日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「三浦友和 ドラマ」に関する記事

三浦祐太朗

初出演ドラマは不評 山口百恵の長男・三浦祐太朗のトホホ

早くも駄作の呼び声が高いなか、とばっちりを受けたのが、今作でドラマデビューを飾った三浦友和・山口百恵夫婦の長男、三浦祐太朗(32)だ。主人公らノンママ3人組のたまり場である西麻布の料理店の雇われイケメンマスターを演じているのだが、パッとしない。 「主人公らに小さな救いの手を差し伸べる役回りですが、そこそこ距離のあるバーカウンターから、自分に背を向けて話す彼女らの会…

数字はまずまず/(C)日刊ゲンダイ

主役級揃え濃厚展開…フジ「月9」のギラギラに漂う“違和感”

ほかにも三浦友和や小林薫、仲里依紗が脇を固め、ゲストは夏菜。それでいて合法非合法なんでもありのカネにまつわるストーリーで、ミナミの帝王の竹内力までいるのです。これが月9なの? という感じでした」 人気の原作があるのだから、ストーリーは練られているのだろう。芸達者もそろっている。ただ、これまでに培ってきた月9のイメージを壊してまでやる作品なのかは疑問なのだ。 「前クー…

河合勇人監督、吉岡秀隆、三浦友和、真飛聖/(C)日刊ゲンダイ

黄色い声援 金髪もキマる“アラ還”三浦友和の魅力

「最近、この頭に慣れてきました」とは金髪ヘアの三浦友和(62)。23日、連続ドラマW「トクソウ」(WOWOW、5月11日22時~)の完成披露試写会に出席、苦笑いしながら挨拶した。 吉岡秀隆(43)が、「三浦さんの頭がちょっと民放ですが…」と突っ込んだのを受けてのこと。 三浦は現在出演中の月9ドラマでの役作りのため、自毛をぜ~んぶ金色に染めているという。 三浦ファンと…

今作が初時代劇となる小池徹平

この秋の秀逸時代劇 厳選5本

下っ引き役で初時代劇 小池徹平の“わらじ履き”ダッシュ

石ノ森章太郎の名作マンガ「佐武と市捕物控」が、新作時代劇として登場します! 68年のアニメ版(モノクロでした)、71年のなべおさみ×藤岡琢也版、81年の三浦友和×梅宮辰夫版のドラマから実に34年ぶりのドラマ化です。 主人公は、いつか立派な岡っ引きになりたいと願う下っ引きの佐武(小池徹平)と按摩を生業とする仕込み刀の達人・市(遠藤憲一)。漁師が2人殺され、佐武は死体発…

フジでは単独初主演/(C)日刊ゲンダイ

「Vシネ帝王」も共演 尾野真千子に賭ける「月9」の命運

ジャニタレでは数字は取れない、路線変更せざるを得なかったというのも、正直ある」(同局関係者) 竹内以外の共演も、椎名桔平、宇梶剛士、小林薫、三浦友和と渋い役者をそろえている。月9のキラキライメージとは、まるで対照的だ。 「亀山(千広)さんが社長に就任して、もう8カ月。『笑っていいとも!』の打ち切りなど“リストラ”は進みましたが、次の一手が見えてこない。局内には失望感…

三浦友和と南果歩が夫婦役で出演

映画「葛城事件」が描き出す無差別殺人犯の発生原理と心理

三浦友和(64)が演じるこの父親は、これまでがむしゃらに働きマイホームまで建てた昔かたぎの亭主関白な男。妻と2人の息子にも恵まれ、理想の家族を得たと思っていたが、いったい彼はどこで何を誤ったのか。なぜ身内からモンスターが生まれてしまったのか――。あくまで父親の視点から「大量殺人犯はいかにして誕生するのか」という考察にまで踏み込む重厚な人間ドラマである。 実はこの家族…

意気込みがプレッシャーに/(C)日刊ゲンダイ

「Nのために」で重圧…榮倉奈々のために共演者アノ手コノ手

三浦友和が中心になって、現場で緊張する榮倉をリラックスさせようと「Nのために」ならぬ「奈々のために」作戦を敢行したという。 「小豆島でのロケの時に、窪田正孝くんは合間に榮倉さんが好きな漫画の話題で話し掛けてみたり、モロ師岡さんと即興コントをしたりして榮倉さんを笑わせてましたね。母親役の山本未來さんは、日本と海外の犬の鳴きマネを披露して受けていました」(同) そんな周…

(左上から時計回りに)ヒロミ&松本伊代夫妻、竹下景子、志垣太郎

あれもこれも言わせて

ダメ息子は高畑淳子だけじゃない 2世タレントぶった斬り

山口百恵&三浦友和の長男・三浦祐太朗はミュージシャンとしてデビュー、そこそこの活躍でラジオのレギュラーを細々とやり、この夏、ついに「ノンママ白書」(フジテレビ系)ドラマデビューしている。七光界も結構大変なのだ。 渡辺徹&榊原郁恵の息子・渡辺裕太は「news every.」(日本テレビ系)のリポーター、小堺一機の息子・小堺翔太も「あさイチ」(NHK)のリポーターとし…

石原裕次郎二十三回忌イベント

ビジネスに使えるスターたちの処世術

裕次郎の入院中 関係者に菓子折り配った石原プロの危機管理

伝説的人気ドラマ「西部警察」に三浦友和(63)がレギュラー出演していた時、週刊誌に友和・百恵夫妻の不仲説が出たことがあった。 芸能マスコミは当然、友和がいる「西部警察」のロケ現場に殺到する。「インタビューさせろ」「ロケの邪魔だ」と現場がぶつかり合って大モメになっていた。 そこへ到着したのが石原プロの名物、小林正彦専務だ。 「何が欲しいんだい? 友和の話? よし分かっ…

「美術館には1人で」/(C)日刊ゲンダイ

東出昌大は杏を超えられる? 朝ドラ男子「ブレークの方程式」

平成の三浦友和になれるかどうか、正念場の一年だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事