日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小芝風花に関する記事

フィギュア経験者/(C)日刊ゲンダイ

小芝風花 芸能界入りは「真央ちゃん」がきっかけだった

13日、小芝風花(16)と本田望結(9)が出演するドラマ「スケート靴の約束~名古屋女子フィギュア物語~」のDVD発売記念イベントに登場した。 姉妹役で共演した2人はともにフィギュア経験者。本田は5人きょうだいのうち長女以外4人がスケーターで、3、4日前には「3回転サルコー」が跳べるようになったそう。小芝は小学校3年生から5年間、競技生活を送っていたそうで、10年に「…

ダイドードリンコCMキャラに起用/(C)日刊ゲンダイ

「魔女宅」キキ役 小芝風花が“ブレーク必至”と言われる理由

女優・小芝風花(16)が19日、ダイドードリンコのミネラルウオーター「miu」の新CM発表会に出席。「海と空がきれいで、テンションアゲアゲでした」とタイ・プーケットでの撮影を笑顔で振り返った。 大阪出身。地元企業のキャラクターに起用された孝行娘は今春から高校2年生。「高1は緊張していましたし、高3は受験などもある。今年が一番楽しく、学業もお仕事もできる。悔いなくやり…

None

CINEMAゲンダイ

「魔女の宅急便」主演 小芝風花

角野栄子氏の児童文学「魔女の宅急便」の実写版で、約500人の候補者から魔女キキ役に抜擢された小芝風花(16)は、物語から抜け出してきたような高校生である。 ――ワイヤで吊られ、雨風を全身に浴びたりと、タフな撮影の連続だったようですね。 「嵐のシーンでは4~5日間、ずっとほうきで空を飛んでいましたから、雨風に体力を奪われてクタクタになりました。でもカットがかかると、何…

左から杉咲花・相楽樹・川栄李奈

あれもこれも言わせて

朝ドラの脇役で出演 将来のヒロイン候補はよりどりみどり

遡れば「花子とアン」の妹役・黒木華、「マッサン」の妹役・早見あかり、「まれ」の親友役・清水富美加、「あさが来た」の娘役・小芝風花など数えればきりがない。 まずは脇役で様子見して、いずれヒロインに起用するというこのパターンこそ、昨今の朝ドラ人気の秘訣ではないかと思われる。 半年間ずっと見てきた子がヒロインになるとあれば、親しみもあり、応援したくなるのが人情というもの…

無言で会場を後にした米倉涼子

米倉涼子“厳戒” 報道陣の「離婚質問」大合奏でシャットアウト

オスカーの後輩である小芝風花(17)への演技指導などを行うと、マーチングバンドによる演奏で映画のワンシーン再現が行われた。 報道陣が驚いたのは、バンド演奏が終了し、米倉が退場しようとしたときのことだった。芸能リポーターが米倉に声をかけようとすると、突如、バンド演奏が再開。けたたましい太鼓の音にリポーターの質問はかき消され、困惑した報道陣が気づいたときには、米倉はすで…

小芝風花(左)と三吉彩花(右)/(C)日刊ゲンダイ

若手登竜門 ドラマ「GTO」新キャストで抜きん出るのは?

朝ドラ「あまちゃん」でGMT48リーダーの入間しおり役だった松岡茉優(19)や実写版の映画「魔女の宅急便」で主人公キキを演じた小芝風花(17)、タウンワークやシーブリーズのCMで知られる三吉彩花(17)と今後が期待される面々が並んだ。 「GTOは若手の登竜門。このドラマで注目され、ステップアップした女優は多い。2012年放送の第1弾でも、川口春奈(19)や本田翼(2…

None

“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

少女キキ役を演じる小芝風花(16)は、オスカープロ所属で武井咲の妹と呼ばれる存在。「魔女――」はジブリ映画の中でも若い女性からの圧倒的な支持を集めた作品であり、公開は89年12月。つまり、山下達郎の「クリスマス・イブ」CMとまったく同じ時期なのである。しかも、小芝の母親役には宮沢りえだ。 ■「天使すぎるアイドル」 アイドルは南からやってくる――。これは長年、アイドル…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事