の前田敦子の行方

富司純子や三田寛子のように女将さん稼業に専念したのち、復帰するというケースもありますからね」(前出の関係者) 恋の力が後押しするのか、最近の前田は映画女優としてキャリアアップを図っている。 映画批評家の前田有一氏はこう言う。 「アイドルグループの元エースという偏見や先入観を持たれることも少なくありませんが、映画に対し真摯に向き合う姿勢と、プロ意識の高さは感じます。そ…

話題が尽きない愛之助と藤原紀香

愛之助にまた醜聞 紀香との披露宴に元カノ招待の“鈍感力”

「女遊びは芸の肥やし」といわれる文化にどっぷりとつかって育ったのはわかるが、最近は襲名したばかりの中村芝翫(51)が先斗町の30代芸妓との不倫を報じられ、妻の三田寛子(50)が「ウチには芸の肥やしとかはありません」と断言していたばかり。不倫に対する世間の目はかつてないほど厳しいものがある。 女性にモテるのも仕事のうちといわれる歌舞伎役者。だが、肥やしも過ぎれば根腐れ…

妻の三田寛子は悩みが尽きない

息子とキャバ通いも 中村橋之助に見る歌舞伎界の“女遊び”

妻の三田寛子(50)からは「きつくきつく叱られました。時間を忘れるほど」怒られたそうで、「ただただ僕に責任がすべてあります」と平謝りだった。 「橋之助はとにかく脇が甘い」と嘆息するのはさる松竹関係者だ。 「“身内”だらけの祇園や先斗町ならまだしも、東京にまで彼女を呼んで個室ではない店で食事をしたり、一緒にホテルに入るとは週刊誌に撮ってくれといわんばかり。橋之助は跡…

大化けできるか?/(C)日刊ゲンダイ

暴露トーク全開 布川敏和は「ぶっちゃけタレント」で再始動

学校に私服で来てたのは、あとは三原じゅん子ぐらい」 「三田寛子ちゃんは真面目に勉強してたね。当時から“梨園の妻”になる素養は十分だった」 などなど、80年代アイドル好きが聞いたら、飛びつきたくなるようなネタのオンパレードなのだ。 「布川と鈴木の2人がいれば、それだけで番組一本が十分作れる内容です。各局の制作担当がこのコンビを見逃すはずがない。<ヨソに取られるよりは>…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事