日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「篠田麻里子 卒業」に関する記事

タイプが違う?(桐谷美鈴と西野七瀬)

桐谷美玲もノンノ卒業…乃木坂46加入へのファン不安的中か

2008年から「MORE」(集英社)で専属モデルを続ける篠田麻里子(29)を筆頭に、美容雑誌で活躍する小嶋陽菜(27)、乃木坂46からは白石麻衣や齊藤飛鳥(16)などを送り出し、グラビアだけでなくモデル業界までにも勢力範囲を広げているAKBグループ。 在籍中の人気モデル、本田翼(22)や大政絢(24)もモデル業以外の仕事が順調でいつ卒業してもおかしくない状態。雑誌…

卒業後にこそ、タレントとしての真価が問われる

AKB卒業後に活路はある? 高橋みなみの“生き残る道”

篠田麻里子(29)や板野友美(24)らAKB元メンバーの伸び悩みを目の当たりにすれば卒業後の苦境が容易に想像できるためか、至って冷静な回答だった。実際、高橋はどうなるのか。ちょっと心配になるが、こんな声もある。 「卒業後は鳴かず飛ばずという元メンバーは多いですが、高橋には光明がありそうです。9月に放送されたNHKのクローズアップ現代には、通常なら学者などが陣取るコメ…

行きつく先は“自爆キャラ”?

今度は自転車で転倒し負傷…篠田麻里子を襲う不運の連鎖

電動自転車に乗って転倒しケガを負ってしまった元AKB48の篠田麻里子(29)に、不吉な兆候が囁かれている。 10月13日にツイッターで「人生初の電動自転車!! ウキウキで乗ったら坂道転倒流血捻挫しました(笑)どんだけw」とつぶやくとネット上には、<卒業してからいいこと無いね><体張ってネタ作りか>などの声が噴出したが、どうも最近、篠田に降りかかる不運に変化が見えつつ…

お寒いニュースばかり…

お寒い話題続き…篠田麻里子のインスタからにじむ“正念場”

「AKBがなくなっても唯一生き残る」などと評されていた篠田麻里子(29)だが、近況が芳しくない。9月に入ってからというもの、篠田にとってはお寒いニュースが相次いでいる。 災難だったのが、9日に飛び出したトラブル報道だ。篠田を起用したCM計画をめぐって逮捕者が出た一件で本人は無関係だったが、「篠田麻里子」の名前がニュースの見出しに掲載されてトバッチリを食った。 同じく…

AKB最年長のこじはる

アイドルの曲がり角? 27歳の小嶋陽菜に「いよいよ…」の声

以前は年上の篠田麻里子(29)がいたが、2013年7月に卒業。その後はAKBで最年長の“お姉様”になっている。小嶋は今年8月、篠田がAKBを卒業した27歳4カ月に並ぶことになる。 これまでも卒業をちらつかせる発言をしたことがあった小嶋だが、ファンは冗談としか受け止めていなかった。しかし、今年は総選挙への不出馬を宣言。普段のおとぼけキャラを封印し、「実はこの数日間、総…

仕事の幅が広がる篠田麻里子/(C)日刊ゲンダイ

AKB卒業後“初アキバ” 篠田麻里子は慈善活動で大忙し?

9日、東京・ベルサール秋葉原で開かれた「ほんと?ホント!フェアin東京」に登場した元AKB48の篠田麻里子(28)。 「私にも関係がある映像や音楽を不正にコピーしたり、違法ダウンロードされたりすることはとても悲しいこと。多くの制作関係者が大切に作ったものを守る社会であってほしい」と語った。 先月4日には東京拘置所のイベントでサプライズゲストとして登場し、今月3日に…

う~ん、残念

連ドラ初回で死亡 篠田麻里子の軽すぎる扱いにファン絶望

12日放送開始のドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(フジテレビ系)に出演した、元AKB48の篠田麻里子(30)について、「扱いが軽すぎた」とファンの間で物議を醸している。 同ドラマは女優の波瑠(25)主演で、篠田は波瑠が演じる主人公の刑事・藤堂比奈子の同僚巡査役。8日には番宣で制服姿の篠田の写真が公開され、その凛々しい姿にファンの期待が高まっていた。 ところ…

卒業するのか?

篠田の記録を目前に…お色気路線のAKB小嶋陽菜は“迷走中”?

8月末にはかつての篠田麻里子(29)が打ち立てた、グループ在籍中の最高記録である27歳4カ月に並ぶ小嶋。AKBメンバー内では“ヴィジュアル担当”と持てはやされているが、グループ最年長ということもあり、若手のメンバーと並ぶと「さすがに厳しくなってきた」というファンの声も聞こえてくる。 小嶋の“決断”は近いのだろうか?…

None

“歌も卒業”の篠田麻里子 NHK老舗歌番組で司会初挑戦

11日、「第20回 家族で選ぶにっぽんの歌」の収録直前取材会が開かれ、司会の伊東四朗(76)、榊原郁恵(54)、篠田麻里子(27)が登場した。篠田は司会初挑戦。「去年はAKB48として歌の方で出させてもらったんですけど、司会だと緊張しますし、こんな豪華なおじいちゃん(伊東)とお母さん(榊原)がいたら本当に幸せだと思います」と語った。 番組内では、榊原、早見優、石野真…

None

AKB小嶋陽菜 “手ブラヌード”解禁で初版10万部突破

でも今年、篠田麻里子ちゃんがカッコ良く卒業するのを見たら、私にはできないのでまだ先かなって……。卒業したらアメリカやヨーロッパに旅行に行きたい!」と一喜一憂。 数々の「こじはる伝説」をはじめ、手ブラヌード、総合プロデューサー・秋元康氏(55)との対談なども収録されている。 すでに初版10万部を突破。バカ売れぶりはゆるくなかった。…

None

卒業後の活路が見えた? 小嶋陽菜に“第2の平子理沙”の声

特に、篠田麻里子(31)や板野友美(25)は在籍時に比べて大幅に露出機会が減っており、小嶋についても今後を不安視する指摘がある。しかし、その一方で、「小嶋は第2の平子理沙になれる」と、その行く末は明るいとの声も出始めている。 平子理沙(46)といえば、近年は「アラフォーの星」とも呼ばれるようになったカリスマモデル。その平子の後継者として小嶋の名前が上がるのは、いささ…

「上からマリコ」も今は昔

出演映画も不振で…篠田麻里子に期待され始めた“第3の道”

元AKB48の篠田麻里子(30)について、「スランプから抜け出せない」とファンがヤキモキしている。 篠田は4月公開の映画「テラフォーマーズ」に出演。同作は人気漫画が原作ということもあり話題を集めたが、映画ランキング7位でスタートすると、翌週は10位までダウン。圏外は目前だ。 注目作への出演に期待するファンも多かったが、フタを開ければ映画は大コケ。出演した篠田について…

飛び交う“さげまん伝説”

上重アナ問題余波 元AKB篠田麻里子がトバッチリのなぜ?

「関ジャニ∞」大倉忠義(30)の情報流出騒動や日本テレビ上重聡アナ(35)の利益供与問題で、AKB48の元メンバー篠田麻里子(29)が思わぬトバッチリを食っている。篠田がイメージキャラなどを務めた企業や事業に次々とトラブルが起き、芸能関係者の間で“さげまん伝説”がささやかれ始めているのだ。 8日、りそな銀行が情報漏洩を謝罪し、関ジャニ大倉や俳優の西島秀俊(44)が被…

法務省のHPより

振るわぬ本業に反比例…篠田麻里子は芸能人の“格”上昇中?

ゲストとして元AKB48の篠田麻里子(28)が登場。例年にない盛り上がりを見せた。 このイベントは、施設の運営に対する近隣住民の理解を深めることなどを目的に2012年から開かれているもの。純白のワンピース姿で登場した篠田は来場者の前でテープカット。会場内で販売されていた麦めし弁当などを、興味津々の様子で見て回り、会場を後にした。 篠田がツイッターで「凄い数の方々が関…

None

女優・大島優子は前田敦子を反面教師に“肉体派”へ転向

「初代センター」の前田敦子(22)をはじめ、篠田麻里子(27)、板野友美(22)など主要メンバーが続々とグループから離れている。大島の卒業も時間の問題だった。 自身のライブではなく、複数のアーティストが集まる紅白歌合戦の場で発表したことが非難の対象にもなっているが、大島にとって、歌手としてのステージはすでに過去の居場所に過ぎないという。冒頭の言葉に続けて、「こうして…

“キャラ変”成功!?

トリンドル玲奈が迷走中? “毒舌”卒業し「無口キャラ」に豹変

15日、都内で行われた映画「リアル鬼ごっこ」の完成披露試写会に篠田麻里子(29)、真野恵里菜(24)と共に出席。同作はトリプルヒロインで話題を呼んでいるが、クレジットの一番上に名前があるのはトリンドルで、園子温監督を交えてのトークでもトリンドル、篠田、真野の順にマイクが回された。 ハードなシーンの多い撮影で「もうダメかも」と思った瞬間を問われると、「うーん、ダメか…

ハーフタレントが“梨園の妻”になるか?

七之助との交際に暗雲…トリンドル玲奈が挑む「梨園」の壁

篠田麻里子、真野恵里菜らとともにトリプルヒロインを務めて話題を呼んだ映画「リアル鬼ごっこ 2015 劇場版」が、第19回モントリオール・ファンタジア国際映画祭で「最優秀作品賞」「最優秀女優賞」「審査員特別賞」を受賞。都内で開かれた授与式に園子温監督と共に出席し、「ハリウッドに進出したい」と女優への意欲を示したトリンドル玲奈(23)。 10日スタートの「いつかティファ…

新旧入り混じり/(C)日刊ゲンダイ

山本彩と渡辺美優紀も参戦 第2弾「ぱちんこAKB」の進化

また終盤にはすでにAKBを卒業した大島優子、板野友美、篠田麻里子も登場するというサプライズもあり、会場は大盛り上がりとなった。 今回の新台では、チームサプライズのみならずSKE48やNMB48の専用演出もあるなど出演者、収録楽曲とも大幅にスケールアップ。1時間に1回の全台一斉ライブという斬新なシステムも、ライブとゲームで30分に1回と進化。スペックは初代を継承した遊…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事