日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大泉洋 人気」に関する記事

興収15億円も見えてきた

殺陣なし時代劇 映画「殿、利息でござる!」ヒットの秘密

特に阿部は直近の主演映画『謝罪の王様』も興収20億円超のヒットとなりましたが、大泉洋同様、コミカルな持ち味に人気があり、安定して客を呼べる俳優のひとり。映画のトーンも全編コメディータッチかと思いきや、そうではない意外性があった。笑いだけを追求するのではなく、江戸時代の仙台藩を舞台とした庶民とお上による金銭バトルがまっとうに描かれた真面目な時代劇。往年の時代劇ファンも…

左から堺雅人、近藤正臣、藤本隆宏

大泉洋、藤本隆宏…NHK「真田丸」朝ドラ俳優“大量投入”の勝算

ザッと見渡しただけでも、『マッサン』の温水洋一、『花子とアン』の藤本隆宏、『まれ』の大泉洋、草笛光子、小日向文世、現在の『あさが来た』と『ごちそうさん』に出ていた近藤正臣、さらに木村佳乃も『あさが来た』組です。朝ドラで茶の間の人気者になった俳優を大量投入することで、視聴率の底上げを狙う作戦でしょう」(テレビ誌記者) 同じNHKの制作だけに近年は似たような起用法が続い…

“三拍子美女”の呼び声高い三吉彩花

連ドラ初ヒロイン 三吉彩花に期待される“西内まりや超え”

12年には大泉洋主演映画「グッモーエビアン!」で毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞、昨年は「GTO」(関西テレビ)にも出演している。また、10~12年にはアイドルユニット「さくら学院」でも活動しているうえ、昨年からバラエティー番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)のMCも務めている。 「最近『メレンゲ』でフィジカルトレーニングに挑戦した時、三吉のセク…

ヒットメーカーの手腕にかかる/(C)日刊ゲンダイ

三谷幸喜は低迷する大河を救えるか…16年「真田丸」を脚本

相変わらずエネルギッシュだし、佐藤浩市や妻夫木聡、浅野忠信、オダギリジョー、大泉洋、鈴木京香、深津絵里、天海祐希ら人気も実力もある“常連”を抱えている強みもある。このうち何人かは、すでに真田丸にキャスティングされていると聞いています」(前出の関係者) 24日は、6月初旬に第1子が誕生していたことも発表。公私ともに順調だが、10年前に脚本を担当した大河「新選組!」の平…

邦画離れした迫力も魅力(大泉洋と有村架純)

興収予測は15億円超 「アイアムアヒーロー」大人気のワケ

大泉洋主演、有村架純&長澤まさみのダブルヒロインが話題の「アイアムアヒーロー」の評判がすこぶる良い。漫画原作映画には厳しい映画批評家の前田有一氏も「久々の当たり」と太鼓判を押す。 ■原作ファンを唸らせた 「有名コミックの映画化に対する原作ファンの目は甘くありません。とくに邦画界は『ルパン三世』『ガッチャマン』、そして『進撃の巨人』など原作の世界観をぶち壊すような凡作…

None

実写版ルパンに異論 「峰不二子はメイサより真木よう子」の声

ネットでの人気は、大泉洋(40)。キャラは三枚目ながら、映画「探偵はBARにいる」のようにハードボイルドもこなせるというのが理由のようだ。「実写リメイクなら、ぜひ大泉洋で」という“気の早い”ファンもいる。…

大野泰弘

オレのおふくろメシ

大野泰広 ヤンチャ坊主のために作ってくれた鶏肉のピカタ

■大河ドラマ「真田丸」 真田信繁の兄で、大泉洋演じる信幸を支える家臣、河原綱家役でレギュラー出演中。…

乗馬はお手のモノ

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

木村佳乃が演じる 真田信繁の姉・松の「決意と運命」

史実では、信繁の兄・信幸(大泉洋)の家臣となった小山田との妻としての生活を続け、その領地名から「村松殿」と呼ばれた。小山田を演じる高木渉は、「忍たま乱太郎」などの声優の仕事が中心だったが、心優しい茂誠を演じて、街でも声をかけられるほどの人気になっている。 今後、松と夫との再会シーンは見どころのひとつになるはず。関ケ原の戦いでは父の昌幸(草刈正雄)と信繁は西軍、夫の…

自宅でのあだ名は「真田さん」

長男の死を乗り越え…草刈正雄がたどりついた“軽みの境地”

特に堺雅人や大泉洋が演じる息子たちと語り合う場面。これは見る側の心情によるところもあるかもしれませんが、昨年2月に23歳の長男が転落死し、息子に先立たれた草刈の無念な思いが芝居に深みを持たせているように感じます。若い頃にハーフ俳優として二枚目の役を全うし、いい具合に年齢と経験を重ねた。狡猾な一面をコミカルに表現する演技力は一日にしてならず。長年のキャリアのたまものだ…

脇道の男だから醸せる強烈な異物感

今週グサッときた名言珍言

「あんなに命懸けで人の胸を揉んだことはありません」by安田顕

安田の名前が知れ渡ったのは、所属する「TEAM NACS」のメンバー、大泉洋と鈴井貴之が出演していた北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」だった。そこで安田はマスコットキャラクター「onちゃん」の着ぐるみ姿で出演。牛乳をリバース(吐く)する人として人気を得た。 そこから安田の芸能人生が始まった。だから、顔は二枚目でありながら三枚目を演じることをいとわない。それど…

NHKドラマ「真田丸」は堺雅人主演

NHKドラマ「真田丸」が100倍楽しくなる幸村トリビア秘話

父・昌幸を草刈正雄、兄・信幸を大泉洋、妻・きりを長澤まさみが演じる。 ▽さわだ・たいら 堺鉄砲研究会を主宰。古式砲術と古式銃の研究に取り組む。昨年、私設ミュージアム「真田幸村公資料館」(大阪市東成区)をオープン。[電話]06・6974・1186、090・8165・2488。予約制。…

左から藤原紀香と東出昌大

ゲンダイ落語講座

入院中の竹内まりやに「湯屋番」を披露した山下達郎

テレビや映画に引っ張りだこの俳優、大泉洋は自分のトークの源泉を子どもの頃に聞いていた落語にあると週刊誌のインタビューでカミングアウトしていた。映画の公開初日の舞台あいさつに来る人を楽しませたい、笑わせたいと思うサービス精神は、まさに落語家のそれだ。 俳優の東出昌大は父親譲りの落語好きで、高校の通学時には電車の中で落語を聞いていたという。都内の寄席での目撃談も多い。…

市川由衣を射止めた戸次重幸

インタビュー中も携帯イジリ 俳優・戸次重幸の“残念な素顔”

一方、戸次は大泉洋(42)らが所属する劇団ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、最近はドラマやバラエティーにも出演。 この「TEAM NACS」は北海道発の劇団で「日本一チケットが取れない演劇ユニット」として知られていて、6日に大千秋楽を終えた舞台「悪童」の最終日は国際試合さながらの「ライブビューイング」を全国の映画館で開催。3万人分のチケットも即完売したとい…

イケメンなのに性格は“超三枚目”

公開包茎手術、脱ぎ癖も…安田顕は“破天荒”エピソード満載

大学時代に演劇研究会に所属し舞台に目覚め、卒業後は大泉洋らと演劇ユニットを結成するも、解散、就職。しかし、会社になじめず、1年も経たずに「芸能活動に専念する」と退社。98年に「水曜どうでしょう」のマスコットのスーツアクターとして出演し始めると、その破天荒さで注目され、NHK朝ドラや大河ドラマに起用されるなどして東京進出を果たした。 「映画撮影後も共演者との打ち上げに…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事