日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「石井一久 投手」に関する記事

勝ち運もある/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

低迷ヤクルト次期監督に石井一久を推したい

僕がGMならば、後任監督に石井一久(現・吉本社員)を指名して再建を図りたい。昨季限りで引退した石井はヤクルトだけでなく、メジャー、西武でプレー経験があり、速球派から技巧派への転身にも成功。日米通算182勝と実績もある。野村克也の教え子でID野球の系譜も引いている。西武で08年に優勝、日本一になっており、ヤクルトの先輩の古田敦也、高津臣吾よりも優勝経験が1回多く「勝…

None

メジャー初心者でもわかる マー君「移籍先候補球団」徹底ガイド

(4)クレイトン・カーショー投手(25)、ザック・グリンキー投手(30)、柳賢振投手(26) (5)野茂英雄(95~98年、02~04年)、石井一久(02~04年)、斎藤隆(06~08年)、黒田博樹(08~11年) (6)09年からナ・リーグ西地区優勝(リーグ優勝決定シリーズ敗退)、4位、3位、2位、優勝(リーグ優勝決定シリーズ敗退) (7)約2億2400万ドル(…

西武・菊池は魅力的な投手/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

マンガのヒーローにするなら大谷より菊池雄星

雄星が尊敬し、ボクも大好きな石井一久がそうだったし、松坂大輔も同じにおいがする。 雄星には大谷翔平(19)というスゴイ後輩がいる。花巻東の3学年下で、雄星に憧れて入学した。4月12日にはプロ入り初の直接対決で後輩に投げ負けた。雄星は「うらやましいと思いながら投球を見ていた。ポテンシャル、スケールの大きさ、いくら練習しても追いつけないパーツを持っている。自分もあと10…

雄平が稼ぐ術とは…/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

原作にも“縁”がある雄平 ヒットを打つことだけに集中すべし

ボクが大好きだった石井一久(引退)がメジャー移籍後に番号を引き継いだ。同じ左投手で速いボールがある。石井のような活躍を期待してワクワクしたものだ。 しかし投手としては1年目に5勝して以降、鳴かず飛ばず。とてつもない身体能力、投手として速い球を投げられるという「天賦の才能」を持ちながら、ストライクを投げられない。しかも、偉大なる後輩のダルビッシュが出てきて、年俸も大き…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

木佐彩子 ヤクルト 石井一久投手と電撃“通勤服”婚

2000年3月、28歳の時に2歳年下のヤクルトのエース、石井一久投手と結婚して話題になった。 96年から「プロ野球ニュース」を担当していたため、石井とは以前から友人だったが、「付き合ってください」と申し込まれて98年5月ごろから交際が始まった。MCという立場上、返事を出すまで迷ったが、付き合い始めた時にはすでに結婚を意識していたという。 ほどなくマスコミがキャッチ。…

宙を舞ったというよりひっくり返った若松監督

セ監督考「外野手出身に知将なし」 由伸・金本は大丈夫か

歴史を変えた若松勉 二軍監督を経験して我慢を覚えた

01年、近鉄との日本シリーズ第1戦は、石井一久がチーム打率2割8分0厘、チーム本塁打211本の“いてまえ打線”を8回1安打に封じ、7―0で快勝。ペナントレースの成績は、石井(12勝6敗、防御率3.39)より藤井秀悟(14勝8敗、防御率3.17)のほうが良かっただけに、意気に感じたのである。 古田敦也は、若松をこう評した。 「野村(克也)さんは、この人に付いていけば…

名スカウトになる!?/(C)日刊ゲンダイ

西武・岸が「よしもと」入り 石井一久の“ゆるふわ”勧誘術

岸が契約することになったきっかけは、元西武でよしもとの契約社員としても活躍する石井一久(41)からのスカウト。 岸を誘った理由を「僕は誰でも入って欲しいわけじゃない。彼の人間性をわかっているし、プロフェッショナルも持っている投手。顔立ちもいいですからね」と熱弁した。さらに「マネジメントって若干怪しい部分もあったり、なかったりするんですけど、よしもとでしっかりサポート…

チームの連敗も止めた/(C)AP

米国でも無敗神話へ マー君初完封6連勝で日本人タイ記録

02年に石井一久(ドジャース)がマークした、メジャー初登板からの日本人投手による開幕からの連勝記録「6」に肩を並べた。DH制のないナ・リーグの本拠地で打席に立ち、九回の第4打席では3番手右腕バルベルデの153キロの直球を中前にはじき返す初安打もマークした。 ■スタイダーで凡打の山を築く 小雨が降りしきる中、敵地シティフィールドのマウンドに立った田中は立ち上がりにいき…

メジャー出戻り組の4人

阪神も藤川狙いだった プロ野球は「メジャー帰り」になぜ垂涎

そのうち、そこそこ活躍したといえるのは、投手なら石井一久(メッツ→ヤクルト、西武)、五十嵐亮太(ヤンキース3A→ソフトバンク)、岡島秀樹(レッドソックス→ソフトバンク)、野手なら新庄剛志(メッツ→日本ハム)、井口資仁(フィリーズ→ロッテ)くらいのものだ。 アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏が言う。 「日本に戻ってくる選手の多くは高齢化に加えて、メジャーの引き取り手…

プエリトルコ打線をねじ伏せた前田健太

米移籍秒読みマエケン 「意中球団はドジャース」の本音と根拠

メジャー屈指の資金力を誇り、野茂英雄に始まり、石井一久ら多くの日本人選手を獲得してきた歴史がある。今季限りで引退した山本昌が野球留学したのもドジャースで、元球団会長のピーター・オマリー氏は「日本通」として、つとに知られている。 「ドジャースは今季、西地区で3連覇を果たしたが、先発投手の補強が喫緊の課題。今季19勝を挙げ、リーグトップの防御率1.66をマークしたエー…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事