日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渡辺恒雄 現在」に関する記事

None

最下位巨人 一軍⇔二軍そう取っ換えしか道はなしか

読売グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆(90)は「オープン戦はわざと負けたんじゃないかとしか思えない。本当の力を発揮していないから負けたんだと。オープン戦は実戦にならんから。それで(高橋)由伸君も手を抜いて、ほどほどにして、こんなところでケガしちゃいかんよということで、計算ずくで負けたんじゃないかと思っています」と言って会場を沸かせた。 高橋監督は「ご心配をおかけ…

今季中の通算3000安打達成は微妙か

“代打の代打”にも腐らず イチロー3000安打への活力は何か

巨人の渡辺恒雄前最高顧問がかつて、イチローを監督に据える構想を抱いた時期もあったけど、いまや巨人はイチローでなく松井秀喜にシフトしていますからね。引退後、日本に戻って監督を務めるといっても、オリックスで指揮を執るのが関の山です。メジャーで3000本打って殿堂入りなら、今後、肩を並べそうな日本人選手はまずいません。イチローはどうしても金看板が欲しいのですよ」 全盛時は…

1stステージ敗退でファンに一礼する高橋監督ら

来季安泰は菅野と坂本のみ 巨人が“選手総取り換え”大号令

去る7月、渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(90)が「やっぱりこれはね、由伸(高橋監督)の責任じゃないからな。フロントだよ。補強してない。こんなに補強せずに、今の陣容で勝てったって無理」とフロントをやり玉に挙げ、現有戦力を疑問視。「長嶋も王もボロボロになったのを引き継いだ時に負けてるじゃねえか。ボロボロを引き継いで、すぐ勝てるわけがない」と続けた。 ■チ…

来年は負けられない高橋監督(左はバレンティン)

ヤクルト退団浮上で 巨人はバレンティンにも手を出すのか

日本シリーズに出られなかったことで、当時の渡辺恒雄球団会長が大爆発。不振だった外国人補強について「こんなバカな状況で補強しないでいられるか。オレは十何年、言い続けているが、ロクな外国人がいない。クロマティ、ちょっとローズとペタジーニぐらい。全部間違っている。それが分からねえ、フロントがどうかしてるわな。だから負けるべくして負けるんだよ。これを教訓にして来年、生かせな…

清武氏は「控訴する」語ったが…/(C)日刊ゲンダイ

巨人vs清武氏の“不毛な内輪モメ”のワリを食った大物OB

巨人の渡辺恒雄最高顧問(88=当時・球団会長)が「10人の最高級弁護士」と評した弁護団を擁し、「オレは法廷闘争で負けたことがない」と豪語していた通りの勝訴。会見した桃井球団会長は「3年戦って1億円の請求が130万円と30万円。でもそれは金額の問題ではない」と話したのに対し、清武氏も「一個人に1億円という破格の損害賠償を求められて驚いたが、判決は160万円。巨人側の…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

深田恭子 有田哲平との熱愛騒動

8日、球界再編問題で巨人オーナー渡辺恒雄が「たかが選手が」と発言して問題に。16日、性同一性障害特例法が施行。戸籍上の性別変更が可能に。18日、ソウル20人連続殺人事件の犯人が逮捕される。21日、小泉首相と韓国・盧武鉉大統領が済州島で会談。30日、扇千景が女性初の参議院議長に就任。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事